ファミコンやメガドライブ、スーファミなどで、個人的に思い入れの強いレトロゲームやゲーム美少女キャラの紹介をしております。(たまに最近のゲームについても紹介しています。)ゲーム好きの方は是非見ていってくださいね。

レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ

NINTENDO64

ニンテンドウ64名作ゲーム特集その①(1996~1997)

更新日:

 

 

 

ゲームが変わる、64が変える

 

のキャッチコピーでお馴染みの任天堂の第5世代家庭用ゲーム機 NINTENDO64

 

今回は、ニンテンドウ64の名作ゲーム、おすすめソフトについて紹介していきます。

 

任天堂にとって不遇の始まりともなる、通称「64」。

 

ニンテンドウ64は、プレステやセガサターンの発売から2年近くも遅れ、家庭用ゲーム機のシェアを明け渡すこととなった、任天堂にとって初の負けハードといえるゲーム機。

 

 

日本国内の出荷台数は554万台と、任天堂ハードで初めての第3位のシェアに甘んじることになります。

 

 

発売日が遅れたこともそうですが、新技術的の為ソフト開発が難しく、初期の頃はサードパーティの参入も遅れ、ソフト数が圧倒的に少なかったのも大きな敗因の一つでしょう。

 

キラータイトルとなるはずだったファイナルファンタジーⅦもプレイステーションから発売されたのもダメージは大きかったですよね・・・。

 

64は、その名の通り64ビットCPUをいち早く搭載し、今でこそ当たり前となった3Dスティック、振動パックを初めてコントローラーに付けるなど、感覚的にゲームを体感できる当時としては画期的なシステムを備えております。

 

 

ハードもソフトもプレステやセガサターンより性能は上なのですが、いくら性能が良くても肝心のソフトが少なくては買う気はおきません。

 

せめて、あと1年早く64が発売され、スーファミ並みに初期からソフトが充実していたら家庭用ゲーム機の歴史は大きく変わっていたかもしれませんね。

 

 

 

ニンテンドウ64名作ゲーム1

 

 

今回紹介するのは、1996~1997年までに発売されたニンテンドウ64の名作ソフト、個人的におすすめゲームの紹介です。

 

ニンテンドウ64の名作ゲーム、おすすめソフトをお探しの方は、是非参考にしてください。

 

ちなみに、サッカー、野球、競馬などは個人的に興味が低く、当時からほとんど遊んだことがありませんので、それらのゲームはどうしても少なくなりますが、予めご了承願います。

 

 

 

スーパーマリオ64

 

 

1996/6/23 任天堂

 

人気のマリオシリーズが、初めて3Dアクションとなった作品。

 

ヒップドロップやスライディング、ボディアタック、3段飛びなどのアクションも多彩。

 

立体空間を3Dスティックで自由自在に移動できるのが面白く、ただフィールド内を走り回っているだけでも楽しいです。

 

 

隠されたパワースターもたくさんあるので、やり込み要素も豊富。

 

この作品で、初めてマリオの声を聴いた人も多かったことでしょう。

 

ローンチタイトルにふさわしい作品でした。

 

 

 

パイロットウィングス64

 

 

1996/6/23 任天堂

 

スーファミでも人気だったスカイスポーツシミュレーションゲームの64版。

 

ポリゴンで構築されたフィールドを自由に飛ぶことができます。

 

 

今回は、ハンググライダーやロケット、ジャイロコプターなど個性的な機器で飛ぶことが可能。

 

高得点を目指して何度でも遊びたくなる作品。

 

 

 

ウェーブレース64

 

 

1996/9/27 任天堂

 

ポリゴンで描写された水面のコースをジェットスキーで滑走する水上レースゲーム。

 

キラキラ輝くリアルな水面や波の起伏を走る爽快感は、陸上のレースゲームとは、また一味違う楽しさがあります。

 

また、日本コカ・コーラとのコラボにより、コース上にファンタやスプライトの広告も設置されています。

 

海外で発売されたwave raceに続くシリーズ2作目ですが、国内では本作が初リリース。

 

 

ニンテンドウ64のローンチタイトルが、マリオ、パイロットウィングス、最強羽生将棋のわずか3本しかなく、しかも、64が発売されてか3ヶ月は新作ソフトの発売はありません。

 

最初の3ヶ月は、なんとこの3本しかソフトがありませんでした。

 

3ヶ月経ってからようやくウェーブレース1本が発売されましたが、サードパティの参入も遅れ、ニンテンドウ64初期の頃は圧倒的なソフト不足に悩まされます。

 

まるで、往年のセガハードを見ているようです。

 

この時点で既に64は、負けハードとしての道を歩み始めていたのかもしれませんね。

 

 

 

 

ワンダープロジェクトJ2 コルロの森のジョゼット

 

 

1996/11/22 エニックス

 

スーファミでリリースされたワンダープロジェクトシリーズ2作目。

 

キャラクターデザインは、スタジオジブリでも中核を担うアニメーターとして活躍していた山下明彦氏。

 

山下氏は、ハウルの動く城や、借りぐらしのアリエッティの作画監督としても有名ですね。

 

今回は、前作の15年後のブルーランドを舞台に、ギジンの少女ジョゼットの成長を導いていきます。

 

ジョゼットの質問に対し、YES、NOで返答し、様々な知識や概念を学習させます。

 

今でもその人気、評価は高く、リメイクを希望する声も多い作品。

 

 

 

 

マリオカート64

 

 

1996/12/14 任天堂

 

言わずと知れた任天堂の名作レースゲームシリーズの64版で、64ユーザーのほとんどの方が持っていたソフト。

 

64の多人数プレイ機能を活かし、今回は最大4人で遊ぶことができます。

 

起伏のある個性的なコースから、バトルロイヤルなど、1人でも多人数でも楽しい名作。

 

 

ニンテンドウ64のソフトの中では、国内では最も多い出荷本数を誇るのが本作。

 

64の名作と言えば、本作は決して外せないでしょう。

 

 

 

実況パワフルプロ野球4

 

 

1997/3/14 コナミ

 

スーパーファミコンで人気だったコナミの実況野球ゲームの64版。

 

本作はシリーズ4作目に当たり、64のアナログスティックを活かした感覚的な操作が可能。

 

 

サクセスモードも強化され、スーファミでは作れなかったような投手も作成できます。

 

ミートカーソルも変更され、前作よりも打ちやすくなっています。

 

 

ブラストドーザー

 

 

1997/3/21 任天堂

 

衝撃を受けると大爆発するトレーラーが障害物に当たらないように進路上にある様々な建物や物を重機で破壊していくゲーム。

 

 

建物を豪快に破壊していくのは、とても気持ちよく爽快です。

 

とても分かりやすいルールなので、初めての方でもすぐに遊べますが、操作にクセのある重機も多く、後半は中々の難易度。

 

 

 

 

スターフォックス64

 

 

1997/4/27 任天堂

 

スーファミで一世を風靡した3Dポリゴンシューティング、スターフォックスの64版。

 

64でよりリアルになった3D空間や、地上戦対応の新しいマシンで戦います。

 

 

あと、スリッピーの可愛さもアップしてます。

 

振動パックをコントローラーに装着することで、ダメージや爆発の衝撃を振動で再現してくれるなど、当時としては画期的でした。

 

 

 

スターウォーズ 帝国の影

 

 

1997/6/14 任天堂

 

大人気映画スターウォーズシリーズのスピンオフ作品、「SHADOWS OF THE EMPIRE」を題材とした作品。

 

ストーリー的には、EP5帝国の逆襲とEP6ジェダイの帰還の間のお話。

 

スターウォーズのゲームと言うと、あまり良いイメージをお持ちではない方も多いかと思いますが、そこは任天堂作品なので、他社のゲームとは違います。

 

 

戦闘機による3Dシューティングや、キャラクターを操作する陸上戦などステージも個性豊かです。

 

また、映画でもお馴染みのキャラクターも登場するので、スターウォーズ好きにはたまりませんね。

 

 

 

ゆけゆけ!!トラブルメーカーズ

 

 

1997/6/27 エニックス

 

敵や物を振ってアイテムを出したり、仕掛けを解いていく非常にユニークなアクションゲーム。

 

メイドロボットのマリナを操作し、悪の帝国にさらわれた博士の救出に向かいます。

 

本作は、攻撃やジャンプ、ダッシュの他にも、物を掴んで振って投げてと、アクション操作がとても個性的。

 

 

奥行きのある背景や、むだにカッコいいBGM、主題歌も良かったですね~。

 

時にはオブジェクトを振って仕掛けを解いたりなどの謎解き要素もあり、知名度はそれほど高くないかもしれませんが、一部では非常に高い評価を得ている作品です。

 

 

 

DOOM64

 

 

1997/8/1 ゲームバンク

 

FPSを代表する人気タイトルの一つ「DOOM」の64版。

 

従来のシリーズと基本設定は同じですが、よりグラフィックもリアルになり臨場感や不気味さもアップしています。

 

 

絶妙に配置された敵キャラなど難易度も高く、やり応えのあるゲームです。

 

FPSが好きな方は、今やっても十分楽しめるでしょう。

 

 

 

がんばれゴエモン ネオ桃山幕府のおどり

 

 

1997/8/7 コナミ

 

コナミの人気アクション「ゴエモン」シリーズの初3D作品。

 

桃の形をした飛行物体に、形を変えられたお城を元に戻すためにゴエモンとエビス丸が旅に出るという内容。

 

3Dになったことで、バトル空間も全方位自由に動くことが可能です。

 

 

ゴエモンとエビス丸は最初から使えますが、途中からサスケとヤエも使用できます。

 

もちろん、巨大からくり人形「ゴエモンインパクト」も健在。

 

オープニング曲は影山ヒロノブ氏、ゴエモンインパクト戦の挿入歌は水木一郎氏と、アニソン界レジェンドの熱い歌声を聞くことができますよ。

 

 

 

 

ゴールデンアイ007

 

 

1997/8/23 任天堂

 

知る人ぞ知る、64きっての名作FPS。

 

英国の諜報機関MI-6のジェームズ・ボンドとなって、様々なミッションをこなしていきます。

 

ストーリーモードももちろん面白いのですが、本作の人気に火が付いたのはやはり対戦モードでしょう。

 

 

最大4人で対戦できるマルチプレイはとにかく白熱します。

 

全世界で800万本も売れた大ヒットタイトルで、現在の中古市場でも、箱付きで数万円はする未だに超人気作品。

 

 

 

 

爆ボンバーマン

 

 

1997/9/26 ハドソン

 

ハドソンの人気アクションゲーム、ボンバーマンの3D作品。

 

今回は敵を倒すだけでなく、フィールド上の様々な仕掛けや謎を解いてステージを攻略していきます。

 

 

爆風も従来の十字型ではなく、ドーム状に広がる仕様。

 

ストーリーモードとバトルモードがあり、ストーリーモードは全6ステージ。

 

バトルモードは最大4人で対戦できます。

 

 

 

 

ぷよぷよSUN64

 

 

1997/10/31 コンパイル

 

様々なプラットフォームに移植されている大人気落ち物パズルゲームの3作目。

 

今回は、連鎖に巻き込むと相手に落とすお邪魔ぷよが増える、太陽ぷよが登場しています。

 

 

64版はキャラクターの声は省略されていますが、トーナメント形式で戦う「かちぬきぷよぷよ」と、出題される課題をどんどんクリアして行く「とことんなぞぷよ」が新規収録されています。

 

 

 

 

ディディーコングレーシング

 

 

1997/11/21 任天堂

 

ドンキーコングの頼れる相棒、ディディーコングが主役のレースゲーム。

 

一見、マリオカートのドンキー版?とも思えるタイトルですが、本作はカート以外にも、飛行機やホバークラフトなども選択可能。

 

 

マリオカート同様、レースとバトル用コースもあり、最大4人で対戦することができます。

 

マリオカートとは一味違った、熱い対戦ができますよ。

 

 

 

 

プロ麻雀極64

 

 

1997/11/21 アテナ

 

スーファミでも人気だった、日本麻雀連盟とコラボした本格麻雀ゲームの64版。

 

16人のプロ雀士と対戦するプロモードの他にも、ギャンブルモード、トレーニングモードなどもあり、純粋に麻雀を楽しみたい方、麻雀を
強くなりたい方におすすめです。

 

 

リアル志向の本格麻雀ゲームですが、麻雀に興味が無い方には全く響かないタイトルでもあります。

 

 

 

 

スノボキッズ

 

 

1997/12/12 アトラス

 

スノーボードで対戦するレースゲームで、最大4人で対戦することができます。

 

分かりやすく言うと、マリオカートのスノボ版。

 

 

5人のキャラクターと、それぞれ特徴のある板を選び、バトルレースやスキルゲーム、タイムアタックなどに挑戦します。

 

 

レースやミニゲームなどでお金を貯めて、ボードショップで新たな板を買うこともできます。

 

 

 

ヘクセン

 

 

1997/12/18 ゲームバンク

 

DOOMのスタッフが制作した、FPS型のファンタジーRPG。

 

戦士、僧侶、魔法使いの中から選び、様々なダンジョンの仕掛けを解きながら奥へ進んで行きます。

 

 

最大4人まで同時プレイが可能で、協力モードと敵対モードが用意されています。

 

対戦で選べるマップも30あり、対人戦は熱くて盛り上がる事必至。

 

 

 

 

エアロゲイジ

 

 

1997/12/19 アスキー

 

空中に浮かぶ近未来マシンによるハイスピードレースゲーム。

 

高低差があるため、左右だけでなく上下操作もとても重要になります。

 

 

スタートダッシュ、ドリフトダッシュなどの必須技も多く、普通に走っているだけではまるでライバルに敵いません。

 

爽快感はありますが、慣れるまでは操作は難しい作品。

 

 

ニンテンドウ64名作ゲーム特集① 動画はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

 

-NINTENDO64
-

Copyright© レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.