レトロゲーム美女図鑑 #2「弁天」
Pocket

今でこそゲームが動く、しゃべるは当たり前ですが、ファミコンのドット絵がまだまだ主流の時代に、テレビアニメの様にゲームが、しゃべる、動くということは、当時としては画期的でした。

欲しくて欲しくて、テレビCMを食い入るように見ていましたね~。

しかし、PCエンジンCD-ロムロムは本体がアホみたいに高く(5万円位)とても、子供が親にねだれるようなゲーム機では無かったです。

一応、私も親に聞いてみましたが、即答でダメって言われました^^;

まぁ、当然ですよねw

そんな時に、金持ちの友人が、PCエンジンと本体が一体になっているPCエンジンduoを買ったから古いの貸すよ~と、本体ごと借り、その時に友人が持っていた天外魔境Ⅱ、スナッチャーも一緒に貸してもらいました。

初めてしゃべるゲームをプレイした時は感動しましたね~。

スナッチャーも面白かったですが、個人的には、世界観やドラクエの様な分かりやすい設定で、「天外魔境Ⅱ」にどっぷりハマりました。

天外魔境2は、ゲーム性もストーリーも抜群に面白かったのですが、それ以上に当時興奮していたのが、登場する女性キャラの可愛さです。

仲間の絹はもちろんですが、敵キャラのハマグリ姫なども、個性的でとても可愛かったですね~。

しかし、最初にビックリしたキャラが、ゲームの序盤で登場する「弁天」というサブキャラです。

ストーリー上、重要なアイテムをくれるキャラですが、その画像に当時は大興奮!!

%e7%84%a1%e9%a1%8c-1818

乳のラインがくっきり出ていて、乳首の影も付いているではないですか!

色っぽい声優さんに艶めかしい衣装と、当時、多感な中学生だった私はかなり興奮しました(*´з`)

今の様に画像を保存することもできなかったので、脳内にしっかりと焼き付けるように、じっくりと見ていましたね~。

しかし、この後一切出てこないのがちょっと残念でした。。。

 

>>PCエンジン版「天外魔境Ⅱ」弁天登場シーンはこちらから(YouTubeに飛びます)