ファミコンやメガドライブ、スーファミなどで、個人的に思い入れの強いレトロゲームやゲーム美少女キャラの紹介をしております。(たまに最近のゲームについても紹介しています。)ゲーム好きの方は是非見ていってくださいね。

レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ

アーケード

祝!!カプコンベルトアクションコレクション発売決定!

更新日:

スポンサーリンク


数あるゲームジャンルの中でも、個人的にはベルトスクロールアクションゲームが大好きで、特にカプコンのベルトアクションには思い入れもとても強かったです。

 

ファイナルファイトからバトルサーキットまで、ベルトアクションゲームは一通りやりましたが、残念なことに、アーケード版がそのまま家庭用に移植されることは少なく、長い間、遊びたくても中々遊べないという状況が続いておりました。

 

ゲーセン仕様のまま、家庭で思う存分に遊びたい!と当時から願っていましたが、中々カプコンは家庭用には移植してくれませんでしたね。

 

今のゲーム機の容量なら、当時のベルトアクションが数本まとめて入ったゲームも作れるでしょうから、以前から

 

カプコンベルトアクションコレクションを出してほしい!

 

とツイッターやブログなどで書き込んできましたが、なんと、そんな私の願いがカプコンに届いたようで、ついにカプコンの人気ベルトアクションが一つにまとまったベルトアクションコレクションが発売されることになりました。

 

ベルトアクションコレクション1

 

しかも、なんと、今回は初移植のパワードギア、バトルサーキットも入っています。

これはベルトアクション好きとしては買うしかありませんね^^

 

ベルトアクションコレクション

しかし、当時は大人気だったカプコンベルトアクションですが、若い人は、聞いたことが無い、どんなゲームか分からない、と疑問の方も多いでしょう。

 

 

そこで、今回はカプコンベルトアクションコレクションに入っているゲームについて、簡単に紹介していきますので、

 

カプコンのベルトアクションって面白いの?

どんなゲーム?

買おうかどうか迷っている

やったことはあるけど、ほとんど忘れてしまった

 

という方は、是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

カプコンベルトアクションコレクション収録ゲーム紹介

 

ファイナルファイト

 

ファイナルファイトTOP

言わずと知れたカプコンのベルトアクションゲームの代名詞「ファイナルファイト」。

 

殴って、蹴って、投げてと、カプコンのベルトアクション伝説は、ファイナルファイトから始まったと言っても過言ではありません。

 

豪快なアクション、雑魚敵をなぎ倒していく爽快感、軽快な操作性で、当時はゲーセンで爆発的な人気を誇っていましたね。

ファイナルファイト

私もこのファイナルファイトがきっかけでゲーセンに通うようになり、お小遣いも根こそぎゲームに費やすようになってしまいました^^;

 

今思えば、子供のお小遣いを根こそぎ吸い取ってきた罪深いゲームでもあります。

 

分かりやすい設定、扱いやすいキャラクターで、初めての方でもきっとすぐに楽しめるはず。

 

ちなみに、捕らわれのコーディーの恋人「ジェシカ」はブラジャー姿のエロい格好で緊縛されていますが、スーファミ版は倫理的なものの影響か、赤いドレスに変わっています。

ファイナルファイト ジェシカ

 

当時は、

全く余計なことして!(-_-;)って思いましたねw

 

 

ファイナルファイト キャラクター紹介

 

ファイナルファイト キャラクター

 

「ガイ」

動きも素早く、最も使いやすいキャラ。

初心者から玄人まで愛される、恐らくファイナルファイトシリーズでは一番人気のキャラ

修行を欠かさない朴念仁っぽいですが、ちゃっかりファイナルファイト2では許嫁が登場します。

やることはしっかりやっています。

一人称が「せっしゃ」というあたりが、ちょっとイタイです。

 

 

「コーディー」

一応主人公。

それなりに使えるので、決して弱くはないが、全てにおいて劣化ガイ。

ナイフの扱いが得意で、ナイフを持つと、近距離の相手には突き刺し、遠くにいる敵には投げることができるのが唯一の特徴。

ちなみに、他のキャラはナイフを持っても投げるだけ。

 

主人公の割には、恐らく一番人気が無かったキャラクター

そのせいか、本人の心もすさんでしまい、このあと色々と大変なことになります。

 

白Tシャツにジーンズという姿を見ると、当時の人気俳優「吉田〇作」を思い出しますね。

 

 

「ハガー」

パワフルなプロレス技を使い、相手に与えるダメージもデカいが、その分、使いこなすには慣れが必要な、上半身裸の元プロレスラー、変態市長のハガー。

 

パイルドライバーなどはダメージもデカく、決まれが気持ちがいいですが、その後の隙もデカいのでダメージも受けやすいです。

初心者にはちょっとクセが強いキャラとも言えます。

 

普通に考えると、上半身裸でウォー!言っている人の方が危ないですよね。

 

とりあえず、まずは服を着ようか。

 

 

ナイツオブラウンド

 

ナイツオブラウンド トップ

カプコンのベルトアクションの中でも異色のゲーム「ナイツオブラウンド」

このゲームは、好きな人とイマイチな人の評価は真っ二つに分かれます。

ちなみに、私は後者。

 

一般的なゲームとしてみれば、良くできていますが、カプコンのベルトアクションとしてみれば、爽快感が少なく、難易度も高いです。

 

ナイツオブラウンド カプコン

 

今作はガードがとても重要で、これがまともに出来ないと1面のボスすら倒すのが厳しいです。

その為、他のベルトアクションと同じように、ただ攻撃ボタンを連射しているだけでは、攻略するのは難しいでしょう。

 

このガードの存在が、ナイツオブラウンドの評価が分かれるところですね。

しかし、慣れるとサクサクと進めるようになるので、ハマる人は大ハマりするゲームでもあります。

 

ナイツオブラウンド キャラクター紹介

 

ナイツオブラウンド キャラ

「ランスロット」

ファイナルファイトでいう「ガイ」的存在で、素早い動きや連続攻撃が特徴。

初めての人でも使いやすいキャラです。

 

 

「アーサー」

リーチも長く、動きもまぁまぁ早くて使いやすい万能キャラ。

一応主人公なんでしょうが、ヒゲ以外はこれといった特徴が無いですね。

 

 

「パーシヴァル」

最もパワーがあるが、リーチが短いのが難点、動きも遅い。

攻撃する前に相手から反撃を喰らうことが多いせいか、扱いは難しいですが、ダッシュ、ダッシュ攻撃があるのはこのキャラだけ。

懐かしいセンター分けの髪型が時代を感じます。

 

しかし、そんな鈴木蘭々みたいなパーシヴァルの髪型も、レベルが上がるごとに抜け毛が激しくなり、面終盤になると頭が大変なことになります。

気になる方は、是非、ご自身の目で確かめてみてください。

 

 

 

キャプテンコマンドー

 

キャプテンコマンドー トップ

スーファミにも移植された名作ベルトアクション「キャプテンコマンドー」。

ファイナルファイトよりも一回り小さいキャラクターで、迫力が少なくなった気もしますが、キャラそれぞれに色々な必殺技アクションも増えて、友達とやると盛り上がります。

 

その他にも、ロボットに乗ったり、銃やロケットランチャーなど、アイテム、武器もたくさんあって飽きずに楽しめます。

 

キャプテンコマンドー カプコン

キャプテンコマンドーは、スーファミでも移植されていますが、スーファミ版は、ロボットやアイテムなど、色々カットされていることが多く、ゲーセンで遊んでいた人にとっては不満の残る内容でしたね。

 

 

キャプテンコマンドー キャラクター紹介

 

キャプテンコマンドー キャラ

「キャプテンコマンドー」

主人公だけあって、どの攻撃もクセが少なく使いやすいです。

ダッシュジャンプ攻撃のキャプテンファイヤーが気持ちが良いですね。

しかし、リーチが短いのが難点で、カウンターも喰らいやすいです。

 

 

「ベイビーコマンドー」

天才赤ちゃんが操縦するロボットキャラ。

ダメージの大きいパイルドライバーなども使えるので、赤ちゃんのわりにパワーキャラの位置づけ。

攻撃力は全キャラ中1番(だったはず)

ロボットに乗ってロボットを操縦するのが面白いです。

 

 

「ニンジャコマンドー」

攻撃力は低いが、動きが素早く扱いやすい忍者。

可もなく不可もなくといった印象。

要するに、普通、というかあんま使ったことが無いです、すみませんm(__)m

 

 

「マミーコマンドー」

背が高くリーチも長いので、ダメージを喰らうことなく敵を倒しやすいです。

そして、このキャラの一番良い点は、メガクラッシュ中に移動できること

初心者には、最も使いやすいキャラとも言えます。

 

毒ナイフを使用し、敵を溶かすのが結構グロく、チンピラにそこまでするか!っとも思いますが。

 

 

ザ・キングオブドラゴンズ

 

キングオブドラゴンズop

 

ドラゴンやモンスターを討伐するファンタジーベルトアクション。

今作は、面を進むことでレベルが上がったり、武器がパワーアップするので、アクションRPGに近い内容。

 

また、難易度はあまり高くないので、ベルトアクション系が得意な方は、サクサク進めるはずです。

 

キングオブドラゴンズ

選ぶキャラクターによって戦い方も変わってきますが、慣れないうちは近接攻撃キャラよりも、遠距離から一方的に攻撃できるエルフかウィザードを選んでおけば間違いありません。

 

近接キャラは盾でガードできますが、タイミングが難しくいので、初心者には厳しいです。

選ぶキャラクターによっても難易度が変わるのも、キングオブドラゴンズの特徴とも言えますね。

 

オッサンとモンスターしか登場しなく、全体的にむさくるしいの唯一の難点です。

 

キングオブドラゴンズ キャラクター紹介

 

キングオブドラゴンズ キャラクター

「ファイター」

攻撃力はそこそこだが、防御は低い近接戦士。

きっと、筋肉は偽物、鎧や盾は段ボールなんでしょう。。。

できれば、グラフィックはマッスル女戦士のビキニ鎧アマゾネスが良かった・・・。

 

 

「クレリック」

攻撃力は普通で、防御は一番高いが足が遅い神官戦士。

ファイターよりは使える近接キャラ。

ドラクエ3の女僧侶みたいはグラフィックなら、もっと人気が出ていたことでしょう。

 

 

「ウィザード」

遠距離から魔法で攻撃できるので、序盤は比較的安心して進めます。

また攻撃力も高く、魔法アイテムの威力も大きいので、初心者にも嬉しい万能キャラとも言えます。

序盤は攻撃の威力が低いのが難点ですが、後半からはドンドン強くなっていきます。

 

できれば、グラフィックはお爺ちゃんではなく、ビキニ姿の魔女っ娘が良かった。

 

 

「エルフ」

全キャラ中、最もリーチが長いキャラ。

ボスでも雑魚でも遠距離から安全に攻撃できるので、特に初心者にはお薦めのキャラクター。

エルフを使うだけで、序盤のゲーム難易度もだいぶ下がりますね。

唯一の欠点は、レベルが上がりにくいということでしょうか。

 

こちらはウィザードとは逆に、序盤はサクサク進めますが、後半は火力不足に悩まされます。

 

あと、エルフなんだから、男より女キャラの方が良いでしょうに。

 

 

「ドワーフ」

背が低い為、リーチが最も短く、更に、武器の振りも遅いので最も使いにくいキャラとも言えます。

背が低いので、投げ槍や弓矢などに当たらないというメリットもありますが、それでもデメリットの方がはるかに大きいですね。

 

それでも、ドワーフの女戦士だっら喜んで使っていたことでしょう。

 

 

天地を喰らうⅡ 赤壁の戦い

 

天地を喰らうⅡ 赤壁の戦い

カプコンのベルトアクションの中でも、トップクラスの人気を誇る今作品

 

黄忠以外は、どのキャラを使ってもそれなりに使えますし、黄忠以外はベルトアクションが得意な方なら、サクサク進めるはず。

黄忠を使わなければ、序盤の難易度はそれほど高くはなく、初めての方でも2~3面は進めると思いますよ。

 

天地を喰らうⅡは、プレステでも移植されているので、そちらで遊んだことがある方も多いでしょう。

これをやらずにカプコンベルトアクションは語れませんよね。

天地を喰らうⅡ カプコン

 

どのキャラも濃くて暑苦しい顔していますが、中身も非常に暑苦しいです。

 

唯一のオアシスが、面中盤に出てくる、女刺客。

倒すのがもったいないくらい、見た目も声も可愛いです(*’ω’*)

まるで、男子校に突如現れた女子高生に見えます。

 

 

天地を喰らうⅡ キャラクター紹介

 

天地を喰らうⅡ キャラ

 

「関羽」

レバーを上か下に入れながらパンチしているだけで、殴りながらどんどん敵を吸い込んで投げてくれます。

とにかく、パンチの吸引力がダイソン並みです。

 

個人的には最もよく使ったキャラクター。

唯一、必殺技のエルボーの隙が大きくて使いにくいのが残念でした。

 

 

「張飛」

スクリューパイルドライバーなど投げ技が豊富で、関羽とほぼ同じくらの力があり扱いやすいのですが、意図せずに噛みつきしてしまうのが難点。

 

パンチで相手を肉片にするので、ラオウもビックリです。

 

 

「趙雲」

動きが素早く扱いやすいが攻撃力は低い、よくいるタイプのキャラクター。

昇竜拳っぽい多段ヒットの必殺技も気持ちが良いですが、スキが大きいので多用は禁物。

イケメンのせいか、人気は一番高かったですね。

 

 

「魏延」

個人的には、関羽の次によく使っていたキャラ。

クセが無く、隙も少ないのでとても扱いやすいキャラです。

サマーソルトも中々使えますしジャンプ投げもあるので、欠点が無い最も万能なキャラとも言えます。

でも、なんで馬超じゃなく、魏延なんですかね?

 

 

「黄忠」

熟練者、玄人以外はお断りの老将。

通常攻撃が弓という、とにかくクセが凄いキャラで、囲まれるとかなりきついです。

カプコンベルトアクションシリーズの中でも、ここまでクセが強いキャラは珍しいですね。

逆に、黄忠を上手く扱える人は、ゲーセンでも一目置かれていました。

 

調子に乗って黄忠を使って、1面であっさり終わった‥‥という方は、私以外にもいるはず。。。

 

 

 

パワードギア

 

パワードギア カプコン

初移植となるカプコン名作ベルトアクション「パワードギア」。

 

知名度は低いですが、これがとても良くできたベルトアクションで、敵のパーツを装着してパワーアップするという、他のゲームには無い設定です。

面白くて、当時はよく遊んでいましたが、意外と撤去されるのも早かったような思い出があります。

 

カプコンベルトアクションの中でも、かなり異色の作品といえるでしょう。

 

また、これまでのカプコンベルトアクションは、キャラごとにそれぞれ特徴がありましたが、今作は、キャラクターよりも、アームや脚など、パーツによる差が大きいので、キャラごとの差は、そこまで大きくはありません。

パワードギア ベルトアクション

気になるのは、動くスピードの速さか、サブウエポンの弾数くらいですかね~。

 

これまで散々カプコンベルトアクションを遊びつくしてきた方もパワードギアは、また違った楽しさが味わえるはず。

 

あと、オペレーターのおねーちゃんが可愛いです( *´艸`)

 

>>パワードギアのストーリーとエンディング動画はこちら(YouTubeに飛びます)

ネタバレ注意!

 

パワードギア キャラクター紹介

 

パワードギア キャラ

「ラッシュ」

いわゆる万能キャラ。

どのパーツを付けてもそれなりに使えるが、逆に、これと言った特徴のない普通のキャラ。

スーパーロボットなどに出てくる熱血タイプで、自分の価値観をゴリ押ししそう。

こういう上司がいると部下は大変。

 

 

「ジャスティス」

動きが素早いが攻撃力が低い、よくあるスピードタイプ。

常に顔色が悪いのが特徴。もっと肉を食え!

なんとなく、銀英伝のオーベルシュタインっぽい。

モデルは、マクロスのゼントラーディでしょうか、

デカルチャー!(注)言いません。

 

 

「グレイ」

攻撃力が高くサブウエポンの弾数も多いが、スピードが最も遅い、これまたよくあるタイプ。

とにかく職業軍人気質で、しかも、顔がむさくるしい。

こいつを乗せるくらいならオペレーターのおねーちゃんを乗せて欲しい。

 

 

「セイレーン」

リーチは短いが、攻撃速度やスピードが早く、最も使いやすい。

勝気な女コマンドータイプで、口は悪いがスタイルは良い(たぶん)。

 

なにより、美人だから最もよく使います。

やっぱ、この時期の女キャラは皆使いやすくて強いですね。

 

 

 

バトルサーキット

 

バトルサーキット カプコン

こちらも今回初移植となるバトルサーキット。

カプコン最後のベルトアクションゲームだけあって、このゲームでカプコンのベルトアクションは完成したといっても過言ではない名作。

 

長らく家庭用には移植されてきませんでしたが、ついにようやく移植が決まりました。

 

ゲーム自体の完成度は、数あるベルトアクションゲームの中でもトップクラスでしょう。

個性的なキャラクター、お金を集めて新しい技を覚えてというのも斬新でした。

バトルサーキット ベルトスクロールアクション

全てのパワーアップをすると、最後に真のラスボス「マスタープログラム」と戦える隠し要素も話題でした。

 

あと、面中盤に出てくる、ノーブラ、Tバッグのバイクギャルは、かなりエロくて興奮しますし、マッスル熟女も中々のエロスを醸し出しています( *´艸`)

バトルサーキット バイクギャル

 

ようやくバトルサーキットを思う存分楽しめると思うと、おらワクワクすっぞ!

 

 

バトルサーキット キャラクター紹介

 

バトルサーキット キャラ

 

「サイバーブルー」

スタンダードタイプで、使いやすいがリーチは短い。

バトルダウンロードで攻撃力を上げれば、ボスでもあっさり倒せるが、それ以外の特徴はありません。

アメコミのヒーロータイプ。

 

 

「キャプテンシルバー」

軟体人間で、体を色々伸縮させて戦いますが、ちょっとクセが強い。

バトルダウンロードの防御アップも微妙ですね。

ファンタスティック・フォーのリーダー、リードリチャードに似た特徴のキャラクターです。

 

 

「イエロービースト」

動きが素早く、連続攻撃も多彩で、個人的には最も使いやすかったキャラクター。

連続技が多く、安定してコインを稼げるので、初心者にもお薦め!

 

あと、モデルだけあってスタイルも抜群です。

必殺技はどれもかなり使えるのですが、バトルダウンロードのスピードアップだけは、イマイチ使いどころが分かりませんでした。

 

 

「ピンクオーストリッチ」

ダチョウに乗った少女で、空中を浮遊して攻撃したり、他のキャラとは異なる攻撃が特徴。

バトルダウンロードのクリティカルアップは、ボス戦などにも有効です。

悪くはないが、これといって思い入れもないキャラクター。

せめて、あと5年ほど歳をとってほしかった。。。。

 

 

「エイリアングリーン」

パワー系のキャラクターで、一見するとクセが強そうですが、これが強くてかなり使いやすいです。

敵を捕まえてレバーガチャ押しの叩きつけは、雑魚でもボスでもガンガン体力を削ってくれますし、波動拳コマンドで出る竜巻は、遠くの敵でも吹っ飛ばします。

 

その他、黒いゲロでハチに攻撃させたり、敵を飲みこんでアイテムに変えたりと、技はどれも使えるものばかり。

しかも、バトルダウンロードで体力も回復できるので、体力も無い、フードアイテムも無い大ピンチの時も安心です。

 

味方へのサポートもできるので、初心者から熟練者まで幅広く使えますね。

 

但し、ラスボスのマスタープログラムは常に飛んでいるので捕まえにくく、グリーンで倒すのはかなりしんどいでしょう。

 

ま、そこまで行ければの話ですが。

 

ベルトアクションゲームの攻略、立ち回りについて

 

ベルトアクションの細かい立ち回り、攻略方法などは、ゲームによって異なりますが、基本的に大まかな点はどれも一緒です。

 

最低限、そこだけは意識しておくことで、プレイヤースキルもワンランクアップ、素人から脱却することもできます。

 

ベルトアクション好きの方は、「そんなの常識だろう!」と思う様な事ばかりなのであまり参考にはならないかもしれませんが、ベルトアクションを初めて遊ぶ方、あまり知らない方は、是非試してみてください。

 

敵はどちらか片方に寄せて戦う

 

ベルトアクションゲームは色々種類も豊富ですが、共通して言えることは、攻撃を行えるのは前方のみという事です。

 

後ろは、死角、弱点になりますので、前後から挟み撃ちで攻撃されるのが、最も危険な状況と言えます。

 

その為、挟み撃ちされる前に、敵はどちらか片方に寄せておくと安全に倒すことができます。

 

ファイナルファイトや天地を喰らうⅡ、バトルサーキット、キャプテンコマンドーなどは、パンチから投げに派生することができるので、それをうまく利用し、敵はどちらか片方に寄せてから安全に戦いましょう。

 

天地を喰らうⅡで、黄忠が使いにくいと言われている最も大きな理由が、攻撃から投げに派生できない為です。

 

黄忠は敵に囲まれると、かなりしんどく、初心者には厳しいキャラと言えます。

 

攻撃と避ける時は、前後ではなく上下に逃げる

 

ベルトアクションゲームは、一般的な横スクロールアクションと違い、上下移動することができます。

 

ボスの攻撃はリーチが長いことが多く、前後に移動しただけではよけきれない場合が多いです。

 

しかし、上下に攻撃範囲の広い攻撃は少ないので、上下移動を上手く活用することで、ボスの強力な攻撃も難なくかわすことができます。

 

 

ピンチの時、囲まれた時は出し惜しみせずメガクラッシュを

 

ほとんどのベルトアクションゲームには、ボタン同時押しで全方向に攻撃できるメガクラッシュが備わっています。

 

しかし、メガクラッシュは敵にヒットすると、体力が少し消耗するので、そうそう連発はできません。

 

その為、メガクラッシュを出し惜しみする方もいますが、ピンチの時、囲まれた時は喰らう前に、早めにメガクラッシュで切り抜けましょう。

 

メガクラッシュで消耗する体力は、敵の攻撃から比べると微々たるものです。

 

その微々たる体力消耗を気にして、敵からもっと大きなダメージを受けていては意味がありません。

 

また、ファイナルファイトは、雑魚敵でも一発攻撃をもらうと、その後連続で喰らう場合が多いので、一発喰らったら、早めにメガクラッシュを使い、追撃を避けるようにしましょう。

特に、各ボスはもちろん、アクセル、スラッシュなどは、雑魚的とはいえ、一発がかなり重たいので、喰らいそうなときは早めにメガクラッシュで回避してください。

 

 

ダウンロード開始は2018年9月20日から

 

カプコンのベルトアクションコレクションは、Nintendo Switch、PlayStation 4、Xboxなどでダウンロード販売されるようですが、私は任天堂スイッチ版を購入する予定です。

 

この6本が入ってお値段が3300円というのはお買い得ですよね♪

 

しかも、インターネット通信、ローカル通信で最大4人で遊ぶことができます。

 

カプコンのベルトアクションを4人で遊んだら楽しいでしょうね~^^

 

更に、日本版と海外版どちらも遊ぶことができ、難易度やキャラ残機も設定変更可能というのも嬉しいです。

初めての方やベルトアクションが苦手という方でも安心ですよ。

子供と一緒に遊んでも盛り上がる事間違いなしです!

 

 

別に私は、任天堂、カプコンの回し者ではありませんが、このシリーズは往年のゲームファンにとっては、恐らくハズレは無いかと思いますので、カプコンのベルトアクション好きの方は、是非この機会に遊んでみてください。

 

 

あと、カプコン様、ベルトアクションコレクション2では、何卒、

 

エイリアンVSプレデター

キャディラックス-恐竜新世紀-

パニッシャー

ダンジョン&ドラゴンズ タワーオブデューム

ダンジョン&ドラゴンズ シャドーオーバーミスタラ

 

の移植よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

 

こっちもお薦め!関連記事

 

スーパーファミコンお薦めベルトアクションゲーム

 

アーケード名作ベルトスクロールアクションゲームTOP10

 

 

 

 

スポンサーリンク



-アーケード
-,

Copyright© レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.