ファミコンやメガドライブ、スーファミなどで、個人的に思い入れの強いレトロゲームやゲーム美少女キャラの紹介をしております。(たまに最近のゲームについても紹介しています。)ゲーム好きの方は是非見ていってくださいね。

レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ

PCエンジン スーパーファミコン

HUMANファイヤープロレスリングの歴史(PCエンジン、スーファミ、メガドライブ編)

更新日:

 

全国のプロレスファン、ファイプロファンの方お待たせしました!

 

知る人ぞ知る、ヒューマンの名作プロレスゲーム「ファイヤープロレスリング(通称ファイプロ)」について紹介していきます!

 

 

今回は、PCエンジン、スーファミ、メガドライブで発売された作品についてお伝えしていますので、ファイプロ好きの方、プロレス好きの方は是非見ていって下さい。

 

 

ヒューマン ファイプロ特集

 

 

 

ファイヤープロレスリング コンビネーションタッグ

 

1989/6/22

PCエンジン

 

 

後にプロレスゲームの金字塔と呼ばれるファイプロシリーズの記念すべき第一作目。

ボタンのタイミング、斜めから見たアングルなどは当時としては画期的。

 

隠しレスラーも登場し、ファイプロの基本システムは、この頃から既に完成されています。

 

選手や技の数は、当時のプロレスゲームの中でも圧倒的な数でした。

 

 

 

ファイヤープロレスリング2nd BOUT

 

1991/8/30

PCエンジン

 

ファイプロシリーズの2作目で、今回からタッグパートナーも自由に選択可能。

その他にも、ランバージャックマッチも新たに加わっています。

 

また、隠しレスラーも増えているのもファンには嬉しいところ。

 

 

 

 

スーパーファイヤープロレスリング

 

 

1991/12/20

スーファミ

 

ファイプロシリーズスーファミ版の第一弾。

PCエンジン版よりもグラフィックは向上し、ここからファイプロにハマった方も多いはず。

 

今回からリーグ戦、Gサイズレスラーなどが追加されています。

 

名物チュートリアル若元一徹道場もあり、ここで練習をすると、初めての方でもタイミングを覚えやすいのでおすすめ。

 

 

 

 

サンダープロレスリング列伝

 

1992/3/27

メガドライブ

 

ファイプロシリーズ唯一のメガドライブ作品で、シリーズの番外編的内容。

基本的な設定は同じですが、レスラーの名前などは一新されています。

 

ダッシュダウン攻撃や、ゲージを溜めて大技を出すなど、シリーズの中でもちょっと異色の作品。

 

しかし、これ以降、このシステムが継承されることはなかったので、やはり評判はイマイチだったようですね。

 

 

 

 

ファイヤープロレスリング3 Legend Bout

 

1992/11/13

PCエンジン

 

PCエンジン版ファイプロ3作目。

 

基本的なシステムは前作を踏襲しつつ、選手数が一気に増えています。

 

全日、新日、海外選手の他にも、往年のレジェンドレスラーも登場。

上下それぞれに個別のダウン攻撃やエディットモードもここから。

 

 

 

 

スーパーファイヤープロレスリング2

 

1992/12/25

スーファミ

 

スーファミ版のファイプロ第二弾で、前作よりも選手数が増加。

更に、マルチタップ使用で最大4人で遊ぶことができます。

 

梶原丈のサブミッションクリティカルが追加されたのもここから。

 

 

 

スーパーファイヤープロレスリング3 Final Bout

 

1993/12/29

スーファミ

 

スーファミ第三弾で、ファイプロシリーズでも大ヒットとなった作品。

今作の大きな特徴は、選手の数が倍以上に増えたのと、エディットレスラー、バトルロイヤルが追加されたこと。

 

4人同時のバトルロイヤルは特に白熱します。

 

ハンセンのウエスタンラリアットがリアルになったのもこの作品から。

 

特に、U系レスラーが充実しており、前田日明の最強っぷりなどからも、製作者はU系が好きなんだろうな~と当時から思っていました。

 

ちなみに私は、ヘビーは全日、ジュニアは新日が好きだったので、ハンセンやライガーを使用することが多かったです。

 

 

 

 

ファイプロ女子ALL STAR DREAMSLAM

 

1994/12/22

スーファミ

 

ファイプロシリーズ初の女子プロレス版。

全女公認ソフトなので、全女の選手のみ実名で登場します。

 

技を出すタイミングが、腰を落とした瞬間から、組み合った瞬間に変更されています。

 

 

 

 

スーパーファイヤープロレスリングSPECIAL

 

1994/12/22

スーファミ

 

今回の特徴は、ストーリーモードが追加されたこと。

1人のレスラーとして、チャンピオンに駆け上がるまでを追うことができます。

 

その他にも、打撃、投げ技のKOなども追加されています。

また、雪崩式、ミサイルキック、対角線攻撃なども追加され、プロレスファンも
納得の出来。

 

大勢でワイワイ遊べて、1人でもじっくり楽しめる作品となっています。

 

 

 

 

ファイプロ女子 憧夢超女大戦 全女vsJWP

 

1995/2/3

PCエンジンCD-ROM2

 

当時の女子プロ人気団体、全女とJWPの抗争を描いた作品。

全女、JWPの選手は実名で登場します。

 

オープニングに実写映像、選手の声が収録されていますが、基本的にはそれまでのシリーズと同様。

 

 

 

 

スーパーファイヤープロレスリング クイーンズスペシャル

 

1995/6/30

スーファミ

 

こちらは全女選手のみ実名で登場。

 

前作から、選手、技、グラフィックも大幅に変更になっているスーファミファイプロ女子の2作目。

 

雪崩式も追加されており、女子プロファンにもお薦め。

 

選手の技もよりリアルになり、アジャコングの裏拳などは破壊力抜群でした!

 

 

 

 

スーパーファイヤープロレスリングX

 

1995/12/22

スーファミ

 

 

グラフィック、技を出すタイミングなどが一新されたスーファミ最後の作品。

 

10作目という意味と、これで最後という意味でXが使用されたと言われています。

 

 

選手の体型や動き、技などもリアルになり、その完成度は、我々プロレスファンも舌を巻くマニアックぶり。

 

製作者のプロレス愛が伝わる作品です。

シリーズの完成系といっても過言ではない名作。

 

 

 

HUMANファイヤープロレスリングの歴史動画はこちらから(YouTubeに飛びます)

▼ ▼ ▼ ▼

HUMANファイヤープロレスリングの歴史

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



-PCエンジン, スーパーファミコン
-,

Copyright© レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.