ファミコンやメガドライブ、スーファミなどで、個人的に思い入れの強いレトロゲームやゲーム美少女キャラの紹介をしております。(たまに最近のゲームについても紹介しています。)ゲーム好きの方は是非見ていってくださいね。

レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ

セガ

SEGA ゴールデンアックス特集

更新日:

 

 

 

セガの名作ベルトアクションゲーム「ゴールデンアックス」は、その人気の高さから様々なゲーム機に移植されており、更に、後にRPG、格ゲーなども作られています。

 

中には微妙なものや賛否両論、好き嫌いが分かれるものがありますが、どれも個性的で他には無い雰囲気を作り出していますね。

 

 

今回は、アーケードからプレステ2までに発売されたゴールデンアックスシリーズについて紹介していきます。

 

ゴールデンアックス好きの方は、是非見ていって下さい。

 

 

往年の名作映画、コナンザグレートやレッドソニア、ウィローなどの映画を見てからやると、世界観に入り込みやすく、更に楽しめるのでお薦めです^^

 

 

 

 

ゴールデンアックス特集

 

 

アーケード版 ゴールデンアックス

 

 

1989年

アーケード

 

剣と魔法で戦うSEGAのベルトアクション「ゴールデンアックス」第一弾。

あのSEGA往年の名作横アクション「獣王記」と同じスタッフが開発したこともあり、雰囲気や世界観はとても良く似ています。

 

ゴールデンアックスのシステムは、この頃すでに完成されており、基本的な操作方法にはこの先も大きな変化はありません。

 

 

敵が上手い具合にプレイヤーを前後に挟み撃ちにして攻撃してきたり、離れているとダッシュで攻撃してくるなど、雑魚キャラでも油断はできませんし、もちろん、初見でのボスキャラはかなり強敵。

 

ファイナルファイトのように、途中で体力回復アイテムが出ることも非常に少ないです。

 

総じて、他のベルトアクションよりも難易度が高めですが、コツさえつかめばサクサク進めるので、自分が上達していくのもよく分かり、やり応えもあります。

 

 

初めて自分のお金でゲーセンで遊んだゲームだけあり、個人的にも思い入れの強い作品。

 

初めは、何となく主人公っぽいキャラクターのアックスバトラーを使用しましたが、

 

その時、友人から

「うわ~、一番ダメなヤツ使っているな~」

って言われたことをよく覚えています。

 

そのせいか、今でもアックスバトラーを使うことにはためらってしまいますw

 

当時、私の地域でのキャラクター人気順は、

ギリウス > ティリス >>> アックス

となっており、ゲーセンでアックスを使う人はほとんど見かけませんでしたね~。

 

しかし、アックスってそんなにダメなんですかね^^;

 

バーバリアン好きの北米では、やはりアックスが一番人気だったようですが。

 

 

ティリスが敵の攻撃を喰らったとき、ビキニの紐切れろ!と願っていたムッツリ男子は、きっと私だけじゃないはず。

 

 

 

メガドライブ版 ゴールデンアックス

 

 

1989/12/23

セガ

 

ゴールデンアックスの家庭用ゲームの移植として最も有名で、尚且つ評価が高い作品といえば、メガドライブ版といっても過言ではないでしょう。

 

アーケード稼働から約半年というスピード移植されたこともあり、このゲームを目当てにメガドライブを購入した人もきっと多かったはず。

 

 

アーケード版ととほぼ同じように遊ぶことができ、更に、初心者向けにちょっと敵を弱くしている「BEGINNER」や、雑魚やボスキャラと対戦する「THE DUEL」なども追加。

 

お金を入れずにゴールデンアックスが好きなだけ楽しめる!当時のファンは大いに喜んだことでしょう。

 

 

 

マスターシステム版 Golden Axe

 

 

1989年

SEGA

 

この時期既にメガドライブは発売されていましたが、海外ではメガドライブよりもまだまだマスターシステムの需要が高かったせいか、北米、ブラジル、アジア、EUなどの海外のみマスターシステム版のゴールデンアックスが発売されています。

 

しかし、選べるキャラはアックスのみで、面数も5面に削減、操作性も決して良いとは言えず、ハードの性能の差を感じる作りに。。。

 

 

スタート時に魔法の選択が可能ですが、国内ではメガドライブ版があれば十分ですね。

 

 

 

 

PCエンジンcd-rom2版 ゴールデンアックス

 

 

1990/3/10

日本テレネット

 

オープニングアニメが新たに追加されたcd-rom2版のゴールデンアックス。

 

各キャラが、いかにしてデスアダー打倒に挑むようになったかなど、ストーリーや戦いの理由がしっかりと描かれています。

 

これまでは、デスアダーは筋肉モリモリの野蛮なヤツくらいしか思っていなかった方でもこれをやると、デスアダーの悪さがよく分かりますよ。

 

あと、チキンレッグに立って乗るのもというのも本作のみで、珍しい設定。

 

 

 

しかし、肝心のゲーム内容に関しては、画面上に登場する敵の数は減り、グラフィック、効果音なども劣化。

後発にも関わらず、全体的に劣化している印象は否めません。

 

また、この時期はまだスーパーCD-ROM2ではなく普通のCD-ROM2だった為、CDの読み込み時間が非常に長く、システム上の不満も多かったです。

 

残念ながら評価はあまり芳しくなかった作品。

 

 

 

 

マスターシステム版 Golden Axe Warrior

 

 

1991年4月

SEGA

 

シリーズの中では珍しいアクションRPGで、国内では未発売。

 

敵を倒してアイテムを購入したり、ダンジョンでアイテムを見つけたりし、最終的にゴールデンアックスを入手し、宿敵デスアダーを倒すというお話。

 

 

キャラクターにレベルはなく、装備やアイテムでパワーアップしていきます。

 

分かりやすく言うと、ゴールデンアックス設定のゼルダの伝説的なアクションRPG。

 

 

 

 

ゲームギア  アックスバトラー ゴールデンアックス外伝

 

 

1991/11/1

セガ

 

 

ゲームギアで発売されたゴールデンアックスのアクションRPG。

 

魔の軍団に奪われたゴールデンアックスを取り戻すために、アックスバトラーが再度立ち上がります。

 

ドラクエタイプのトップビュー画面で進みますが、敵との戦闘やダンジョン内のみ横スクロールのアクション画面に切り替わります。

ゴールデンアックス版のリンクの冒険といった印象。

 

 

しかし、戦闘は一撃でも喰らうとなぜかフィールドに戻される、エンカウントが高い、ラスボスとの意外な戦闘など、アクションRPGとしては好みが別れる作品でもあります。

 

 

 

 

 

メガドライブ ゴールデンアックスⅡ

 

 

1991/12/27

セガ

 

ゴールデンアックスの続編で、こちらはメガドライブ専用。

 

今回は、闇の皇帝ダーク=ガルドを倒すために、前作と同じキャラクターが活躍します。

マジックの元が瓶から書物変更、魔法のレベルを任意に設定できるなど細かい違いはありますが基本的な設定はほぼ同じ。

 

 

使用キャラクター、操作方法などは前作同様ですが、魔法の演出も変わり使い勝手も良くなっています。

 

ティリス嬢のガチムチ筋肉ボディには、露出度の高い赤い布ビキニが抜群に似合いますね( *´艸`)

 

 

 

 

アーケード版 ゴールデンアックス デスアダーの復讐

 

 

1992年

セガ

 

アーケード版としては久々のゴールデンアックス続編。

 

サブタイトル通り、Ⅰのラスボスだったデスアダーが復活し再度侵攻してきたため、それを阻止するというお話。

 

前作から何十年後という設定の為、アックスやティリスなどはいなく、使用キャラクターは一新されています。

アックスはどうでもいいですが、ガチムチ熟女となったティリスは、ちょっと見てみたいですね(*’ω’*)

 

 

唯一残っているのは年老いたギリウスのみで、今回は自ら戦うのではなく、盲目の巨人族ゴアの肩に乗って彼をサポートする役割。

 

 

 

今作は4人から使用キャラを選ぶことができ、アクションも多彩、乗り物も多く、ステージの分岐もあるので、飽きずに何度でも遊べます。

 

今作の紅一点、ドーラ嬢は上半身はナイスボディですが、下半身はケンタウロスなのが非常に残念。。。

 

しかし、なぜか乗り物に乗るとお馬さんの足が、人間の生足に変わります。

 

 

そして、この状態で魔法を使うと、生足のまま立ち上がります。

当然この時、下は何も履いていません( *´艸`)

 

当時はこれを見るために、ずっと乗り物に乗っていましたね~w

 

 

エンディングの演出も凝っており、ゴールデンアックスシリーズ好きの方には是非とも遊んでもらいたい名作なのですが、

家庭用に移植されていないのが残念でなりません><;

 

個人的にはゴールデンアックスシリーズで最もお金をつぎ込み、最も得意で、そして、最も好きだった作品。

 

 

 

 

 

メガCD セガクラシック アーケードコレクション

 

 

1993/4/23

セガ

 

 

メガCDで発売されたSEGAアーケードコレクションの中にもゴールデンアックスが移植されています。

 

内容は、ほぼメガドライブ版と同じです。

 

 

ゴールデンアックスの他にも色々ゲームが入っており、これで2980円というのはかなりお得。

 

しかし、ゴールデンアックスは二人同時プレイが出来ないのが残念でした。

 

 

 

 

メガドライブ ゴールデンアックスⅢ

 

 

1993/6/25

セガ

 

ゴールデンアックスⅡと同じく家庭用専用作品。

 

またしても奪われたゴールデンアックス(何度目だ(-_-メ)を取り返すために4人の戦士たちが戦います。

 

アックスとティリスに似たキャラもいますが、実はただのそっくりさんでプレイヤーは一新されています。

 

 

ルート分岐もあり、技も増えてよりテクニカルな戦い必要となります。

 

見た目は前作のマイナーチェンジ感がありますが、中身はだいぶパワーアップしており、これまでシリーズを何度もやり込んだ人でも、また新鮮な気持ちで楽しめるはず。

 

 

 

 

セガサターン ゴールデンアックス ザ・デュエル

 

 

1995/9/29

セガ

 

アーケードから後にセガサターンへ移植されたゴールデンアックスの2D対戦格闘ゲーム。

 

ギリウス、デスアダーなどお馴染みのキャラも登場しますが、ほぼ新キャラクター。

 

斬る、蹴るの2種類の攻撃があり、サムライスピリッツに似た設定。

 

 

たまに現れるシーフを攻撃してアイテムを取るあたりがゴールデンアックスらしい仕様ですね。

 

それなりに良くできた格ゲーですが、特筆すべき点が少ないのと、CPUが強すぎるなどで、評価はそれほど高くはありませんでした。

 

 

 

 

ワンダースワン ゴールデンアックス

 

 

2002/2/28

バンダイ

 

ワンダースワンカラーでもゴールデンアックスが移植されていることを知っている人は、そう多くはいないでしょう。

 

 

メガドライブ版の移植ですが、新たにプロローグが追加されています。

 

携帯機としては頑張っている方ですが、この時期にしてはやはり古臭さは否めませんね。

 

 

 

 

プレイステーション2
SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.5 ゴールデンアックス

 

 

2003/9/25

セガ

 

後に、プレステ2でセガエイジス2500シリーズとしてゴールデンアックスも復刻します。

キャラクターもポリゴンになり、ステージも立体的でよりリアルに。

 

なにより、ティリス嬢のガチムチ筋肉ボディが鮮明に見えるのが素晴らしいです( *´艸`)

 

腹筋マニアは、彼女の腹筋を見るだけでも買う価値あり!

 

 

 

魔力が強く素早さが高いティリス、動きが遅いギリウス、標準のアックスなど、キャラごとの特性がよく表れている作品でもあり、本作ではギリウスが使いにくいですね~^^;

 

会話、デモシーン、面数も増え、これまでとはまた違ったゴールデンアックスを楽しむことができます。

 

 

敵をまとめて斬ることができるので従来のゴールデンアックスよりも爽快感があり、攻撃しているだけで魔力がドンドン貯まっていくのもプレイヤーとしては嬉しい設定。

 

また、回復アイテムも途中でよく出るので、従来のシリーズよりは難易度は少し下がっている印象。

 

これまでのゴールデンアックスシリーズを何度も遊んできた方は、ちょっとやればすぐにクリアできるはず。

 

 

 


 

 

以上、アーケードからプレステ2までのゴールデンアックス特集でした。

 

あくまで、私が知っている限りのゲームなので、もし他にもこんなゲームが出ています!

というのがあれば教えて頂ければ幸いです。

 

 

ゴールで伝アックス特集動画はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ブログ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

 

-セガ
-

Copyright© レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.