ファミコンやメガドライブ、スーファミなどで、個人的に思い入れの強いレトロゲームやゲーム美少女キャラの紹介をしております。(たまに最近のゲームについても紹介しています。)ゲーム好きの方は是非見ていってくださいね。

レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ

ゲーム都市伝説

数々の怪奇現象が噂されるホラーゲーム「古伝降霊術 百物語」

投稿日:

 

今では、シューティング、RPG、格ゲーなどと並んで、ホラーゲームも人気ジャンルの一つです。

 

特に暑い日は、背筋がヒヤッとするようなホラーゲーム、ホラー映画を見たくなるという方も多いでしょう。

 

ホラーゲームといえば、弟切草、クロックタワー、バイオハザード、サイレンなどが有名ですよね。

怖いだけでなく、ストーリーも抜群の面白さなので、ついつい話に惹きこまれてしまいます。

 

弟切草の車椅子でチビりそうになったり、バイオハザードの犬で飛び跳ねた!という人は、きっと私だけじゃないはず。

 

しかし、いくら怖いと言っても、それらは全てゲームの中でのこと。

ミスしたとしても、実際に被害を被るのは、ゲームの中のプレイヤーキャラクターなので、やってる本人は当然ですが、痛くもかゆくもありません。

 

しかし、実際にプレイしている本人やその周りで不思議な出来事が起こるという、いわくつきのソフトがあります。

それが、1997年8月8日にハドソンからセガサターン用に発売されたホラー系サウンドノベル

 

古伝降霊術 百物語 ~ほんとにあった怖い話~

 

です。

 

 

怪談話でお馴染みの、稲川淳二氏が監修したホラーサウンドノベルで、一部のシナリオは、怪談ライブと同じように一人語りを聞くことができます。

 

PCエンジンでも同様のソフトが発売されていましたので、それと同じでは?

と思う方もいるでしょうが、本ソフトの異質なところは、ソフトにお札が一緒に付いてくること。

 

 

ただの演出と思っていましたが、実はこのお札はマジものらしく、ゲーム中のナレーションでも、パッケージにお札を貼ることを念を押してきます。

 

制作者側でも、実際に何かあったのかもしれませんね。

 

 

 

また、ゲーム開始時には

 

このソフトをプレイして霊現象など不可解な体験をしても、当社(ハドソン)は一切責任を負いません

 

という主旨のメッセージも表示され、誓約書にもサインさせられるというこだわり。

 

当初は、細かい演出だと思っていましたが、

 

ゲームを始めると、プレイ中にラップ音や、照明が点滅したり、プレイ後に金縛りにあったりなど、怪現象の報告がいくつもあります。

 

そして、それらを我慢しつつ、ようやく百物語を聞き終えると、本来は隠しシナリオが始まるのですが、極稀に顔半分がクシャクシャになった老婆のアップが出るとか。

 

そして、雨音や、すすり泣く声、笑い声など聞こえ始め、怖くなって電源を切ると

 

その瞬間、男性の声で

 

「遅ぇよ」

 

という声が聴こえ、

 

セーブデータが全て消されるとの事。

 

確かに、セーブデータが消されるのは、いろんな意味で怖いです、というか痛いですorz

 

 

私も、このゲームをやりながらビールをガブガブ飲んでいたところ、何だか足元がフラついてきたり、顔が赤くなったり、異常にトイレが近くなったり、急に塩っ辛い物が食べたくなったり、まだまだ飲み足りなくなって、そろそろビールより焼酎が飲みたくなったり、そして、しばらくすると突然気持ち悪くなったりなどの怪現象を体験しています。

 

ゲーム内容はほとんど記憶にございませんが、ホント恐ろしいゲームです。。。

 

 

あくまで都市伝説ですが、

そういうのが苦手な方、感じやすい方、見える方は、アルコールやプリン体、尿酸値が気になり始めた方は、このゲームは控えた方が良いかもしれませんね。

 

信じるか信じないかは、あなた次第です(; ・`д・´)キリ!!

 

 

 

ブログ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

 

-ゲーム都市伝説
-, ,

Copyright© レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.