ファミコンやメガドライブ、スーファミなどで、個人的に思い入れの強いレトロゲームやゲーム美少女キャラの紹介をしております。(たまに最近のゲームについても紹介しています。)ゲーム好きの方は是非見ていってくださいね。

レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ

PCエンジン

PCエンジンCD-ROM2RPG特集その2

投稿日:

PCエンジンCD-ROM2のRPG特集その2です。

 

今回は1992年に発売されたRPGソフトについてご紹介しております。

 

 

PCエンジンCD-ROM2の名作RPGゲーム、おすすめRPGソフトをお探しの方、PCエンジンCD-ROMROmのRPGカタログを見たい方は、是非参考にしてください。

 

 

 

PCエンジンCD-ROM2 RPGカタログその2

 

マイトアンドマジック

 

1992/1/24 NECアベニュー

 

世界的にも有名な3DダンジョンRPGのCD-ROM2版。

 

オリジナルとは少し異なり、パーティーは固定で、独自のシナリオとなっています。

 

本家と比べると難易度も低く、初めての方でも遊びやすい作品。

 

 

 

天外魔境Ⅱ 卍MARU

 

1992/3/26 ハドソン

 

ハドソンの名作RPG、天外魔境の2作目でシリーズの中でも特に人気の高かった作品。

PC-エンジンCD-ROM2のRPGと聞いて、真っ先に本作を思い浮かべる方も多いでしょう。

 

 

前作で問題だったロード時間の長さ、フリーズなどのシステム面のトラブルも、スーパーCD-ROM2になってからは、だいぶ解消されています。

 

ドラクエタイプの分かりやすい設定なので、初めての方でも馴染みやすいのも良かったですね。

 

はまぐり姫の生まれたままの姿に興奮し、お絹の本当の姿にビビった子も多かったでしょう。

 

次々と発生するイベント、迫力のあるアニメーションなど、完成度はとても高く、まさにPCエンジン スーパーCD-ROM2を代表するRPGといえます。

 

 

 

バベル

 

1992/3/27 日本テレネット

 

スーパーCD-ROM2オリジナルRPGで、メーカー自ら問題作と記載している作品。

 

当時のゲーム雑誌などからも酷評されており、好みは分かれるところ。

 

RPGとしてはクセが強いですが、シナリオやアニメシーンは、一部からの評価は高いです。

 

普通のRPGに飽きた方、賛否両論あるチョット変わったRPGがやりたい方にはピッタリかもしれませんね。

 

 

 

ロードス島戦記

 

1992/7/17 ハドソン

 

様々なメディアで愛され続けている大人気ファンタジーのRPGで、パソコン版をPCエンジンCD-ROM2版にアレンジ移植した作品。

 

昔のRPGらしく敵とのエンカウントも多いですが、戦闘はサクサク進むのでテンポはよく快適にゲームを進行させられます。

 

難易度はそれほど高くない印象。

OVAと同じ声優さんなのもファンには嬉しいとこ。

 

 

 

 

ソーサリアン

 

1992/7/17 ビクター音楽産業

 

日本ファルコムのパソコン用RPGのPCエンジン スーパーCD-ROM2移植作品。

シナリオは全部で10本あり、世代交代をしながら気長に攻略していきます。

 

PCエンジン版にはムービーも収録されており、より世界観が伝わりやすくファンの間でも好評。

ソーサリアンの移植ゲームの中でも、CD-ROM2版は特に人気が高かったです。

 

 

 

ドラゴンナイトⅡ

 

1992/8/7 NECアベニュー

 

 

18禁PCゲームの雄、エルフのダンジョンRPGの移植作品。

 

本家PC版には、女の子のモンスターを倒すと衣服が破れる、封印を解くと全裸になるなどのサービスシーンがあり、TKBまでしっかり拝めますが、さすがにCD-ROM2版にはそこまでの過激な表現はありません。

 

しかし、際どい所までは見えるので、ムッツリ男子はこぞってプレイしていました。

むしろ中~高生にはこれくらいのほうが良かったですね。

 

 

 

PCエンジン版にはオートマッピング機能も追加され、3Dダンジョンが苦手な人でも遊びやすくなっています。

 

ゲームとしての完成度も高く、エロ要素が軽減されたとしても十分楽しめる作品。

 

 

むしろ、エロ目的の方でも、

「ゲーム自体が面白いんだ!」

と安心して言い訳できる微エロゲームでした( *´艸`)

 

 

 

 

ファージアスの邪皇帝 NEO METAL FANTAZY

 

1992/8/29 ヒューマン

 

 

マル勝PCエンジンというゲーム雑誌に掲載されていた読者参加型ゲームをRPG化した作品。

コマンド入力式のオーソドックスな内容で、その分、誰でも馴染みやすくなっています。

 

シンプルなRPGで、これといった目新しさは無いかもしれませんが、丁寧に作り込まれた作品。

 

 

 

ダンジョン・マスター セロンズ・クエスト

 

 

1992/9/18 ビクター音楽産業

 

パソコンや家庭用ゲーム機などで、世界的に大ヒットしたシリーズの外伝的作品。

慣れるまではやりにくく感じることもありますが、一度ハマれば病みつきになります。

 

ただ探索して、戦うだけの従来の3DダンジョンRPGと違い、謎解き要素もあるのが今作の特徴。

これまで色々3DダンジョンRPGをクリアしてきた猛者にもやり応えのあるゲーム。

 

 

 

エグザイルⅡ邪念の事象

 

1992/9/22 日本テレネット

 

前年に発売された一作目の続編で、シナリオはPCエンジン版のオリジナル。

 

 

システムや操作方法などは前作と同じです。

キャラボイスがあるのも、PCエンジンの特典。

 

 

 

ウィザードリィⅤ

 

 

1992/9/25 ナグザッド

 

大人気3DダンジョンRPG「Wiz」シリーズの5作目。

この次のシリーズから、大幅にシステムが一新されるので、旧来のウィザードリィシリーズ最後の作品とも言えます。

 

キャラクターの制作、職業なども細かく設定できるのでキャラにも愛着が沸きますね。

 

但し、全編通してすべて3Dダンジョンの為、3Dダンジョンが苦手な人にとっては苦痛でしかありません。

好き嫌いはハッキリ分かれる作品でもあります。

 

 

 

コズミックファンタジー3 冒険少年レイ

 

 

1992/9/25 日本テレネット

 

コズミックファンタジーシリーズの3作目で、基本的には、1と2を遊んできた方向けのゲーム。

 

アニメシーンなどのビジュアル面は好評ですが、それ以外には特に目立った所が無く、肝心のゲーム画面、システムは一昔前のRPGという印象が否めません。

 

RPGとしては賛否が分かれる作品。

 

 

 

ブライⅡ

 

 

1992/12/18 リバーヒルソフト

 

PC用RPG、BURAI 下巻 完結編のPCエンジン移植版。

PCエンジン用にアレンジされており、ビジュアルシーンや声優さんの会話シーンなどが特徴。

メッセージウィンドウを排除した戦闘シーンで、見た目にも分かりやすくスッキリ。

 

 

PCエンジン版は、PCと比べると難易度も抑えられています。

 

キャラが何となく聖闘士星矢に似ているな~って思っていたら、アニメ版の聖闘士星矢のキャラデザイナーと同じだったと、だいぶ後になってから知りました。

 

 

 

ドラゴンスレイヤー 英雄伝説Ⅱ

 

1992/12/23 ハドソン

 

人気のドラゴンスレイヤーシリーズの2作目で、前作主人公の息子が今作の主役。

オーソドックスなコマンド選択式RPGで、フィールド上に敵が見えているのも特徴的。

 

 

様々なゲームに移植されている本作ですが、スーパーCDROM2版には音声がつくなどのアレンジがされています。

 

 

 

サークⅠ・Ⅱ

 

 

1992/12/25 日本テレネット

 

マイクロキャビンのPC用RPG、サーク1と2が一つにまとまった作品。

 

ゲームの難易度も高く、主人公は生まれつき虚弱なのか、鍛え方が甘いのか、鎧が紙なのか、とにかく死にやすいです。

 

イース感覚で敵に体当たりして、アッサリお亡くなりになることもしばしば( ノД`)シクシク…

 

 

PC版そのままの移植ではなく、かなりアレンジして移植されているため、ファンの間でも賛否が分かれる作品でした。

 

 

 

スポンサーリンク



-PCエンジン
-, ,

Copyright© レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.