ファミコンやメガドライブ、スーファミなどで、個人的に思い入れの強いレトロゲームやゲーム美少女キャラの紹介をしております。(たまに最近のゲームについても紹介しています。)ゲーム好きの方は是非見ていってくださいね。

レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ

アーケード

アーケードクラシックゲームミニに入れてほしい名作アーケードゲーム

投稿日:

 

今回は、

もし、アーケードクラシックゲームミニが発売されるとしたら、是非とも入れて欲しい!

というゲームについて紹介しております。

 

個人的によく遊んだおすすめゲーム、もう少しやりたかったゲーム、大好きだった名作ゲームですが、80年代後半から90年代にゲーセンに通っていた方は、きっと共感できるゲームもあるのではないでしょうか。

 

 

一部家庭用ゲームに移植されているものもありますが、なるべくアーケード完全版が移植されていないものを中心に選んでいます。

 

こんなゲームが出たら即買いたいのですが、メーカーもバラバラですし発売は難しそうですよね^^;

 

あくまで、個人的な願望、妄想ですが、当時ゲーセンによく通っていた、アーケードゲームが好きだった!という方は、是非見ていって下さい。

 

 

 

アーケードゲームミニが出るなら収録してもらいたい作品

 

 

 

ワルキューレの伝説

 

 

1989年 ナムコ

 

当時ゲーセンで大人気だった、ナムコの人気キャラ、ワルキューレが活躍するアクションRPG。

 

2Pプレイだと、2P側がサンドラになります。

 

音楽、操作性も抜群で、進むごとに様々な武器や魔法が手に入り、どんどん強くなっていくのも面白かったですね。

 

先の展開も気になりますが、いつも途中で資金が尽きて諦めていました。

 

 

PCエンジンにも移植されていますが、完全なアーケード版とは言えず残念だったことをよく覚えています。

(PCエンジン版は、あれはあれで面白かったですが。)

 

その後、プレステのナムコミュージアムで、アーケード版が移植されています。

 

 

 

 

エリア88

 

 

1989年 カプコン

 

同名漫画を題材とした、カプコンの横シューティングゲーム。

 

お金を貯めてミッション前にサブウエポンを購入できるのが本作最大の特徴。

 

難易度は高いですが、シューティングが苦手な私でも何度でもやりたくなる絶妙な面白さでした。

 

スーファミでも移植されていますが、スーファミでは当時のアーケードゲームをそのまま移植することはできず、かなりアレンジして移植されています。

 

残念ながら、その後、アーケード版の完全移植はされていないようです。

 

 

 

 

ウィロー

 

 

1989年 カプコン

 

当時好きだった人気映画「ウィロー」のアクションゲーム。

 

映画と同じように、魔法使いと剣士をステージごとに交代で使用していきます。

 

当時のカプコンゲームとしてはあまりヒットせず、ゲーセンからも撤去されるのが早かったので、できればもう一度じっくり遊んでみたいです。

 

 

ファミコンでもウィローが出ていますが、こちらは純粋なRPGなので、アーケード版とは全くの別物。

 

残念ながら、アーケード版のウィローは移植されていないようですね。

 

ちなみに、映画も面白いので、剣と魔法のファンタジー映画が好きな方は、機会があれば是非見てみてください。

 

 

 

マジックソード

 

 

1990年 カプコン

 

こちらも当時人気だった横スクロールアクションゲーム。

 

剣でゴリ押ししていくアクションですが、仲間として一緒に戦ってくれるオプションが多彩で、誰を連れていくかで難易度も変わってきます。

 

 

特に、後半仲間になる、リザードマンやナイトは頼もしかったですね。

 

こちらもスーファミで移植されていますが、当時のスーファミではアーケード版をそのまま移植することは容量的に難しく、グラフィックは劣化しステージはカットされ、どうしても物足りなくなります。

 

やはり、やるならアーケードの完全版をやりたいですよね~。

 

 

 

クライムファイターズ2

 

 

1991年 コナミ

 

ダブルドラゴン的なコナミのベルトスクロールアクションゲーム。

 

難易度は高いですが、キャラのアクションやリアクションが面白く、見ているだけでも楽しいです。

 

また、武器などのアイテムなども豊富なのも良いですね。

 

 

ベルトアクション好きの方は、きっと今やっても楽しめるでしょう。

 

当時は、4人同時プレイできる筐体でよく遊んでいました。

 

やはり、ベルトアクションは大勢でやると盛り上がりますね^^

 

 

 

 

ワンダー3

 

 

1991年 カプコン

 

1つの基盤で、アクション、シューティング、パズルの3つのゲームが入っている作品。

 

その中でも、私は特にアクションゲームの

ルースターズ ~チャリオットを探して~

を好んでよくやっていました。

 

 

この時期のカプコンのアクションにしては珍しく難易度も低めなので、ワンコインで長時間遊べました。

 

シューティングもソコソコ遊んでいましたが、パズルゲームだけはどうもやる気になれず、ほとんどやったことはありませんでしたね^^;

 

 

 

 

クイズ迷探偵 ネオ&ジオ

 

 

1991年 SNK

 

SNKのクイズゲームで、二つのシナリオから選ぶことができます。

 

当時はクイズゲームも人気ジャンルの一つで、よく知識を競って遊んでいました。

 

クイズゲームと言えば、カプコンワールドなどが人気でしたが、そちらは色々と移植もされているので、家庭用には移植はされていない本作を今回は選んでみました。

 

 

その名の通り、クイズゲームとしては迷作で、色々ツッコミどころ満載のおバカゲームともいえます。

 

しかし、人気だった芸能人も多数登場するので、当時テレビっ子だった方は、きっと懐かしく感じるでしょう。

 

 

マガジンミステリー調査団(MMR)や、Xファイルなども当時は大人気でしたので、それ系の宇宙人やUMAなどが好きな方はストーリーも楽しいですよ^^

 

しかし、肖像権などの関係上、今となっては移植やリメイクはかなり難しいでしょうね。。。

(当時も取っていたのか疑問ですがw)

 

 

 

 

 

ゴールデンアックス デスアダーの復讐

 

 

1992年  セガ

 

セガの人気ベルトアクションゲーム、ゴールデンアックスの続編で、Ⅰで倒したはずのデスアダーが復活し、再度討伐に向かうという設定。

 

前作から数十年後の世界なので使用キャラクターも一新されていますが、ドワーフのギリウスだけが高齢に鞭を打って、巨人族ゴアのサポートとして参加しています。

 

 

メガドライブ版のゴールデンアックスは、Ⅱ、Ⅲと続編が出ていますが、アーケード版の続編は本編が初。

 

 

セガらしい軽快なアクション、個性的なキャラクターで、当時は大人気でした。

 

難易度が高いですが攻略法はしっかりあるので、何度もやると着実に上手くなります。

 

名作なのに、家庭用に移植されていないのは残念で仕方がありません。

 

 

 

達人王 / TRUXTON II

 

 

1992年 東亜プラン

 

シューティングゲームメーカーの雄、東亜プランの傑作シューティング第二弾で、和名は達人王、海外タイトルはTRUXTON II。

 

序盤から敵の攻撃が激しく、相変わらずの難易度ですが、こちらも何度でも遊んでしまう絶妙な面白さです。

 

 

一見すると弾幕が多くて難しそうに見えますが、意外とサクサク避けられて自分が上手くなったようで気持ちが良く、当時はよく遊んでいました。

 

 

縦シューティング好きの方には、一度はプレイしてもらいたい作品。

 

 

 

 

アンダーカバーコップス

 

 

1992年 アイレム

 

アイレムのベルトアクションゲームで、パっと見ファイナルファイトにも似ていますが、これはこれで十分面白いです。

 

必殺技やステージ上のギミックも多く、他のベルトアクションとはまた違った楽しさがあります。

 

 

スーファミにも移植されていますが、アーケード完全版ではありませんので、完全版も移植してもらいたいですね。

 

ちなみに、スーファミ版のアンダーカバーコップスは希少価値が高く、中古市場価格もかなり高いです。。。

 

 

 

ウルトラマン倶楽部  戦え!ウルトラマン兄弟!!

 

 

1992年  バンプレスト

 

昔懐かしい、固定画面のアクションゲーム。

 

画面上の敵を全滅させればクリアとなるシンプルなルールで、難易度も低め。

 

 

そこまで名作ゲームか?と言われると賛否あるでしょうが、味の濃いものばかり食べていると、たまにアッサリした物が食べたくなるのと一緒で、息抜きにはこういうゲームが丁度良いです。

 

他のゲームで熱くなりすぎたり、イライラモヤモヤするときに、シンプルで何も考えずにのんびり遊べるこういうゲームは重宝しますね。

 

 

 

 

RタイプLEO

 

 

1992年 アイレム

 

アイレムの人気横シューティング、Rタイプシリーズのシステムを一新した作品。

 

今回は自機の上下に追従するサイビットの活用が大きな特徴で、これで防御したり、敵に当てて攻撃したりします。

 

Rタイプの特徴であるフォースの脱着や溜め撃ちなどは、今作にはありません。

 

 

ストーリーもこれまでのシリーズとは別の世界のお話。

 

個人的には好きな作品でしたが、残念ながらこちらも家庭用ゲームには移植はされていません。

 

 

 

 

パニッシャー

 

 

1993年 カプコン

 

人気アメコミキャラクターを題材としたベルトアクションゲーム。

 

カプコンのベルトアクションにしては選べるキャラクターが2人と少ないですが、その分、アクションがかなり豊富です。

 

 

パンチ、キック、掴み技、投げ技、銃攻撃からジャイアントスイングまであります。

 

アベンジャーズでお馴染みのSHIELD長官、ニック・フューリーが参加しているのも今となっては貴重ですね。

 

 

 

キャディラックス 恐竜新世紀

 

 

1993年 カプコン

 

アメコミ的なカプコンお得意のベルトスクロールアクションゲーム。

 

カプコンのベルトスクロールアクションは名作が多いですが、本作も間違いなくそのうちの一つ。

 

 

特に中盤の車で人を吹っ飛ばすシーンは爽快ですが、今ならどっかの何とか団体が、子供に悪影響とか、真似する人が増えるとかクレームを入れてきそうですね。

 

カプコンベルトアクションコレクションに入らないのが残念。

 

 

 

 

マッスルボマー DUO -HEAT UP WARRIORS-

 

 

1993年 カプコン

 

 

北斗の拳でお馴染みの、原哲夫先生がキャラクターデザインをしたことで話題だった、マッスルボマーシリーズの2作目。

 

今回はチームバトルロイヤルのみの対戦。

 

 

前作は操作が難しかったですが、今回から初心者でも技がかけやすく遊びやすくなっています。

 

見た目はアメリカンプロレスですが、プロレスゲームと言うよりは格ゲーに近いですね。

 

しかし、純粋な格ゲーかと言われると疑問もあり、結果、プロレスゲームとしても、格ゲーとしても中途半端と言えなくもありません。

 

ここが本作の賛否が分かれるところですね。

 

 

 

 

アウトランナーズ

 

 

1993年 セガ

 

セガの人気レースゲーム、アウトランの続編。

 

今作は、様々な特徴がある個性豊かな車を選ぶことが可能です。

 

 

メガドライブでも移植されていますが、アーケード版の完全移植というわけではありませんので、物足りなく感じた方もきっと多かったでしょう。

 

アウトランの特徴でもある、圧倒的スピード感は、やはりアーケード版にかぎりますね。

 

 

 

 

餓狼伝説スペシャル

 

 

1993年 SNK

 

当時ストⅡと同じくらい人気だった対戦格闘ゲームで、餓狼伝説シリーズで個人的に最もよく遊んだのがスペシャル。

 

当時は、超必殺技を超練習していましたね~。

 

スーファミ版でも移植され、TAKARAから発売されましたが、残念ながらこちらは劣化移植として有名な作品。

 

アーケードの完全版を家で遊ぶには、当時は高価なNEO-GEO本体を買うしかありませんでした。

 

 

NEO-GEOは本体もソフトも高くて、とても子供では買うことはできす、敷居が高かったですね。

 

餓狼伝説シリーズは他にも色々出ていますが、個人的にはこの作品が最もゲーセンでハマったので、今回はスペシャルを入れました。

 

 

 

エイリアンVSプレデター

 

 

1994年 カプコン

 

カプコンの数あるベルトアクションゲームの中でも人気、完成度トップクラスと言えば、エイリアンVSプレデター(AVP)は外せませんよね。

 

日本国内だけでなく、海外でも高い評価を得ている、まさに名作と呼ぶにふさわしいゲーム。

 

 

家庭用ゲーム機には未だ移植されていないことから、その人気、希少価値は更に高まっています。

 

版権的なものが原因かもしれませんが、なんとか移植してもらいたいものです。

 

 

 

欧州で発売される、アーケードスティック一体型のゲーム機、capcom home arcadeにのみAVPは入っていますが、収録ゲームが16タイトルで、229.99ユーロとお値段はちょっと高め。

 

 

 

 

 

バーチャファイター2

 

 

1994年 セガ

 

言わずと知れたセガの大ヒット3D格ゲー、バーチャファイターの2作目。(画像はセガサターン版)

 

いかにもポリゴンのカクカクした前作のグラフィックから、かなりリアルに変更されています。

 

 

また、新キャラのリオン、酔拳爺さんも追加。

 

今やっても十分楽しめる名作。

 

 

 

 

エレベーターアクション リターンズ

 

 

1995年 タイトー

 

タイトー往年の名作、エレベーターアクション十数年ぶりの続編。

 

流石にこの時期ともなると、アクションも武器もアイテムも豊富で、演出も色々と派手です。

 

赤い扉に入るなど、一部前作を踏襲していますが、それ以外はほぼ別ゲームと言っても良いでしょう。

 

 

知名度はあまり高くないかもしれませんが、やれば楽しい良作品。

 

セガサターンで移植されており、こちらは移植度も高いです。

 

 

 

 

電脳戦機バーチャロン

 

 

1995年 セガ

 

ツインスティックで戦うロボットの対戦ゲーム、バーチャロンシリーズの第一作目。

(画像はセガサターン版です)

 

3D空間を自由自在に動き回って戦うゲームは当時としては珍しく、また、スティック型のコントローラーも実際にロボットを操縦しているようで面白いです。

 

特に、ガンダムなどのロボット系が好きな方は、自分がパイロットになったかのように楽しんでいたことでしょう。

 

 

セガサターンやプレステ、Xboxなど、多くの家庭用ゲーム機にも移植される大ヒットシリーズ。

 

その人気の高さから、後にスーパーロボット大戦シリーズにも登場しています。

 

 

 

 

X-MEN VS STREET FIGHTER

 

 

1996年 カプコン

 

カプコンの人気ゲーム、ストⅡとX-MENのキャラが戦う対戦格闘ゲーム。

 

二人同時の必殺技や連続コンボなど、見た目にも派手な技が見る者の目を惹きます。

 

格ゲーが苦手な私でも、レバーをガチャガチャやっているだけで技が出たので遊びやすかったですね。

 

面白いのですが、この辺りから操作もだいぶ複雑になり、慣れるまではそれなりの資金が必要になります。

 

 

特に、空中に吹っ飛ばしてのコンボは強力ですが、一朝一夕では身につきませんので、地道な練習が必要ですね。

 

初心者が熟練者から、何もせずに一歩的にボコられたりなど苦い経験をしたことがある方も多いでしょう。

 

後に、セガサターンやプレステでも移植されています。

 

ストⅡキャラの人間離れした超人的な能力も、X-MENやアベンジャーズのようなスーパーヒーローの部類と同じと思えば納得。

 

相変わらず、キャミィのヒップが抜群です( *´艸`)

 

 

 

ダンジョンズ&ドラゴンズ シャドーオーバーミスタラ

 

 

1996年 カプコン

 

カプコンの人気ベルトアクションゲーム、ダンジョン&ドラゴンズの2作目で、今回からキャラクターもアイテム、アクションも色々増えています。

 

しかし、その分、操作は難しく、従来までのベルトアクションのようにただひたすらパンチ連射、攻撃ボタン連射だけでは攻略は難しいでしょう。

 

 

攻撃、ダッシュ、サブウエポン、ガードなど、覚えるまでは大変ですが、一度覚えるとその戦術やアクションにハマります。

 

他のベルトアクションとは一味違うので、これまで散々ベルトアクションゲームを遊んできた方でも、また違った楽しさを味わえるはず。

 

PS3で移植されているそうですが、残念ながら私は移植版はやったことがありませんでした。

 

 

 

 

怒首領蜂

 

 

1997年 アトラス

 

極太レーザーが気持ちいい、ケイブ開発、アトラス販売の縦シューティングゲーム。

 

前作、首領蜂の続編にあたり、今作も弾幕シューティングとして凄まじい数の敵弾を浴びせられます。

 

見た目は敵弾が多くて難しそうですが、当たり判定が小さいせいか、意外と避けられるので、シューティングが苦手な方でも楽しめるでしょう。

 

ゲーセンで遊んでいると、ヘタッピでも上手そうに見えて気持ちが良いです^^

 

こちらは、人気シリーズなので、セガサターンやプレステでも移植されています。

 

 

 

ぐわんげ

 

 

1999年 アトラス

 

式神を操る和風テイストな縦シューティングゲーム。

 

自機と同時に式神も操作する為、他の縦シューティングとはかなり異なり操作も難しいです。

 

一般的なゲームは、1面は練習みたいなステージですが、本作は1面の最初からいきなり難しく、1面もクリアできないという人も多かったですね。

 

しかし、この独特の設定がハマる人にはハマり、今でも一部ではファンが多い作品です。

 

Xboxでのみ移植はされているようです。

 

 

 

これらが入ったゲーム機が1万円くらいで発売されたら、即買います(‘ω’)ノ

 

 

YouTube動画はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

 

-アーケード
-

Copyright© レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.