ファミコンやメガドライブ、スーファミなどで、個人的に思い入れの強いレトロゲームやゲーム美少女キャラの紹介をしております。(たまに最近のゲームについても紹介しています。)ゲーム好きの方は是非見ていってくださいね。

レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ

スーパーファミコン

スーパーファミコン名作シューティングゲーム個人的お薦め10選

投稿日:

 

シューティングゲームはゲーム脳が最も必要なジャンルかも

個人的に、ゲーム脳を最も必要とするジャンルはシューティングゲームではないかと思っています。

RPGやアドベンチャー、シミュレーションなどは、攻略方法さえわかればよほどのクソゲーでもない限り、基本的には誰でもクリアできるでしょう。

 

しかし、シューティングゲームは、

攻略方法が分かっていても反応できない

操作に追いつかない

などの理由で、苦手な人は何度やっても、どんなシューティングをやってもすぐにやられる・・・・。

 

思い当たる方も多いのではないでしょうか。。。

私もそのうちの一人です。

 

ゲーセンで何度も雷電をやっても全く上達せず、達人をやってもいつも1面のボスでやられています^^;

 

知識と知恵で遊ぶゲームが、RPGシミュレーション、アドベンチャー

 

テクニックやとっさの判断力や集中力が最も必要とするのが、アクション、シューティング

と(個人的に勝手に)思っています。

 

そして、このテクニックや、とっさの判断力や集中力などを適当にまとめてゲーム脳と勝手に呼んでいます。

 

シューティングゲームが得意な人、ゲーム脳が発達している人は、どんなゲームやっても普通の人よりもうまく、上達するのが早かった印象があります。

 

ちょっと遊んだだけでゲームの持ち主よりも上手くなった、という友達がいた!など、思い当たる人も多いでしょう。

 

私はシューティングは苦手な部類に入り、家に遊びにきた友達の方が断然うまいという事もよくありましたが、シューティングゲーム自体は嫌いではありませんでした。

 

特に家庭用のゲームは何度でもできるのでよく遊んでいましたね。

 

 

ここでは、シューティングが苦手な私でも当時よく遊んていたスーパーファミコンの名作シューティングゲームについて紹介しています。

 

あくまで個人的に好きだった作品なので、全ての人がそうとは限りませんが、スーファミの名作シューティングが気になる方、探している方は是非参考にしてみてください。

 

スーパーファミコン名作シューティング10選

グラディウスⅢ

 

スーファミ初期に発売されたシューティングなので、当時はよく遊んでいました。

コナミの看板タイトルだけに無難でハズレは少ないですが、グラフィック以外は
目新しさが無かったので新鮮さには欠けますね。

 

グラディウスシリーズが好きな方にとっては十分に満足できるゲーム。

難易度もそれほど高くないので、何度かやればシューティングが苦手な方でもクリアすることができるでしょう。

 

 

フライングヒーロー

 

 

ソフエルというマイナーメーカーのゲームのせいか、知名度はあまり高くはありませんが、中々良作な縦シューティングゲーム。

 

可愛らしいキャラクターで、子供、女性も気軽に楽しめそうな印象。

こちらも難易度はそれほど高くなかった思い出がありますので、シューティングが
苦手な方でも十分楽しめると思いますよ。

 

ダライアス ツイン

 

 

人気シリーズ「ダライアス」のスーファミ版。

ダライアスシリーズの中では賛否両論あるらしいですが、個人的には初めて遊んだダライアスシリーズだったので面白くてよくやっていました。

 

スーファミ初期ゲームの中でも、数少ない二人同時プレイできるゲームだったので
当時は友人ともよく遊んでいましたね~。

 

シューティングで二人同時プレイできるゲームは少なかったので、友達が来るといつもやっていました。

ステージを選択できるのも当時のシューティングでは珍しかったですね。

やられてもパワーアップがリセットされないで、しかも、その場からすぐに復活するので難易度はそれほど高くはないでしょう。

しかし、最終ステージはボスだらけなので激ムズでした^^;

 

ワイルドガンズ

 

 

スーファミ後期のシューティングゲームだけに、良く作り込まれており一人でも二人でも楽しめます。

他には中々ないガンシューティングゲームとして、当時は人気がありましたね。

 

今は、PS4向けに高画質リメイクされた「WILD GUNS RELOADED」があるそうなので、興味のある方は是非試してみてください。

 

SUPER R-TYPE(スーパーアールタイプ)

 

 

アイレムの大人気シューティングゲーム、R-TYPEのスーファミ版。

シューティングが苦手な私でも大好きなシリーズ。

溜め撃ち、状況に合わせたフォースの着脱などが面白くて、何度もやっていました。

難易度がかなり高い横シューティングですが、今まで「Rタイプが嫌い!」という人には出会ったことがありませんので、シューティングが苦手な人でも楽しめるはず。

 

超時空要塞 マクロス

 

 

大人気アニメ「マクロス」のスーファミ版シューティングゲーム。

キャラクターも、一条輝 マックス、ミリアの3人から選べますし、ファイター、ガウォーク、バルキリーなど、それぞれ状況に合わせて活躍できるので、面白くて長く楽しめます。

 

しかし、アニメのストーリーとは無関係の様で、ボスキャラもゲームオリジナル(だったはず)。

シューティングゲームとしては面白いですが、アニメファンにとってはイマイチかも。

 

 

ポップンツインビー

 

 

ベルのパワーアップがダメ!って人が多く、好みが分かれるツインビーでしたが、
このポップンツインビーは、ベルのパワーアップもしやすく、更に、パワー制なので、従来のツインビーよりもかなり遊びやすくなっています

 

分身のタイプが選べたりなど、色々あるので、これまでのツインビーが苦手という方でも、ポップンツインビーなら楽しめると思いますよ。

 

スターフォックス

 

 

後に任天堂の人気シリーズとなるスターフォックスの第一弾。

たしか、スーファミで最も売れたシューティングゲームだったはず。

 

今見ると、カクカクしたポリゴンに違和感を感じるかもしれませんが、当時としては最新のグラフィックで、子供たちは大いに熱中していました。

 

スーファミ世代は一度は遊んだことがあるのではないでしょうか。

日本だけでなく、世界中でも大人気だったようですね。

 

エリア88

 

 

当時ゲーセンでよく遊んでいたカプコンの横シューティングゲームのスーファミ移植版。

移植メーカーも同じカプコンなので、ゲーセンと比べてもそれほど違和感なく遊ぶことができます。

お金を貯めて機体や武器を選んで出撃するというゲームは、当時としては珍しくて面白かったですね~。

原作は読んだことがありませんが、それでも十分に楽しむことができました。

でも、難易度はめちゃ高いです^^;

 

 

実況おしゃべりパロディウス

 

 

スーファミに移植されたパロディウスシリーズは他にもいくつかあり、どれも面白くて、よく友人宅で遊んでいましたが、その中でも最も後に発売されたこの実況おしゃべりパロディウスはシリーズの完成系といっても過言ではありません。

 

これまで登場したキャラクターはほとんど使えるので、選べるキャラも多く飽きずに長く楽しめます。

 

そして、タコ役の八奈見乗児さんの実況がとても楽しくもあり、うざくもあります。気が散ってゲームに集中できないということもしばしばw

 

難易度は高いですが、何度でも遊んでしまうほど面白かったですね。

個人的には、スーファミシューティングゲームの中でもトップクラスに好きな作品でした。

 

 

 

総評

 

スーファミのシューティングゲームは他にも面白いものがたくさんあると思いますが、 その中でも特に個人的に好きだった作品の紹介でした。

 

リメイクされているゲームもありますので、機会があれば是非試してみてください。

 

あくまで個人的な意見ですので、その点はご理解ください。

 

個人的にお薦めするスーファミ名作シューティングゲームお薦め10選の動画を
YouTubeにも上げていますので、ゲームの動画が見たい方は是非そちらもご覧ください。

 

>>スーパーファミコン名作シューティングお薦め10選の動画はこちらから

 

 

 

お薦め関連記事

 

メガドライブ名作ランキングTOP10

 

ファミコンディスクシステム名作ランキングTOP10

 

 

-スーパーファミコン
-,

Copyright© レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.