ファミコンやメガドライブ、スーファミなどで、個人的に思い入れの強いレトロゲームやゲーム美少女キャラの紹介をしております。(たまに最近のゲームについても紹介しています。)ゲーム好きの方は是非見ていってくださいね。

レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ

アーケード

アーケード名作シューティングゲームについて

更新日:

80年代後半から90年代にかけて個人的にゲーセンでハマったおすすめシューティングゲームの紹介をしております。

 

その頃はよくゲーセンに通っていた

アーケードの名作シューティングが知りたい

シューティングゲームが大好き

 

という方は、是非暇つぶしにでも見ていって下さい。

 

スポンサーリンク

 

エリア88

 

エリア88 アーケード

人気アニメのシューティングゲーム。

アニメ原作のゲームはろくなものがありませんが、今作品はカプコンだけにとても良くできております。

 

私も、アニメはあまり詳しくはありませんが、それでもこのゲームはゲーセンでよく遊んでいました。

エリア88 シューティング

お金を稼いで状況に応じて強力な対地爆弾などを装備してなど、他のシューティングゲームとは、また一味違った面白さがあります。

 

しかし、タマが避けにくく、敵の攻撃も激しいので、個人的にはかなり難易度が高く感じた思い出があります。

 

何度やっても2~3面でゲームオーバーになっていました;;

 

エリア88はスーファミにも移植されており、アーケード版とは違う点もありますが、概ね良移植でした。

 

 

雷電

 

雷電 アーケード

言わずと知れた東亜プランの名作シューティングゲーム。

シューティング好きの方は、一度は遊んだことがあるでしょう。

 

東亜プランのシューティングゲームは名作が多いですが、その中でもこの雷電は特に人気が高いですね。

 

広範囲のバルカン

一転集中で貫通力のあるレーザー

ミサイル、誘導ミサイル、ボムなど、縦シューティングゲームとしては、まさにお手本のような作品です。

雷電 シューティング

 

後にスーファミ、PCエンジン、プレステなど、多くの家庭用ゲーム機でも移植されておりますが、プレステ版以外は微妙な出来でしたね。

 

スポンサーリンク

 

出たなツインビー

 

出たなツインビー 画像

コナミの人気縦シューティングゲーム。

 

ベルのパワーアップが難しく、いつもベルの色に気を取られているうちにやられていましたが、今作はパワーアップもしやすく、従来のツインビーよりもかなり遊びやすくなっています。

 

ショットの種類も増え、分身のタイプも色々選べるのも面白かったですね。

出たなツインビー アーケード

ポップで可愛らしい雰囲気から簡単そうに見えますが、中身は結構難易度が高い、骨太シューティングゲームです。

 

 

達人王

 

達人王 画像

前作の達人が更にパワーアップした東亜プランの名作高難易度縦シューティングゲーム「達人王」。

海外版は「TRUXTON II

 

メインは、ナパーム、ホーミングレーザー、ワイドから選べますが、やはりナパームは一番使いやすかったですね。

 

達人王 シューティング

その名の通り、最初から弾幕も多く難易度が非常に高いですが、慣れてくるとサクサク進めるようになり、自分が上手くなったようで気持ちが良いです。

 

操作性、爽快感も抜群で、この時期の縦シューティングとしては、個人的には最もよく遊んだゲームでした。

 

 

RタイプLEO

 

大人気のRタイプシリーズが一新された作品。

従来のフォースではなく、ビットと呼ばれる武装がついており、これを敵に向かって飛ばして攻撃するのが今作の最も大きな特徴です。

 

また、メインショットも3種類あるので、状況に応じて色々使い分けるのも面白いです。

 

これまでのRタイプとはちょっと違うので、好みは分かれるかもしれませんが、やればハマる良横シューティングゲームです。

 

 

海底大戦争

 

海底大戦争 画像

当時としては圧倒的なグラフィックの横シューティングゲーム。

 

潜水艦を操り、水中で戦闘する珍しいシューティングゲームですが、今作品の最も素晴らしい点は、やはりグラフィックの素晴らしさ。

 

海底大戦争 シューティング

水や氷の表現も素晴らしく、リアルな海中戦闘が楽しめます。

 

しかし、アイレムの横シューティングゲームだけに、難易度はかなり高く1面から既に海中からも上空からもバンバン激しい攻撃にさらされます。

 

こちらも、せいぜい進めて2面まででした。。。

 

 

極上パロディウス

 

極上パロディウス 画像

個人的にパロディウスシリーズで最もよく遊んだのが今作品。

 

ポップで可愛らしい雰囲気のパロディウスですが、中身は本編をしのぐほどの高難易度シューティングゲーム。

 

しかし、極上パロディウスは、従来のシリーズよりもちょっとマイルドになったような印象があります。

 

極上パロディウス アーケード

もちろん、初見殺しの個所はいくつかありますが、何度かやればそれなりに進めるようになりますね。

 

マックスまでパワーアップしてからやられると、一気にやる気が無くなるのも今シリーズの特徴ですよね。

 

ゼロからのスタートではなく、せめてオプション1個くらいでも残っていれば助かるんですが・・・^^;

 

 

 

ダライアス外伝

 

ダライアス外伝 シューティング

タイトーの人気横シューティングゲーム。

 

横シューティングゲームと言えば、グラディウス、R-タイプと並ぶ名作シリーズの「ダライアス」。

 

個性的な海洋生物の敵キャラ、クリアごとに選べるステージなどが特徴です。

 

ダライアス外伝 画像

また、上記グラディウスやパロディウスシリーズと違って、やられてもパワーアップが数段階下がる程度などのも良かったですね。

 

BGMが良いことでも有名なダライアスシリーズですが、その中でも今作はゲームBGMにしておくのはもったいないくらい音楽が素晴らしいです。

 

 

怒首領蜂(ドドンパチ)

 

怒首領蜂 画像

90年代後半のシューティングゲームでは最も遊んだゲーム。

 

ショットボタン連射は広範囲の敵を攻撃するのに有効で、長押しの極太レーザーはボス戦に有効など、状況に合わせてショットを使い分けるのが今作品の大きな特徴。

 

特に連続で敵を倒すコンボや、極太レーザーで一掃する爽快感はたまりません(*’ω’*)

怒首領蜂 シューティング

弾幕が多く難しそうにも見えますが、これが意外とサクサク避けられるので、見た目以上に遊びやすいゲーム。

 

シューティングゲームが苦手な人でも、十分に楽しめるはず。

 

ぐわんげ

 

ぐわんげ 画像

個人的には、ゲーセンで最後にハマった縦シューティング。

こちらもショットの連射と長押しで攻撃方法が変わり、長押しで式神を召喚して敵を一掃するのは他では中々見られない仕様です。

 

自機は飛んでいるわけではなく歩いて移動しているため、移動範囲は制限されますし、通常ショットも壁や高い場所には届きません。

そんな箇所には、式神を飛ばして遠距離攻撃を行います。

 

ぐわんげ シューティング

この式神の操作が慣れるまではちょっと分かりにくいかもしれませんが、使い方を理解していくると、どんどん楽しくなってきますね。

 

ちょっとグロい妖怪や虫なども登場しますが、縦シューティングとしては
かなり良くできた今でも評価の高い作品。

 

 

>>アーケード名作シューティング動画はこちらから(YouTubeに飛びます)

 

 

お薦め関連記事

 

当時ハマった!アーケード名作アクションゲームの紹介

 

当時ハマった!アーケード対戦格闘ゲームの紹介

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



-アーケード
-

Copyright© レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.