ファミコンやメガドライブ、スーファミなどで、個人的に思い入れの強いレトロゲームやゲーム美少女キャラの紹介をしております。(たまに最近のゲームについても紹介しています。)ゲーム好きの方は是非見ていってくださいね。

レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ

アーケード 動画

ベルトスクロールアクションゲーム名作ランキングTOP10動画

更新日:



 

ベルトスクロールアクションゲームとは

ベルトスクロールアクションゲームとは、主人公が敵倒しながら横にどんどん進んで行くアクションゲームで、ダブルドラゴンやくにおくん、ゴールデンアックス、ファイナルファイトなどがこのジャンルにあたります。

クライムファイターズ2

 

 

個人的にはゲームセンターで最も遊んだジャンルで、特に、80年代後半から90年代にかけてはやりまくっていました。

 

私は、格ゲーは全然ダメで、シューティングも苦手でしたが、唯一、ベルトアクションだけは得意な方でしたね。

 

特にファイナルファイトには思い入れが強く、初めて遊んだときは、世の中にこんな面白いゲームがあるのか!ってくらいのめり込みました。

ファイナルファイト

当時は、寝ても覚めてもファイナルファイトのことばかり考えていました^^;

 

 

特に友達とやると盛り上がるんですよね~^^

 

おかげで当時のお小遣いはほとんどゲームに消えていました。

いったいいくら使ったのか考えるのも怖いくらいです。。。

 

ファイナルファイトがやりたくてスーパーファミコンを買いましたが、当時よく使っていたガイが消されていたので、結局またゲーセンでファイナルファイトをやっていましたね~^^;

 

 

このジャンルは特にカプコンが圧倒的に強く、ファイナルファイト以降も、天地を食らうⅡ、エイリアンVSプレデターなど、海外でも評価が高いゲームがいくつもあります。

 

 

ファイナルファイトの大ヒットをきっかけに各メーカーから色々なベルトアクションゲームが出ましたが、いずれも劣化ファイナルファイトでしたね。

 

 

 

ベルトアクションは、ゲームによって多少の違いはありますが、基本的には敵を一方向に寄せて、あとはひたすら殴るだけでちょっとやれば3~4面くらいは行けるようになります。

シューティングや格ゲーと比べると、簡単な方ではないでしょうか。

 

ワンコインで30分近く遊ぶこともできたので、資金が乏しい子供にとっては、ありがたいジャンルのゲームでした。

 

 

しかし、そんな人気ジャンルだったベルトアクションですが、ヴァーチャファイターなどの3Dポリゴンゲームが出始める90年代中頃には、徐々に人気も衰退していきます。

 

私が当時よく言っていたゲームセンターも、ベルトアクションがどんどん撤去されて、替わりにヴァーチャファイターや鉄拳の対戦台が増えていったのをよく覚えています。

 

当時は、より実写に近いリアルなグラフィックが人気だったので、2D的な従来のアクションゲームでは、やはり古臭さを感じますよね。

 

カプコンも97年に出たバトルサーキットを最後に、ベルトスクロールアクションゲームは出していません。(だったはず)

 

私も、ベルトアクションが無くなり始めてから徐々にゲームセンターにも行かなくなりました。

 

今となってはゲーセンではほとんど見かけませんので、ちょっと寂しくもありますね。

 

 

 

そんな大好きだったベルトスクロールアクションゲームの個人的名作ランキングTOPプ10動画を作りましたので、当時ゲームセンターでよく遊んでいたという方は、是非見ていってください。

 

ベルトスクロールアクションゲーム名作ランキングTOP10

(YouTubeに飛びます)

 

あくまで、個人的な感想と好みによるランキングなので、予めご了承ください。

 

10位 アンダーカバーコップス

カプコンのファイナルファイトの大ヒットを受けて、各メーカーからも似たようなベルトアクションが色々出ますが、二番煎じ的なゲームが多く、このジャンルは、ほとんどカプコン1強と言っても良かったです。

 

しかし、このアンダーカバーコップスは、必殺技も豊富で、ステージ上にも様々なギミックがあり、ファイナルファイトとまた違った楽しさがあります。

 

ローザのヒップアタックが「バンブー」が可愛かったですね~(*’ω’*)

 

9位 クライムファイターズ2

 

コナミの名作ベルトアクション、クライムファイターズの2作目。

 

私が当時通っていたゲーセンでは、このゲームの筐体は4人同時に遊べるようになっていたので、人数が集まった時はよくみんなで遊んでいました。

クライムファイターズは、ファイナルファイトというよりは、ダブルドラゴンに近い設定ですね。

バケツやドラム缶を投げつけたり、ショットガンを撃ったりと、武器やアイテムが豊富で、また、アクション、リアクションも細かいので見ているだけでも楽しいです。

難易度は高いですが、こちらも当時はよく遊んでいました。

 

8位 キャプテンコマンドー

カプコンの人気ベルトアクション「キャプテンコマンドー」。

様々な特殊技を持った主人公が敵をなぎ倒して進んで行くのが爽快です。

 

キャプテンコマンドーは、スーファミやプレステにも移植されているので、そちらで遊んだ方も多いでしょう。

ロケットランチャーや銃、ロボットなど、色々アイテムも豊富で、従来のただ殴って蹴ってだけベルトアクションとは違います。

 

後のベルトアクションに与えた影響もかなり大きいゲームと言えますね。

 

7位 バトルサーキット

 

カプコンお家芸ともいえるベルトスクロールアクションゲーム最後の作品。

さすがに最後だけあって、これまでのカプコンベルトアクションの集大成のような名作ゲームです。

 

敵を倒してコインを集め、そのお金で新しい技を覚えるというのも斬新でした。

個性的なキャラクター、豊富な必殺技、アイテムなど、とても良くできていたゲームですが、時代はすでにポリゴンなどの3Dゲームが主流となっており、2Dゲーム自体市場からドンドン姿を消しておりました。

 

バトルサーキットもかなり良くできたゲームですが、さすがに時代の流れには逆らえなかったようですね。

 

残念ながら、これ以降はカプコンからはベルトスクロールアクションゲームは出ていません。

 

6位 キャディラックス-恐竜新世紀-

 

こちらもカプコンの人気ベルトアクションゲーム。

恐竜の兵器利用をたくらむ悪の組織をぶっ潰しに行く爽快ゲームです。

 

アメコミっぽい画像に違和感はありますが、内容はかなり面白く、更に、難易度もそれほど高くないので、ゲーセンでよく遊んでいました。

グラマーなハンナをよく使用していましたが、顔が濃いので、できればもう少し可愛い画像にしてもらいたかったです^^;

 

5位 キングオブドラゴン

剣や魔法でモンスターを倒していく、カプコンの名作ベルトスクロールアクション。

 

こちらは、面を進んで行くごとに武器がレベルアップしていくので、どちらかというとアクションRPGに近い内容。

また、ゲーム自体の難易度はそれほど高くないので、ゲーム下手の私でもラスボスまで行くこともあったので、ワンコインでもかなり遊べたゲーム。

 

お金のない頃は、よくこのゲームのお世話になっていました。

 

4位 ゴールデンアックス デスアダーの復讐

 

SEGAの名作ベルトスクロールアクションゲーム、ゴールデンアックスの続編。

 

1で倒したはずのデスアダーが復活したので、再度倒しに行くという設定。

ゴールデンアックスは、私も大好きなシリーズですが、その中でもこのデスアダーの復讐が一番お気に入りで、当時はゲーセンによく遊んでいました。

難しいですが、慣れてくればこちらもかなり先に進めるようになります。

しかし、後半のスケルトンとか強かったですよね~^^;

もちろん、ラスボスのデスアダーは理不尽なほど強いです;;

 

カプコンのベルトアクションとは、また違ったダークな設定、グラフィック、世界観を味わえますよ。

 

また、最後のエンディングシーンも感動するんですよね~(;人;)

 

3位 天地を喰らうⅡ

 

ベルトアクション好きの方は一度は遊んだことがあるであろう、名作カプコンの名作ベルトスクロールアクション「天地を喰らうⅡ」。

 

魏延がサマーソルトをしたり、張飛がスクリューパイルドライバーをしたりと、随所にカプコンらしさが光ります。

 

もちろん、原作にはない設定ですが、当時はストⅡも大ブームだったので、このカプコン仕様に当時のゲーマーは喜んでプレイしていました。

こちらはプレステなどで移植されているので、そちらで遊んだ方も多いでしょう。

ベルトアクション好きの方なら、是非ともプレイしてもらいたいゲームの一つです。

 

2位 ファイナルファイト

 

ベルトアクションと言えば、やはりこのゲーム。

私は、このゲームのおかげでゲーセンに通うようになりました。

初めて遊んだときは、こんな面白いゲームがあるとは!と驚いたもんです。

 

このゲームの大ヒットを受けて、各メーカーらも色々なベルトアクションゲームが出ましたが、どれもファイナルファイトの二番煎じの様なゲームでしたね。

のちに、ファイナルファイトはスーファミに移植されますが、ガイがいなかったり、面が削除されていたり、二人同時プレイができなかったりなどアーケードと違いすぎたので、結局またゲーセンで遊んでいました。

 

1位 エイリアンVSプレデター

 

カプコンのベルトアクションの中でも、最もお気に入りだったのが、このエイリアンVSプレデター(通称AVP)。

 

カプコンらしい良ベルトアクションで、キャラクターの技も豊富です。

プレデターが昇竜拳をしたりと、カプコンらしい面白い設定でしたね~。

あと、リン・クロサワ嬢が可愛すぎます(*’ω’*)

どことなく雰囲気がキャミィさんと似ていますよね。

 

もちろん、映画のエイリアンVSプレデターとの繋がりはありませんが、後にエイリアンの兵器利用などの話が出てくるので、恐らくエイリアンⅡの影響を受けているのかもしれませんね。

とても良くできたゲームで、未だにファンが多いのですが、版権の問題上、リメイクや移植などは出来ないそうです。

 

家庭用ゲーム機では一切移植されていないのも、希少価値を高めていますね。

できれば今のゲーム機で移植してもらいたいものです。

 

関連記事

 

スーパーファミコンおすすめベルトスクロールアクションゲーム

 

カプコンベルトアクションコレクション収録ゲーム紹介

 

 

 

ブログ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

 

-アーケード, 動画
-, ,

Copyright© レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.