ファミコンやメガドライブ、スーファミなどで、個人的に思い入れの強いレトロゲームやゲーム美少女キャラの紹介をしております。(たまに最近のゲームについても紹介しています。)ゲーム好きの方は是非見ていってくださいね。

レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ

セガ

セガマークⅢゲームカタログその2

更新日:

セガマークⅢのゲームカタログその2です。

 

今回は1986年後半から1987年前半に発売されたゲームについて紹介しております。

 

マークⅢの発売当初はマイカードでソフトを供給していましたが、肥大化するグラフィックのデータを扱うには32KBしか入らないマイカードでは、セガも次第に行き詰まりを感じていました。

 

ファミコンも当時としてはROMカセットよりも大容量のディスクに移行をし始めていましたが、後に更に大容量のROMカセットの普及と共に、ディスクは衰退し、再度ROMカセットが普及してきましたが、

 

これと同じように、マークⅢもマイカードから大容量のゴールドカートリッジに徐々に移行し始めていきます。

 

 

まさに、1986年はセガマークⅢにとって、マイカードからゴールドカートリッジへの変更準備期間とも言える時期ですね。

 

 

 

1986年後期発売ソフト

 

 

スパイVSスパイ

 

 

1986/9/20

敵スパイよりも先にアイテムを揃えて飛行機で脱出するゲームで、元はアタリの8ビットホームコンピューターで発売された作品。

 

上下に分割された画面なので、敵が何をしているかをチェックするのも重要。

 

 

特に二人対戦は白熱しますね。

ファミコン版も当時は大人気でした。

 

 

 

ザ・サーキット

 

 

1986/9/21

 

実在のサーキットをモデルにしたF1レースゲーム。

レースはオーソドックスですが、順位によって取得したポイントでマシンをチューンナップ出来るのが本作の大きな特徴。

 

 

国によって異なる背景もカラフルで、当時としては美しい画面を演出していました。

 

 

 

アレックスキッドのミラクルワールド

 

 

1986/11/1

ソニック以前のセガのマスコットキャラクターとも言えるアレクが活躍するアクションゲーム。

 

マークⅢのスーパーマリオ的存在になるべく開発された作品。

 

マリオと差別化を図るために、アクションボタンを逆にしたり、ボス戦はジャンケン、ショップでお買い物が出来るなど色々なアイディアが盛り込まれています。

 

 

ちなみに、海外版のアレクの好物は、おにぎりではなくハンバーガー。

 

 

 

阿修羅

 

 

1986/11/16

2人のゲリラ戦士、阿修羅と毘沙門が戦場で暴れながら捕虜を救出するガンシューティングゲーム。

マシンガンとボンバーアローの2種類の武器で敵を殲滅していきます。

 

 

元々はランボーのゲーム版として企画されていた為、北米版は版権タイトルとして発売されましたが、国内版ではキャラクターが差し替えられています。

 

 

 

忍者

 

 

1986/11/8

クナイや手裏剣で敵を倒しながら進む、縦スクロールアクションシューティングゲーム。

幽閉された姫を救うために、忍者の風丸が敵の城に単身乗り込みます。

 

 

SG-1000ユーザーには懐かしい、忍者プリンセスのシステムを使用しており、グラフィックも大幅に向上しています。

シンプルですが、操作性もよく、誰でも無難に楽しめる良作品。

 

 

 

アストロウォリアー

 

 

1986/12/14

スターフォースを彷彿とさせる軽快な縦スクロールシューティングゲーム。

パワーアップするショットと2つのオプションを活用し、デビルスター帝国軍と戦います。

 

 

爽快感も抜群でBGMもよく、非常に良くできた作品。

これがファミコンで出ていたら、きっと大人気となっていたことでしょう。

 

 

 

ハイスクール!奇面組

 

 

1986/12/15

 

当時、アニメもコミックも大人気だったジャンプ連載漫画「ハイスクール奇面組」のアクションゲーム。

唯ちゃんを操作して、アイテムを集めて逃げ出した奇面組の面々を捕まえるのが目的です。

 

そして、捕まえた無抵抗のメンバーを千絵ちゃんが蹴り飛ばすというシュールな設定。

 

 

奇面組の好きなアイテムでおびき寄せて捕まえるなど、中々凝った演出です。

 

良くも悪くも、当時のアニメ原作のゲームは大味の物が多く、クソゲー率も高かったですが、セガのアニメゲームは良作品が多かったですね。

 

しかし、千絵ちゃんに蹴らせる為にメンバーを捕まえる唯ちゃんも中々の鬼畜です。

 

 

 

グレートゴルフ

 

 

1986/12/20

 

セガのグレートスポーツゲームシリーズのゴルフ。

シンプル操作で遊びやすく、画面も見やすいです。

 

 

ショットを行うと、ホール全体が見渡せるなどの演出もあります。

 

 

 

スペースハリアー

 

 

1986/12/21

 

大人気3Dシューティングゲーム、スペースハリアーの移植作品。

大容量ゴールドカートリッジ初の2メガロムを採用しております。

 

アーケードと比べるとさすがにグラフィックの劣化は否めませんが、それでも当時の家庭用としてはかなり頑張っている方。

ファミコンのスペースハリアーよりもアーケードに近いです。

裏技でサウンドモードも楽しめるなど、セガユーザーからの評価も高かった作品。

 

 

 

1987年前期発売作品

 

1986年の発売ソフトは16タイトルでしたが、1987年は一気に31タイトルに増加。

 

そして、マイカードタイトルはウッディポップのわずか1タイトルのみと、完全にゴールドカートリッジに移行しています。

 

 

ダブルターゲット

 

 

1987/1/18

 

アーケードゲーム「カルテット」の移植となるアクションゲーム。

通常はジャンプとショットで面を進んで行きますが、ジェットエンジンを取ることで、空を飛ぶことができます。

 

 

鍵を集め全6ステージを攻略します。

アーケード版は4人同時プレイ出来ることが特徴でしたが、残念ながらマークⅢ版は二人までとなっています。

 

 

 

ウッディポップ

 

 

1987/3/15

 

パドルコントローラー専用のブロック崩しゲームで、マイカード最後の作品。

ガムボールたちを救うべく、積み木を壊しビザール館の奥を目指していきます。

 

 

アイテムや行き先が分岐するなど、当時のブロック崩しゲームとしては様々な仕掛けがほどこされており、飽きずに楽しめますね。

 

この作品を最後に、マークⅢも大容量のROMカートリッジをメインに発売していきます。

 

 

 

スーパーワンダーボーイ

 

 

1987/3/22

 

高橋名人の冒険島の元となったアーケード作品の移植。

アーケードからの追加要素として、火山と砂漠ステージ、新ボスを加えた10エリア40面構成となっています。

 

 

ボリュームが増えたことでクリアは難しくなりましたが、裏技でステージセレクトが可能です。

 

 

グレートバレーボール

 

 

1987/3/29

セガのグレートスポーツシリーズのバレーボールゲーム。

サーブ、レシーブ、スパイクのパラメーターを配分可能で、好みに合わせたチームを作ることが可能なのが本作の特徴。

 

 

シンプル操作で熱い対戦が楽しめます。

 

 

 

 

グレートバスケットボール

 

 

1987/3/29

 

8ヵ国の参加国から頂点を目指すバスケットゲーム。

チャージングやプッシングなどの反則などが取られやすく当時のバスケゲームとしてはとてもリアルに作られています。

 

 

やはりスポーツゲームは二人対戦が白熱しますね。

 

 

 

スケバン刑事Ⅱ 少女鉄仮面伝説

 

 

 

1987/4/19

 

当時の人気ドラマ、2代目スケバン刑事のアクションアドベンチャーゲーム。

 

謎解きアドベンチャーパートとアクションパートがあり、原作のシリアスな雰囲気を楽しめます。

 

 

初代スケバン刑事と2代目の対決があるなど、ファンにとっては嬉しい展開も。

 

 

 

 

ロッキー

 

 

1987/4/19

 

スタローン氏の大ヒット映画「ロッキー」のボクシングゲーム。

ロッキーのトレーニングを行い、アポロやドラコと対戦します。

 

 

ラウンドが進むたびにロッキーの顔が腫れあがるなど、映画と同じような演出がされています。

 

 

 

関連記事はこちら

 

セガマークⅢ ゲームカタログ①

 

SEGAマスターシステム日本未発売海外ゲーム特集①

 

 

 

動画はこちらから

 

 

 

 

ブログ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

 

-セガ
-,

Copyright© レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.