ファミコンやメガドライブ、スーファミなどで、個人的に思い入れの強いレトロゲームやゲーム美少女キャラの紹介をしております。(たまに最近のゲームについても紹介しています。)ゲーム好きの方は是非見ていってくださいね。

レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ

セガ

セガサターンおすすめ名作ゲーム特集その2

投稿日:

 

セガサターン初期の頃(1994~1996年くらい)に発売された個人的にお薦めゲームについて紹介しております。

 

名作とまではいかないまでも、それなりに楽しめる隠れた佳作ソフトなども色々紹介しておりますので、セガサターンのおすすめソフト、名作ゲームをお探しの方は、是非参考にしてください。

 

 

セガサターン名作ゲーム紹介その2

 

 

 

極上パロディウスだ! DELUXE PACK

 

1994/12/3 コナミ

 

コナミの大人気シューティングシリーズ、パロディウスだ!と極上パロディウスが一つにまとまったお得セット。

 

 

ほぼアーケード版そのまま移植されているので、当時ゲーセンでよく遊んでいたという方でも違和感なく遊べるはず。

相変わらず高難易度設定ですが、パロディウス好きは是非とも手に入れておきたい一品。

 

 

 

 

RAMPO

 

 

1995/2/24 セガ

 

江戸川乱歩の同名映画をモデルとした推理アドベンチャーゲーム。

まるで映画を見ているようにスムーズに進み、横溝正史氏のどことなく暗く生々しい雰囲気も忠実に再現されています。

 

また、登場する役者陣のクセもすごく、出てくる人みんな怪しく見えますね。

 

 

CD2枚組で、2つの話が収録されていますが、話自体はどちらもそれほど長くはないので短時間でサクッと楽しめます。

 

有名な役者さんも多く登場し、セガサターン初期の隠れた名作とも言われている作品。

 

このゲームは18歳以上推奨となっておりますが、エロはありませんのでエロ目的の方はご注意ください。

 

 

 

スーパーリアル麻雀PV

 

 

1995/5/26 seta

 

数あるスーパーリアル麻雀シリーズの中でも今でもファンが多いPVの移植。

他機種でも色々移植されていますが、サターン版はアーケード版と同様のグラフィックで、しかも脱衣もあります。

もちろん、しっかりとTKBを拝むことができますよ( *´艸`)

 

 

ゲーセンではいつも志半ばで諦めていた人、ゲーセンでは恥ずかしくて脱衣シーンをスキップしてしまう隠れムッツリエロ男爵も、本作なら思う存分目に焼き付けることができますのでご安心ください。

 

遠野みづきファンは是非とも手に入れておきましょう。

 

 

 

 

ゲームの達人

 

 

1995/6/9 サンソフト

 

これ一つで、将棋、麻雀、五目並べ、オセロが楽しめる作品。

 

定番人気のテーブルゲームがまとめて楽しめるのでテーブルゲームが好きな人にお薦めですが、しかし、それでも定価8800円というのはちょっと高いですよね^^;

 

今となってはどれもスマホアプリで楽しめるので、有難味は薄いかもしれませんが当時は暇つぶしには最適でした。

 

 

 

バーチャファイター リミックス

 

 

1995/7/14 セガ

 

初代バーチャファイターからグラフィックが向上したリミックス。

登場キャラや技は同じですが、初代のいかにもポリゴンな質感が抑えられ、少し人間らしく改善されています。

 

 

また、キャラクター選択画面もカッコいいイラストに変更。

当初は、本体同梱セット用のソフトでしたが、後に単体でも販売された作品。

 

 

 

熱血親子

 

 

1995/7/21 テクノソフト

 

ファイナルファイトを彷彿とさせるベルトスクロールアクションゲーム。

 

 

流石にこの時期ともなると殴って投げての単調なアクションだけではなく、各キャラごとに技も豊富です。

アイテムも豊富で、往年のベルトアクションゲームが好きな方は十分楽しめるでしょう。

 

 

 

 

実況パワフルプロ野球95 開幕版

 

 

1995/7/28 コナミ

 

コナミの人気野球シリーズのセガサターン版。

 

 

キャンプ、ペナント、シナリオモードなど1人でも色々楽しむことができます。

打撃がとにかく難しく、ファミスタ感覚でバットを振っても全く球に当たらないのも本シリーズの特徴。

 

 

 

 

水滸演武

 

 

1995/8/11 データイースト

 

名作とまではいかないまでも、それなりに良くできたデータイーストの格ゲー。

当時はそれなりにゲーセンでも人気がありました。

 

武器の有無で技が変わり、自分で武器を置くことも可能で、この辺りがサムライスピリッツとの違いですね。

 

 

流石にこの時期ともなると移植度も高く、ゲーセン同様楽しめます。

水滸伝が好きで格ゲー好きの方は、十分楽しめるはず。

 

 

 

 

ファイプロ外伝ブレイジングトルネード

 

 

1995/8/25 ヒューマン

 

これまでのファイプロシリーズとは設定がだいぶ異なる外伝的作品。

 

パワー表示があったり、技がコマンド入力だったりと、従来のファイプロに格ゲー要素も組み込まれた意欲的な作品で、ヒューマンらしい良プロレスゲームに仕上がっています。

 

アーケード用に開発していたらしく、どことなくマッスルボマーにも近い設定。

 

 

しかし、登場レスラーが全て架空キャラ、実際にはあり得ないアニメの様な必殺技の存在などで、従来のファイプロファンやプロレスファンの間では賛否ありました。

 

 

 

 

出たなツインビーヤッホー! DELUXE PACK

 

 

1995/9/29 コナミ

 

コナミの看板シューティング、

出たなツインビーと、

ツインビーヤッホー! ふしぎの国で大あばれ!!

が一つにまとまったお得セット。

 

どちらもアーケードからの移植作品ですが、移植度も高くゲーセンと同じように楽しめます。

 

 

ショットの種類も増え、ベルのパワーアップもしやすくなっており、ベルのパワーアップが苦手!という方でも、本作は楽しめるはず。

 

 

 

 

ドラゴンボールZ 真武闘伝

 

 

1995/11/17 バンダイ

 

ドラゴンボールZの人気格ゲー「武闘伝シリーズ」のサターン版。

さすがにCDになると演出も派手で、アニメさながらの熱い対戦が可能です。

魔人ブウ編までの主要キャラ20人以上が選択可能。

 

 

今はもっとすごいドラゴンボールの格ゲーがありますので、さすがに今やると物足りないかもしれませんが、当時は人気がありました。

 

対戦以外でも、CPU同士の戦いをどちらが勝つか予想する、ミスターサタンが主人公のサターンモードもあります。

 

 

 

 

J.B.ハロルド ブルー・シカゴ・ブルース

 

 

1995/11/22 リバーヒルソフト

 

人気推理アドベンチャーゲーム、刑事J.B.ハロルドシリーズ4作目。

今回はシカゴで起きた殺人事件にJBが挑みます。

 

 

実写ムービーを見ながら進むストーリには緊張感があり、まるでテレビドラマを見ているようです。

 

選択肢や移動で時間がどんどん経過する為、従来の様なコマンド総当たり出来きません。

また、一度話したら「もう言うことはありません」と、ミシシッピー殺人事件並みに断られることもあり、難易度は高め。

 

 

 

 

 

ギャラクシーファイト ユニバーサル・ウォリアーズ

 

 

1995/11/22 サンソフト

 

 

宇宙の様々な種族が闘う、アーケードから移植された対戦格闘ゲーム。

この時期にしてはオーソドックスな格ゲーですが、その分、分かりやすく誰でもすぐに始められる内容。

 

 

今は、ニンテンドーswitchでもダウンロード購入できます。

 

 

 

テーマパーク

 

 

1995/12/22 エレクトロニックアーツ

 

遊園地を運営するシミュレーションゲーム。

ショップやアトラクションを配置し、適切な入場料を設定し大人気テーマパークを作るのが目的。

 

 

アトラクションの位置はもちろん、コーラの砂糖やポテトの塩の量、スタッフの賃金など細かく設定するなどかなり自由度の高いゲーム。

 

様々なハードに移植され、この後もシリーズが続く人気作品。

 

 

 

 

プロ麻雀 極S

 

 

1996/1/12 アテナ

 

スーファミから大人気の、知る人ぞ知る本格麻雀ゲーム「極」のセガサターン版。

 

日本プロ麻雀連盟推薦というだけあり、かなりリアルに作られており、当時の麻雀ゲームの中でもトップクラスの完成度。

 

国内プロ雀士が相手という事もあり、一筋縄ではいきません。

 

 

また、普通に打つだけではなく、「何待ち?」「何を切る?」などの麻雀問題もあるので、麻雀を覚えたての方にもピッタリ。

 

熟練者から初心者まで、実戦さながらの麻雀を打ちたい!麻雀が強くなりたい!という方にはオススメです。

 

 

 

ストリートファイターZERO

 

 

1996/1/26 カプコン

 

大ヒット対戦格ゲー、ストⅡの新シリーズ第一弾。

 

今回からファイナルファイトで大人気だったガイ、ガイルの親友ナッシュなどが参戦しています。

 

 

スーパーコンボ、オートモード、ZEROカウンターなど、新たな機能も色々追加され、ストⅡの新しいシリーズの始まりとも呼べる作品。

 

ちなみに、ZEROの海外版はALPHAに変更されています。

 

 

 

 

ガーディアンヒーローズ

 

 

1996/1/26 セガ

 

ベルトアクション、格ゲー、RPGを合わせたような作品。

 

ストーリーモードでは、雑魚敵やボスを倒しポイントを貯めてキャラを強くしていき、VSモードでは最大6人まで同時プレーが可能。

 

ストーリーモードを攻略していくことで、使用できるキャラもドンドン増えていくので、やり応えもありますね。

 

 

途中の選択肢によってステージやエンディング、ラスボスまで変わるのも当時としては珍しい設定。

 

個性的な仲間、爽快なコンボや必殺技、VSモードなど、何度でも遊びたくなる名作ゲーム。

当時のセガサターンユーザーから大絶賛された作品。

 

 

 

 

ヴァンパイアハンター Darkstalkers’ Revenge

 

 

1996/2/23 カプコン

 

ストⅡに次ぐ、カプコンの人気格ゲー「ヴァンパイア」の2作目。

前作のボスキャラ、新キャラが追加となり、全14人のキャラから選択可能。

チェーンコンボがパワーアップし、更に繋ぎやすくなっています。

 

 

また、スペシャルゲージをストックできるので、EX必殺技も連続で出せます。

 

移植度も高く、アーケードとほぼ同じように楽しむことができる名作格ゲー。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



-セガ
-

Copyright© レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.