ファミコンやメガドライブ、スーファミなどで、個人的に思い入れの強いレトロゲームやゲーム美少女キャラの紹介をしております。(たまに最近のゲームについても紹介しています。)ゲーム好きの方は是非見ていってくださいね。

レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ

ファミコン

当時ハマったファミコン名作RPGについて

投稿日:

スポンサーリンク

 

ここでは、当時個人的にハマったファミコンRPGの思い出について熱く語っております。

ファミコンRPG好きの方は、是非見ていって下さい。

 

ドラゴンクエスト1

 

ドラゴンクエスト1 画像

後に国民的RPGとなるドラクエシリーズの第一弾。

物語の主人公となり、自身を成長させて捕らわれた姫を助け、魔王を倒すお決まりストーリーのひな型的存在。

 

ブラックオニキスやザナドゥなど、PCでは既にRPGは一部のゲーマーから人気でしたが、ファミコンユーザーのちびっ子にとっては、RPGはまだまだ未知のゲームでした。

 

ドラクエは、そんな子供にも分かりやすく丁寧に仕上がっており、しっかりクリアできるRPGとして作られております。

 

今はクリアできるRPGというのは当たり前ですが、当時のPCゲームのRPGは、むしろクリアさせないように異常なまでに高難易度に作られていました。

 

ドラゴンクエスト1 ファミコン 画像

ロマンシアや、破邪の封印など、PCからファミコンに移植されたゲームは、PC版と比べると難易度はかなり下がっていますが、それでも難しすぎてクソゲー扱いされることが多いです。

 

それでも、当時のPCユーザーにとっては、ファミコン版のRPGはかなり簡単な方だったらしいですね。

 

ファミコンのドラゴンクエストは、ストーリーやBGM、キャラクターデザインも素晴らしいですが、何よりも、まずはしっかりとクリアできるRPGとして世に送られた功績が大きいです。

 

ちなみに、ドラゴンクエストの海外版は、Dragon Warrior。

 

スポンサーリンク

 

ドラゴンクエスト2 悪霊の神々

 

ドラゴンクエスト2 画像
ドラゴンクエストのシリーズ2作目で、初めてパーティーで冒険するようになったのはここから。

私が初めてドラクエをプレイしたのも2からでした。

 

当初はあまり興味はありませんでしたが、友人から薦められたのをきっかけに、徐々にドラクエの世界観にハマるようになりました。

 

やり始めたのが、発売してからだいぶ後でしたので、既にクリアした周りの友人から色々聞きながらなんとかクリアしましたが、一人だったら難しくてクリアは無理でしたでしょうね~。

ドラゴンクエスト2 ファミコン 画像

特に、金の鍵や水門の鍵、邪心の像、各種紋章などの重要アイテムは中々見つかりませんでしたし、ロンダルキアの洞窟は辛すぎてトラウマになるほどです。

そして、今作で最も苦しめられたのが、長すぎる復活の呪文

 

ドラゴンクエスト2 ファミコン

当時ドラクエ2をやっていた人は、一度は、

復活の呪文が間違っていて再開できない!

という辛い目に遭ったことがあるはず。

 

私は、予備に二つ復活の呪文をメモしていましたが、二つとも間違っていたこともあります^^;

 

ドラクエ2は、数あるドラクエシリーズの中でもトップクラスの高難易度を誇るゲームとして、今でも当時のファミコンキッズの心に深い傷痕を残しています。

 

 

ミネルバトンサーガ

 

ミネルバトンサーガ 画像

知る人ぞ知る、タイトーの感動超大作RPG(←当時、お店でこう表示されていました)。

 

タイトーが制作に何年かかかって作った超大作というフレーズに惹かれ購入しましたが、買ってよかったと今でも思える良RPG。

 

壮大なマップ、荘厳なBGM、独特の戦闘システムなど、当時はハマって遊んでいました。

また、オートで戦闘を助けてくれる仲間や傭兵というのも、当時は珍しかったですね。

 

ミネルバトンサーガ ファミコン
ドラクエ3よりも先にバッテリーバックアップのセーブ機能が搭載したことでも有名。

難易度は結構高く、途中でつまることもありましたが、攻略本を見ながらなんとかクリアできました。

 

どうしてもクリアできない人は、敵のエンカウントがなくなり、移動速度が上がる裏技を試してみてください。

 

タイトル画面で、1コンの

上、上、下、左、A、左、右、下、下、B、スタートと入力し、

成功するとピローンと音が鳴ります。

 

そのままゲームを始めると、歩くスピードが上がり、敵とのエンカウントも無くなります。

 

しかも、スタートボタンでON/OFF切り替えできるので、レベル上げするときはOFF、ダンジョン攻略はONにしておくととても効率よくゲームを進行することができますよ。

 

 

桃太郎伝説

 

桃太郎伝説 ファミコン

ハドソンの人気RPG、桃太郎伝説シリーズの1作目。

 

初代は、桃太郎一人しか仲間がいなく(たまに、犬、サル、キジが攻撃してくれますが)、レベル上げやお金を稼ぐのも大変でしたが、ドラクエの様な分かりやすいゲームなので初めての方でも、比較的クリアしやすい作品。

 

桃太郎伝説 ファミコン 画像

後に、PCエンジン、スーファミへとシリーズが続いていくので、やはりファンは多かったようですね。

 

また、1のラスボス閻魔様がスーファミの新桃伝では仲間になるなど、ストーリーの繋がりがあるのも良かったです。

 

ドラクエタイプの分かりやすいRPGが好きな方にはお薦め。

 

 

ファイナルファンタジー

 

ファイナルファンタジー1 ファミコン

後にドラクエと双璧をなす、人気国産RPG。

 

初代からすでにジョブ、クラスチェンジなどがあったので、FFの世界観も十分に楽しめます。

 

このゲームのヒットが、スクウェアという会社をも救ったことはとても有名な話ですよね。

もし、このゲームがヒットせず、FF3などが発売されていなかったら・・・・と思うとゾッとします^^;

ファイナルファンタジー1 ファミコン 画像

さすがにファミコン版は今やると古臭さを感じますが、FF1は、DSやPSP、PS3、wiiなどでもリメイクされていますので、今から始めるならそちらの方がお薦めですよ。

 

 

ドラゴンクエスト3 そして伝説へ

 

ドラゴンクエスト3 ファミコン

当時、社会現象にまでなったドラゴンクエストシリーズ3作目。

最初からパーティーは4人、好きな職業も選べて、敵も呪文もマップも、全てがスケールアップした名作RPG。

 

恐らく、当時のファミコンキッズで、今作を知らない人はいないでしょう。

ドラクエ3を語らずして、ファミコンのRPGは語れませんよね。

 

3からはバッテリーバックアップ機能が付いたので、面倒な復活の呪文をメモらなくていい!

 

と当時は、誰もが喜びましたが、しかし、バックアップ機能消失という新たなる問題が発生し、当時は、皆カセットの抜き差しを慎重に行っていました。

ドラゴンクエスト3 ファミコン 画像

私のドラクエ3は、当時やっていたころは冒険の書が消えたことはありませんでしたが、どんなに大切に扱っても、何度も冒険の書が消えた友人もいたので、カセットによって当たりハズレがあったのかもしれませんね。

 

初めて闇の世界のアレフガルドに行ったときは感動しました。

 

ドラクエ1の制作の時から3までの話を考えていたのか、それとも、後から考えたのか分かりませんが、いずれにせよロトシリーズは全体を通して素晴らしい脚本でした。

さすが堀井さん!

 

 

真田十勇士

 

真田十勇士 ファミコン

真田幸村となって家康を討伐に向かうケムコの時代物RPG。

 

お馴染みの十勇士を従えて、兵を集めながら旅に出るのですが、これが中々個性的なRPGで当時はハマりました。

 

敵を説得して配下に加えたり、武器や兵糧を集めて兵を補充したりなど、レベルの概念はなく、一般的なRPGというよりはシミュレーションにも近い内容。

真田十勇士 ゲーム

ドラクエの大ヒットを受けて、この頃は色々なメーカーから新作RPGが出ていましたが、どれもドラクエの二番煎じの様な物や、とても遊べるレベルに至っていないクソゲーと呼ばれるものも多かったです。

 

しかし、この真田十勇士はオリジナリティもありますし、しっかりとクリアできるように作られていたので、子供でも十分に楽しむことができましたね。

 

特に、真田十勇士の原作を読んだことがある子供はハマる事間違いなし。

 

 

ファイナルファンタジー2

 

ファイナルファンタジー2 ファミコン

私が初めて購入したファイナルファンタジーシリーズが今作品。

 

レベルではなく熟練度、次々に入れ替わる仲間、誰でもどんな武器でも扱えますし魔法も覚えるので、シリーズの中でも特に異色のゲームシステムとなっています。

 

ファイナルファンタジー2 fc
この熟練度が2の賛否分かれるところですが、序盤からドンドン強くすることができるので、サクサク進め、個人的には好きだった作品。

 

ラストダンジョンは長いですし、途中で出てくる雑魚敵のモルボルの臭い息はウザかったですが、シリーズの中でも割と簡単な方ではないでしょうか。

 

ファイナルファンタジー2 ファミコン 画像

このあと熟練度システムは一切登場しませんので、やはり世間的には評判が悪かったんですかね~。

 

ゲームシステムに関しては色々意見はあるでしょうが、ドンドン犠牲になっていく仲間など、ストーリーに関してはかなり面白かった思い出があります。

 

 

マザー

 

マザー ファミコン

マザーは、(確か)任天堂初の本格RPGだったはず。

コピーライターの糸井重里氏が脚本、ゲームデザインを手掛けた事でも有名な作品ですね。

 

この時期になると、世には様々なRPGが溢れており、スクエニ以外はイマイチな物が多く、私も当初はこのゲームにもそれほど興味はありませんでした。

 

マザー ファミコン 画像

しかし、友人が強く勧めるので借りてやってみましたが、あの独特の不思議な世界観にすぐにのめりこみましたね~。

 

剣と魔法で戦うファンタジーRPGが多い中、バットとフライパンと超能力で戦うRPGというのは当時としてはとても珍しかったです。

マザー fc

また、BGMも素晴らしかったですよね~。

今聞いても、当時の思い出が蘇ってきます。

 

 

エンディングまで泣くんじゃない

は、あまりに有名なフレーズ。

 

スクウェアのトムソーヤー

 

スクウェアのトムソーヤー ファミコン

FF以外のRPG、スクウェアのトムソーヤー。

武器や防具、レベルの概念はなく、敵と戦うごとに少しずつ成長していくシステムで、FFとはまたちょっと違ったゲームシステム。

 

仲間も自由に選べ、好きなように編成できますが、それぞれ成長が決まっているので、最終メンバーは自然と決まってきます。

スクウェアのトムソーヤー 画像

特に、トムの親友、ハックがいないとラストの洞窟の途中で詰みますので、最低限ハックだけは必ず入れておきましょう。(隊列は前から二番目)

スクウェアのトムソーヤー ゲーム

各町の移動がちょっと面倒ですが、当時は他には無い設定のRPGでしたので十分に楽しめました。

 

 

ドラゴンクエスト4 導かれし者たち

 

ドラゴンクエスト4 ファミコン

前作でロトシリーズが完結し、次回作はどんなのが始まるか全国のドラクエファンが楽しみにしていた今作品。

新しく始まった、天空シリーズの第一弾でもあります。

 

 

下手をすれば一気にドラクエ離れが進むかもしれませんでしたが、従来のファンを繋ぎ留めておくだけでなく、新たなファン獲得にも十分貢献したであろう名作
ドラクエ4。

 

ドラゴンクエスト4 fc 画像

個性的なキャラクターも豊富で、色々とネタにされやすく未だにファンが多い作品でもありますね。

 

1章から5章までシナリオが分かれており、各章の主人公が5章で勇者の元に集い、ボスを倒すシナリオに当時は大興奮でした。

さすが堀井さんです!

 

ドラクエ4 ファミコン

また、仲間が自分で考えて独自の判断で戦闘する「Ai機能」も話題でしたね。

ちなみに、この頃はまだ作戦に「めいれいさせろ」が無かったので、全てAI任せでしたね。

ボスにひたすらザラキばかりかけるクリフトに、イライラした方も多かったことでしょう。

 

当時のAIは、まだまだアホでしたw

 

仲間も皆それぞれ個性があって好きでしたが、その中でも私は特にアリーナとマーニャが大好きで、常に戦闘に参加していましたね~(*’ω’*)

 

逆に、ブライとトルネコは、ほとんど場車内で待機しており、全滅した時だけ
慌てて馬車から飛び降りますが、そのまま一緒に全滅することが多かったですw

 

ドラクエ4 ファミコン版

個人的なキャラ評価(好き嫌い含む)は、

勇者、アリーナ、マーニャ>ライアン>ミネア、クリフト>>ドラン>ブライ>>>トルネコ

ですね。

 

とにかく、アリーナとマーニャは好きすぎて、どこに行くのにも必ず連れていっておりました( *´艸`)

 

 

ファイナルファンタジー3

 

ファイナルファンタジー3 ファミコン

今でも根強いファンが多い作品、FF3。

敵やダンジョンに合わせてジョブを変えるジョブチェンジシステムや、派手な全体魔法攻撃の召喚魔法が出てきたのは今作品からです。

 

ファイナルファンタジー3 ファミコン画像

とにかく、状況に合わせてジョブを変えるジョブチェンジシステムには当時大興奮でした。

あんだけ苦労したガルーダも、全員竜騎士になれば難なく倒せますし、ジョブの力はとても重要でしたね~。

 

また、最終的に育てれば玉ねぎ剣士が一番強いなどのやり込み要素も多く、アイテム増殖などのバグ技もあったので、クリアした後もしばらくやり続けた作品。

 

ff3 ファミコン

しかし、ラストダンジョンの長さはいくら何でもやりすぎですよね^^;

 

ラストダンジョンについた頃はレベル30くらい、そこから数時間かけてようやくラスボスに到達する頃は、レベルも40ぐらいに上がっていましたが、そのままラスボスにやられて、またレベル30からやり直し・・・・

 

こんな辛い経験をした方は、きっと私だけじゃないはず。。。

 

 

ラグランジュポイント

 

ラグランジュポイント ファミコン

ファミコン後期の1991年4月26日にコナミから発売されたSF風RPG。

 

家庭用ゲーム機のシェアは、既にスーファミ時代に突入していた為、この時期ファミコンのRPGを始める人は少なかったと思いますが、これがかなり良くできたRPG。

 

スーファミ初期のグラフィックだけの、へたなRPGよりもよっぽど楽しめます。

 

仲間を色々変更できたり、武器の合成なども当時としては珍しかったですね。

ラグランジュポイント 画像

せめてあと1年早く発売していたら、今頃名作RPGとして語り継がれていたかもしれず、この後も、もしかしたら続編が出ていたかもしれない残念なRPGでした。

 

 

メタルマックス

 

メタルマックス ファミコン

こちらもファミコン後期に発売されたデータイーストの名作RPG。

 

荒廃した近未来画舞台で、剣と魔法ではなく、重火器と戦車で戦うちょっと珍しいRPG。

 

龍退治にはもう飽きた!というキャチコピーからも分かるように、従来のファンタジーRPGとは世界観がだいぶ違います。

メタルマックス ファミコン画像

また、賞金稼ぎを狙ったり、戦車も好きなように改造したりと、自由度がとても高いことも、このRPGの特徴ですね。

 

後に、スーファミでメタルマックス2が出ますが、こちらも当時は人気でした。

 

 

 

スポンサーリンク



-ファミコン
-, ,

Copyright© レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.