ファミコンやメガドライブ、スーファミなどで、個人的に思い入れの強いレトロゲームやゲーム美少女キャラの紹介をしております。(たまに最近のゲームについても紹介しています。)ゲーム好きの方は是非見ていってくださいね。

レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ

アーケード スーパーファミコン セガ

【ファイナルファイト】アーケード、メガCD版、スーファミ、GBAの違い

投稿日:

 

 

ベルトスクロールアクションゲームと言うと、くにおくんやダブルドラゴン、ゴールデンアックスを思い浮かべる方も多いでしょうが、個人的には、カプコンのファイナルファイトのイメージが強いです。

 

 

当時はゲーセンでも大人気で、ストⅡブームが来る前までは、ファイナルファイトがゲーセンでも大盛況でしたね。

 

ファイナルファイトは、ゲーセンで初めてハマったゲームなので、特に思い入れも強く、これがきっかけでゲーセンに通うようになりました。

 

これがやりたいがためにスーファミを購入したのも良い思い出です。

 

ファイナルファイトは、その人気の高さ故、多くのゲーム機に移植されていますが、それぞれ特徴があり、アーケード版と比べるとちょっと変更になった点やカットされている部分も多いです。

 

 

ここではファイナルファイトの家庭用ゲーム機での移植について紹介していきますので、ファイナルファイトが好きな方、今から始めるならどれがお薦め?

 

という方は、是非参考にしてください。

 

 

ファイナルファイト家庭用移植ゲーム

 

 

スーファミ版 ファイナルファイト

 

 

1990年12/21発売

 

大人気だったファイナルファイトがスーファミに移植されるという事で、当時ゲーセンに通っていた多くの子がスーファミに食いついたことでしょう。

 

しかし、当時はアーケードゲームと家庭用ゲームには、圧倒的な性能の差があり、そのまま移植することは難しかった時代。

 

容量を抑えるためには、ある程度はカットしなくてはなりません。

 

その為、スーファミ版では、

  • ガイが使用できない
  • 一人プレイ専用
  • 4面まるまるカット

他にも色々省略されている箇所がありますが、目立つのは主にこの3つ。

 

特に人気キャラのガイが使用できないことには、多くの子供たちが不満を抱いていましたね。

 

しかし、何かと不満の多かったスーファミ版のファイナルファイトですが、操作は快適でサクサク動きます。

 

ファイナルファイトの面白さもは十分に味わえるので、初めてファイナルファイトを遊ぶ方でもこれなら楽しめたはずでしょう。

 

むしろ、今となってはスーファミで良くここまで移植できたな~とも思います。

 

 

スーファミ版 ファイナルファイト ガイ

 

 

1992年3月20日 発売

 

上記のファイナルファイトで、ガイが使用できないことへの不満やクレームがよほど多かったのか、その約2年後にファイナルファイト ガイが発売されます。

 

タイトル通り、ガイが使用できるようになっていますが、代わりにコーディーがいなくなっており、3人全員使用できるわけではありませんし、二人同時プレイできるわけでもなく、4面が追加しているわけでもありません。

 

エンディングも、特にジェシカからお礼を言われることも無く、そのまま帰宅するガイが少し可哀そうですね・・・。

 

 

 

メガCD移植版 ファイナルファイトCD

 

1993年4月2日

 

ファイナルファイトの家庭用移植ゲームとしては、当時、最もアーケードに近かった作品。

 

キャラクターは3人選べますし、二人同時プレイ可能、4面の工業地帯、ロレントも追加しています。

 

更に、音声追加、BGMも変更、タイムアタックモードなど、意欲的に色々追加されていますが、肝心のゲーム自体が劣化しています。

 

まず感じるのが、キャラクターのパンチの遅さ

 

アンドレの突進もパンチで止めることはできませんし、パンチの途中で割り込まれて相手の反撃を喰らうこともよくあります。

 

雑魚敵でも油断ができず、難易度がかなり上がっていますね。

 

コーディーやガイはパンチの遅さが特に気になるせいか、メガCDに関してはハガーが一番人気でしたね。

 

全体的にモッサリとした動きで、操作に関してはスーファミ以下。

 

あと、色の制限のせいか、全体的にみんな顔色が悪いです・・・。

 

しかし、これが良いという人もいますので、評価に関しては賛否が分かれるところ。

 

 

 

ゲームボーイアドバンス版 ファイナルファイトONE

 

 

2001年5月25日発売

 

ゲームボーイアドバンスでファイナルファイトが出ていたことを知っている方は少ないでしょう。

 

携帯機ですが、ファイナルファイトの楽しさを十分に味わうことができます。

 

もちろん、キャラクターは3人しっかり選べます。

更に、スーファミではカットされていた、エリア間の移動やジェシカがさらわれるシーン

 

ステージ4、ロレントともしっかり戦えますし、ボスとの掛け合いも新たに加わっています。

 

そして、今作の最も大きな特徴が、ストリートファイターZERO3版のコーディーとガイが使用できること。

 

 

その為、これまで散々ファイナルファイトを遊びつくしてきた方にもお薦めの作品。

しかし、携帯機なので、音はあまりよくありません。

 

 

カプコンベルトアクションコレクション

 

2018年9月20日(ダウンロード版)

2018年12月6日(パッケージ版)

 

PlayStation 4、Nintendo Switch、Xbox などで、往年のカプコンの名作ベルトアクションがまとまったカプコンベルトアクションコレクションにファイナルファイトも入っています。

 

このファイナルファイトは、アーケード版をそのまま移植していますので、当時ゲーセンでよく遊んでいたという方にはお薦めです。

 

 

しかも、オンラインで知らない人とも緒に遊ぶことができるのも嬉しいですね。

 

敵の数も多く、難易度も高いですが、今からファイナルファイトをやるなら、このカプコンベルトアクションコレクションが最もお薦めです。

 

ファイナルファイト好きの方は、是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク



-アーケード, スーパーファミコン, セガ
-

Copyright© レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.