ファミコンやメガドライブ、スーファミなどで、個人的に思い入れの強いレトロゲームやゲーム美少女キャラの紹介をしております。(たまに最近のゲームについても紹介しています。)ゲーム好きの方は是非見ていってくださいね。

レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ

PCエンジン

PCエンジンCD-ROM2 RPG特集1(1989~1991)

更新日:

 

 

ここでは、PCエンジンCD-ROMROMで1989~1991年に発売されたRPGについて紹介しております。

 

PCエンジンCD-ROMROMの初期に発売されたRPGに興味のある方、名作RPGをお探しの方は是非見ていって下さい。

 

 

PCエンジンCD-ROMROM RPG特集1

 

 

 

天外魔境 ZIRIA

 

1989/6/30

 

ハドソン

 

後に大人気シリーズとなる天外魔境の1作目にして、家庭用CD-ROMの初RPG作品。

アニメの様に喋る、動く演出に心を躍らせた方も多かったでしょう。

 

オーソドックスなテキストRPGで、シナリオもキャラも際立っていますが、エンカウントが多い、ダンジョンが長いなど、内容は昔ながらの高難易度RPG。

 

ゲーム自体は面白いのですが、ロード時間が長いなど、CDの問題点も浮き彫りになった作品でもあります。

 

 

 

イースⅠ・Ⅱ

 

1989/12/21

ハドソン

 

日本ファルコムのパソコン名作RPG「イース」のⅠとⅡとアレンジ移植作品。

ⅠとⅡを通してプレイできるようになっています。

 

単なる移植ではなく、秀逸なアレンジもされており、シリーズの中でもトップクラスの完成度。

 

 

CD音源による高音質サウンド、豪華声優陣で、今でも高い評価を得ている名作。

 

今やっても十分に楽しめるのですが、既に亡くなられた声優さんも多く、少し寂しさも感じますね。

 

 

 

コズミックファンタジー冒険少年ユウ

 

1990/3/30

日本テレネット

 

 

漫画やOVAにもなっているメディアミックス作品の元祖。

迫力のあるカットインアニメーションも多いですが、読み込みが長い、読み込みエラーがあるなど問題点もあります。

 

この辺りがCD-ROMの今後の課題とも言えましたね。

 

西村知美氏が歌うオープニングも、今となってはとても貴重。

 

 

 

 

デスブリンガー THE KNIGHT OF DARKNES

 

1990/4/27

日本テレネット

 

パソコン用3DダンジョンRPGの移植作品。

敵との戦闘のみトップビューのタクティカルバトルとなっています。

フィールドだけでなく、街中の移動も3Dマップなので、3Dマップが苦手な人には全くお薦めはできません。

 

好き嫌いはハッキリ分かれる作品でもあります。

 

 

ソル・ビアンカ

 

1990/6/29

メサイヤ

 

5人の女の子パーティーが主人公のOVAと同時期に発売されたメディアミックス作品。

レベル制と5種類のスキルを併用した成長システムが特徴。

 

ゲームシステムはオーソドックスなコマンド選択式RPGですが、オート戦闘などもありサクサク進めます。

 

 

 

ラスト・ハルマゲドン

 

1990/8/31

ブレイン・グレイ

 

パソコンからの移植RPGで、人類が滅亡した後の世界を描いています。

悪魔VS宇宙人というのも当時としては珍しい設定でした。

 

暗く重たい設定ですが、ファンも多く評価も高かった作品。

 

 

 

イースⅢ ワンダーラーズフロムイース

 

1991/3/22

ハドソン

 

トップビューから横アクションに変わったイース3作目。

スーファミなどにも移植されている作品ですが、CD-ROM2版はキャラが喋るのが嬉しいですね。

 

 

BGMは素晴らしいですが、イースファンの間でも評価が分かれる作品。

 

 

 

魔晶伝記ラ・ヴァルー

 

1991/3/22

工画堂スタジオ

 

パソコン用から移植されたオーソドックスなテキストタイプRPG

シナリオにレベルの上限があるため、レベルをしっかり上げて進めないのが辛いところ。

 

昔ながらの、高い難易度を誇るRPGといった印象。

 

 

 

エグザイル 時の狭間へ

 

1991/3/29

日本テレネット

 

パソコン用アクションRPGの移植作品で、1作目ではなく2作目が移植されています。

また、シナリオも諸事情により色々変更されています。

 

CD-ROM2版は、キャラが喋るのが特徴。

良アクションゲームですが、今となっては倫理的に問題がありそうで、リメイクが難しそうな作品です。

 

 

 

 

コズミックファンタジー2 冒険少年バン

 

1991/4/5

日本テレネット

 

コズミックファンタジーシリーズの2作目。

前作同様、オーソドックスなRPGで、分かりやすく誰でもすんなり入り込めます。

 

前作の主人公が登場するなど、ストーリーの評価も高かった作品。

 

 

 

魔笛伝説アストラリウス

 

1991/6/21

I・G・S

 

音楽をテーマにしたテキスト選択タイプのトップビューRPG。

見習い楽士が、ある楽譜を演奏したことから、異世界に飛ばされてしまいます。

 

新しい試みで、従来のRPGから脱却しようという意志は感じられますが、エンカウントは高く、戦闘のテンポも悪いなど、残念ながら世間の評価は低かった作品。

 

 

 

ブライ 八玉の勇士伝説

 

1991/8/9

リバーヒルソフト

 

パソコン用RPGの移植した作品で、MSXやスーパーファミコンにも移植されている作品。

 

移動中でも能力が上がるのは、当時としても珍しいく、意欲的な設定。

 

 

特にCD-ROM2版は、シナリオを新しく再構成したり、ビジュアルシーン追加、有名声優のアフレコなどで、評価は高かったです。

 

 

 

聖龍伝説モンビット

 

1991/8/30

ハドソン

 

可愛らしいキャラクターのPCエンジンオリジナルRPG。

 

ドラゴンの子供を育てていくのが本作の大きな特徴です。

 

登場するキャラクターも全体的に皆可愛く、割とライトなRPGにも見えますが、しかし、可愛らしい見た目や世界観とは異なり、敵とのエンカウントは高い、出現する敵の数も多い、シナリオは長いなど、クリアには根気が必要な作品。

 

 

 

 

天使の詩

 

1991/10/25

日本テレネット

 

PCエンジンのオリジナルRPG。

婚約者が魔物にさらわれたことで、主人公の数奇な運命が始まります。

パッケージの微妙なイラストから、微妙なゲームの印象も受けますが、これが中々の良作品で意外と侮れません。

 

特にシナリオはユーザーからの評価も高く、プレイすると優しい気持ちになれると噂の作品。

 

 

 

 

ドラゴンスレイヤー 英雄伝説

 

1991/10/25

ハドソン

 

パソコンから移植された、ドラゴンスレイヤーシリーズ第6作目。

全6章からなるストーリー、ドラマチックな展開は飽きずに楽しめます。

 

RPGとしてはオーソドックスなシステムですが、シナリオには定評があります。

BGMの評価も高く、ユーザーからの支持も高かった名作。

 

 

 

エフェラ&ジリオラ ジ・エンブレム フロム ダークネス

 

1991/12/13

ブレイングレイ

 

 

ファンタジー小説が原作のアクションRPG。

二人の女戦士、エフェラかジリオラをどちらかを選びゲームを進めていきます。

 

 

また、アクションRPGとしては珍しく、二人用モードもあるので二人で楽しむこともできます。

 

 

 

PCエンジンCD-ROM2 RPG特集1の動画はこちらからどうぞ(YouTubeに飛びます)

▼ ▼ ▼ ▼

PCエンジンCD-ROM2 RPG特集1(1989~1991)

 

 

 

 

スポンサーリンク



-PCエンジン
-,

Copyright© レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.