ファミコンやメガドライブ、スーファミなどで、個人的に思い入れの強いレトロゲームやゲーム美少女キャラの紹介をしております。(たまに最近のゲームについても紹介しています。)ゲーム好きの方は是非見ていってくださいね。

レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ

スーパーファミコン

スーパーファミコン後期名作ゲーム特集(1996~2000)

更新日:

今回はスーパーファミコン後期の、1996年から2000年までに発売された個人的おすすめゲーム、名作ソフトについて紹介しております。

 

1990年代中頃になると、既にプレステやセガサターンなどの第5世代が主流となりつつあり、任天堂も既にNINTENDO64を発売していたので、スーファミの新作を買う子はそう多くはいなかったでしょう。

 

晩年は、スーファミが4000円安くなるクーポンや、スーファミターボ、ニンテンドウパワーなどの延命措置を取ってきましたが、さすがにそれだけではユーザーを繋ぎとめておくことは厳しいです。

 

しかし、どのハードもそうですが、晩年になるとクソゲー率は低く、意外と知られていない名作も数多くあります。

 

また、晩年は、ローソンと共同でサービスを開始したニンテンドウパワーのソフトが2000円で遊べたというのは子供時代にとってはありがたかったですね。

 

スーファミ後期の作品は出荷本数も少なく、今となっては中々手に入りにくいプレミアソフトが多いですが、スーパーファミコン後期の名作ゲーム、おすすめソフトをお探しの方は、是非参考にしてください。

 

 

 

 

 

スーファミ後期名作ゲーム

 

 

バハムートラグーン

 

 

1996/2/9

スクウェア

 

空に浮かぶ島々「ラグーン」を舞台としたシミュレーションRPG。

 

4人一組のユニットとドラゴンで戦闘を行っていき、ドラゴンはエサを与えていくことで成長していきます。

 

 

また、幼馴染の元王女とすれ違いや失恋など、ストーリーも注目を集めました。

 

スーファミ後期の作品だけに、さすがにグラフィックや音楽も高レベルの作品です。

 

 

 

スーパーマリオRPG

 

 

1996/3/9

任天堂

 

スーパーマリオが主人公のRPGで、開発はスクウェア。

 

マリオらしいアクション要素も加わり、戦闘シーンでも、ボタンを押すタイミングでダメージが増減します。

 

 

任天堂の人気キャラと、スクウェアのRPG技術が見事に融合しており、当時はCMも話題でしたね。

 

マリオシリーズお馴染みのキャラも多数登場し、マリオファンには是非ともプレイしてもらいたい作品。

 

 

 

 

ルドラの秘宝

 

 

1996/4/5

スクウェア

 

3人の主人公を選んで世界の崩壊を防ぐファイナルファンタジー風のRPG。

 

世界観はFFっぽいですが、言霊システムで魔法を作れるなどの特徴もあります。

 

 

それぞれの行動が他の主人公のシナリオに影響を与えていき、他のスクウェア作品とはまた一味違った面白さがありますね。

 

3人のシナリオをクリアすると、4人目の主人公が登場し、全員でラスボスに挑むという設定。

 

スクウェアらしくストーリーも綺麗にまとまっており、ゲームバランスも良く遊びやすい作品。

 

 

 

 

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜

 

 

1996/5/14

任天堂

 

スーファミ版のファイアーエムブレム第二弾で、今回も前作同様前編と後編の2部構成となっています。

 

前編の主人公たちの子供が後編で、父の無念を晴らすという内容で、FEシリーズの中でも、ストーリーに定評がある作品。

 

 

後編の子供たちは、その親のスキルや能力を引き継ぐため、誰と誰をカップルにするかがとても重要。

 

相変わらず高難易度ですが、ファイアーエムブレムシリーズが好きな方は、きっと後悔しない内容です。

 

 

 

スターオーシャン

 

 

1996/7/19

エニックス

 

エニックスのSFファンタジー風RPG。

 

グラフィックやBGMも素晴らしいですが、今作の最も大きな特徴は、48bitROMカートリッジによる声優さんのボイス。

 

ハードの限界を超えたグラフィック、サウンド、高い戦術性などついにスーファミもここまで来たか!といった内容。

 

 

しかし、スーファミとしては凄いですが、家庭用ゲーム業界としてみればやはりそれほど大きな衝撃はなかったはず。

 

既にプレステやセガサターンでは、それ以上のグラフィックなどを実現しており、当時はポリゴンなどの3D画像が人気でしたので、従来通りの2Dグラフィックやセリフだけでは、もはや驚きは少ないですよね。

 

これがせめてあと1年早く発売されていたら、もっと注目されたことでしょう。

 

 

 

 

牧場物語

 

 

1996/8/9

パックインビデオ

 

人気の牧場経営シミュレーションシリーズ、牧場物語の第一作目。

 

牧場を開墾して、畑仕事や牧畜で収入を増やしていきます。

 

 

また、牧場以外にも、花嫁を選んで結婚し、子供を作ったりなども可能。

 

生まれた子供を抱っこできるのは、シリーズの中でも本作のみ。

 

 

 

 

マーヴルスーパーヒーローズ ウォーオブザジェム

 

 

1996/10/18

カプコン

 

アイアンマン、スパイダーマン、キャプテンアメリカなど、マーヴルの人気キャラクターが活躍する横アクションゲーム。

 

 

ストーリーは、インフィニティジェムと呼ばれる宝石を回収し、世界を平和に導くという、映画のアベンジャーズインフィニティウォーとエンドゲームを彷彿とさせる内容。

 

カプコンらしく、アクションや操作性も良く、マーヴェル好きの方にはおススメです。

 

 

 

 

マーヴェラス もうひとつの宝島

 

 

1996/10/26

任天堂

 

3人組の少年が、島に隠された財宝を探すアクションアドベンチャーゲーム。

 

3人の少年にはそれぞれ特徴があり、誰をリーダーにするかで色々異なる行動が可能。

 

 

ゼルダの伝説のスタッフも開発に加わっていることもあり、どことなくゼルダに似た雰囲気があります。

 

 

 

 

スーパードンキーコング3 謎のクレミス島

 

 

1996/11/23

任天堂

 

任天堂の人気アクションシリーズ第三弾。

 

島の探検に出かけたドンキーとディディーの後を追い、ディクシーと新キャラのディンキーと共に冒険の旅に出発します。

 

ディンキーコングは水面を水切りジャンプできるので、これまでとはまた違ったアクションが可能。

 

 

また、バナナバード捜索するなど、やり込み要素も追加。

 

スーファミ最高クラスのグラフィック、作り込まれたステージギミックなど、スーファミ後期を彩る名作アクションゲーム。

 

 

 

 

ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ・・・

 

 

1996/12/6

エニックス

 

大ヒットした国民的RPG、ドラクエⅢの初リメイク作品。

 

今回は新たな職業として盗賊が追加されており、この盗賊がかなり役に立ちます。

 

 

また、すごろく場や、小さなメダル、クリア後の裏ボス登場、オルテガが復活するなど
隠し要素も豊富なので、ファミコン版のドラクエⅢを散々遊びつくした方も、きっと新たな気持ちでまた楽しめるでしょう。

 

ドラクエのロトシリーズがお好きな方にはお薦めです!

 

 

 

BUSHI青龍伝 二人の勇者

 

 

1997/1/17

T&Eソフト

 

日本神話をモチーフとしたRPGで、魔物に姿を変えられた少女と共に邪神の討伐に向かいます。

 

 

ローグライクゲームに少しアクション要素が加わった内容で、一般的なテキストタイプのRPGとは少し異なるシステム。

 

ストーリーも面白く、ゲームバランスも良いので、興味のある方は試してみてください。

 

 

 

 

スーパーボンバーマン5

 

 

1997/2/28

ハドソン

 

人気シリーズ、ボンバーマンの集大成的な作品。

 

過去シリーズ4作品を復元した4ゾーンと、オリジナルの5ゾーンの全100ステージ楽しめます。

 

 

エンディングも、グッドエンドとバットエンドがあるのも特徴的。

 

ノーマルモードの他にも、みそボンドッジ、ランダムサドンデスなどのバトルゲームも追加され、やり応えもたっぷりあります。

 

 

 

 

平成 新鬼ヶ島 前編・後編

 

 

1997/12/1 ニンテンドウパワー

任天堂

 

前年にサテラビューで配信されたBS新鬼ヶ島を市販作として作り直した作品で、最初はニンテンドウパワーでしたが、後に、ROM単品でも発売されています。

 

 

サル、キジ、いぬの動物たちの過去を明らかにしていく外伝的なストーリーと、ディスクの本編、8章と9章をリメイクした話が収録。

 

ほのぼのとした雰囲気で、本編をやったことが無い方でも楽しめるでしょう。

 

 

 

 

星のカービィ3

 

 

1998/3/27

任天堂

 

人気アクションゲーム、カービィシリーズ3作目。

 

吸い込んだり敵や仲間の合体でコピーするシステムを踏襲しつつ、2P操作が可能なお供のグーイを呼び出すこともできます。

 

 

グーイは大事な仲間ですが、食べると体力を回復できるというちょっとシュールな設定。

 

 

 

 

ファミコン探偵倶楽部PartⅡ うしろに立つ少女

 

 

1998/4/1 ニンテンドウパワー

任天堂

 

ディスクで人気を博した推理アドベンチャーのニンテンドウパワーによるリメイク作品。

 

グラフィックやシステム面を作り直し、より遊びやすく、より怖さもアップしています。

 

 

基本的な流れは同じですが、一部に補足やエピソードが追加されています。

 

ストーリーは抜群に面白いので、遊んだことが無い方は是非とも一度はプレイしてもらいたい作品。

 

 

 

ロックマン&フォルテ

 

 

1998/4/24

カプコン

 

通常販売されたスーファミ最後のソフト。

 

ロックマンシリーズの番外編的作品で、敵はロックマン8のキャラが多く登場します。

 

特殊武器の種類も多く、操作性も良いです。

 

 

相変わらず難易度は高いですが、ロックマンファンの期待を裏切らない内容。

 

本作のもう一人の主人公フォルテは、オート連射、ダッシュ、二段ジャンプなどとても使いやすいキャラでした。

 

 

 

スーパーファミコンウォーズ

 

 

1998/5/1 ニンテンドウパワー

任天堂

 

ファミコン版でも人気だったシミュレーションゲームの第二弾。

 

8人の新ユニット、7人の将軍が追加。

 

更に、最大で4人でプレイすることが可能です。

 

 

とても分かりやすいシステムなので、シミュレーションゲームが苦手な方にもお薦め。

 

全44マップ、一人でも大勢でも楽しめる作品。

 

 

 

 

すってはっくん

 

 

1998/8/1 ニンテンドウパワー

任天堂

 

主人公のはっくんが、ブロックや色を吸って、ステージ上の虹のかけらを取る、ニンテンドウパワーのパズルアクションゲーム。

 

 

シンプルなルールですが、やると意外とハマります。

 

ブロックを出す位置、何色を使うかなど、パズル好きの方は楽しめるでしょう。

 

 

 

 

POWER倉庫番

 

 

1999/1/1 ニンテンドウパワー

任天堂

 

名作パズルゲーム、倉庫番をアレンジしたパズルアクションゲーム。

 

穴から出て来る西洋の妖怪を封じ込めるために、穴を石で塞いでいきます。

 

 

倉庫番に似ていますが、敵キャラなども登場するので、従来の倉庫番とは違った楽しさがあります。

 

石を動かすルールは従来通り、押すことはできても引くことはできません。

 

 

 

 

POWERロードランナー

 

 

1999/1/1 ニンテンドウパワー

任天堂

 

往年の名作パズルアクション、ロードランナーのアレンジ移植作品。

 

 

穴をあけて敵を落としてお宝を奪うだけでなく、集めたアイテムで島をどんどん開拓していけるのが本作の大きな特徴。

 

冒険できるのは、森、山、海と、難易度が高いオマケステージも用意されています。

 

 

 

ファミコン文庫 はじまりの森

 

 

1999/7/1 ニンテンドウパワー

任天堂

 

夏休みにおじいちゃんの田舎に遊びに来た少年が主人公のほのぼの系アドベンチャーゲーム。

 

夏休みを田舎で満喫する少年の話かと思いきや、物語は意外な方向へと進み、時には手に汗握る展開も。

 

 

森での不思議な出来事、夏の思い出など、プレイすると優しい気持ちになれる名作。

 

日々ストレス社会に従事している方、イライラモヤモヤする、という方は、このゲームで純粋だったあの頃の記憶を少し呼び覚ましてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ファイアーエムブレム トラキア776

 

 

1999/9/1 ニンテンドウパワー

任天堂

 

ファイアーエムブレム聖戦の系譜の外伝的作品で、1部と2部の間の話。

 

今作はレンスターの王子、リーフが主人公で物語は進みます。

リーフ以外にも、レンスターの懐かしいキャラたちも登場しますよ。

 

 

通常のファイアーエムブレムと比べて、兵士の疲労、怪我、体格などがあり、仲間を担いだり、怪我した敵キャラを捕まえて武器を奪ったりなど、本編と比べても色々システムが追加されています。

 

 

シリーズ屈指の難易度とも言われているので、ファイアーエムブレムが得意な人には
是非ともプレイしてもらいたい作品。

 

 

 

 

 

メタルスレイダーグローリー ディレクターズカット

 

 

2000/11/29 ニンテンドウパワー

任天堂

 

ファミコン末期に発売された、メタルスレイダーグローリーのリメイク作品。

 

今回は、ファミコンでは容量の都合でカットされたシーンなども追加されております。

 

グラフィックも向上し、戦闘時のパートナー選択も可能。

 

 

グラフィックの改良は、キャラクターデザイン担当のよしみる氏自身の手で行われています。

 

名作には違いないのですが、この作品はなんでもう少し早く発売してくれないんですかね^^;

 

 

 

スーファミ後期名作ゲーム動画はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ブログ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

 

-スーパーファミコン
-

Copyright© レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.