ファミコンやメガドライブ、スーファミなどで、個人的に思い入れの強いレトロゲームやゲーム美少女キャラの紹介をしております。(たまに最近のゲームについても紹介しています。)ゲーム好きの方は是非見ていってくださいね。

レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ

セガ

セガサターン名作ゲーム特集4(1996年6月~1996年9月)

更新日:

 

セガサターンの名作ゲーム特集その4です。

 

今回は、1996年6月から1996年9月に発売されたおすすめゲーム、名作ソフトについて紹介しております。

 

まさにセガサターンにとって全盛期とも言える時期で、各メーカーが力を入れた力作、名作も多かったですね~。

 

この頃は、プレステもまだFFⅦが発売されていませんので、家庭用ゲーム機のシェアはプレステよりもセガサターンの方が上だった事でしょう。

 

 

セガサターンの名作ゲームをお探しの方は是非参考にしてください。

 

 

セガサターン名作ゲーム紹介その4

 

 

 

ダライアスII

 

 

1996/6/7 タイトー

 

タイトーの人気シューティング、ダライアスの中でも特に傑作と評価も高いシリーズ2作目の移植作品。

 

 

横に長かった画面を再現するために、自由自在に画面の拡大縮小を出来るようにしたズームシステムを採用し、ゲーム性はそのまま再現してあります。

 

アーケードファンにもおすすめの一品。

 

 

 

フェーダ・リメイク! エンブレム・オブ・ジャスティス

 

 

1996/6/24 やのまん

 

ファイアーエムブレムやシャイニングフォース的なシミュレーションRPG。

 

ドラゴンや魔法というようなファンタージ世界ではなく、帝国、解放軍など、リアルな戦争描写が特徴。

 

初代はスーファミ、後にセガサターンでリメイク、2作目はプレステとなっています。

 

 

クライマックスから独立したスタッフが作ったそうで、どことなくキャラクターがシャイニングフォースに似ていますね。

 

分かりやすい設定で難易度もそれほど高くなく、これ系のシミュレーションRPGが好きな方は今でも十分楽しめるはず。

 

 

 

月花夢幻譚~TORICO~

 

 

1996/6/28 セガ

 

人気作家、竹本健司氏プロデュースによるマルチエンディングの本格スリラーアドベンチャーゲーム。

 

異世界「月の街」に足を踏み入れてしまった記憶を失くした主人公を操り物語を進めていきます。

 

 

全編CGによるリアルなグラフィックが、重厚なストーリーをしっかりと演出。

 

 

 

ストライカーズ1945

 

 

1996/6/28 アトラス

 

アーケードでロングヒットとなった、彩京が制作した人気シューティングの移植作品。

 

第二次世界大戦を舞台とした硬派な設定で、中身もシンプルで分かりやすい内容。

 

 

誰でも無難に楽しめる縦シューティングゲームです。

 

援護機によるフォーメーションなどが、攻略の鍵。

 

 

 

NIGHTS

 

 

1996/7/5 セガ

 

大空を自由に飛び回るソニックチーム開発の新感覚アクションゲーム。

夢の中で捕らわれているナイツと同化し、悪夢の住人から夢の世界を救います。

 

様々な浮遊アクションが可能で、操作しているだけでも楽しい逸品。

 

 

マルチコントローラーを使用すると更に楽しくなります。

 

後に、クリスマス仕様になった、クリスマスナイツも限定で発売され、大きな話題となりました。

 

 

 

 

ソニックウイングス・スペシャル

 

 

1996/7/5 メディアクエスト

 

アーケードで人気だった縦シューティングゲーム、ソニックウィングス3作品を一つにまとめて、更にオリジナル要素も追加した贅沢な作品。

 

 

選択できる機体の種類やステージも多く、長く楽しめます。

 

サターン版には人気キャラ「真尾まお」のシングルCDが付属。

 

 

 

 

デカスリート

 

 

1996/7/12 セガ

 

2日間かけて、10種目の陸上競技の得点を競う過酷なデカスロンのゲーム。

 

各国代表者8人によって、100M走や幅跳び、やり投げなどを行います。

 

 

ボタン連打やボタンのタイミングなどで記録が変化。

 

分かりやすく言うと、ファミコンのハイパーオリンピック的なスポーツゲーム。

 

 

 

 

 

ときめきメモリアル~forever with you~

 

 

1996/7/19 コナミ

 

ギャルゲーの金字塔とも言える、コナミの恋愛シミュレーションゲーム。

 

元はPCエンジンからですが、セガサターンから始めた人も多かったでしょう。

 

 

勉強やスポーツなどで主人公のパラメーターを上げ、気に入った女の子の好感度を上げて、卒業式に告白してもらうという内容。

 

サターン版では自分からも告白できるようになっています。

 

 

 

 

サターンボンバーマン

 

 

1996/7/19 ハドソン

 

ハドソンの人気アクションゲーム、ボンバーマンのセガサターン版。

 

CDの大容量を活かしたオープニング、エンディングアニメなど演出がパワーアップしていますが、ゲームの中身は従来のシステムを踏襲。

 

初めての方でもすぐに慣れるでしょう。

 

 

もちろん、人気の対戦バトルゲームなども収録されているので、一人でも友達と遊んでも楽しいゲーム。

 

セガから発売されたボンバーマンとしては今作が初。

 

 

 

 

パズルボブル2X

 

 

1996/7/26 タイトー

 

アーケードで人気だった、パズルボブル2とパズルボブル2Xの二つが入ったカップリング作品。

 

 

550面もあるので、じっくりと長く遊ぶことができます。

 

サターン版のオリジナル要素として、自分でパズルを作ることができるエディットモードが追加。

 

 

 

SEGA AGES VOL.2 スペースハリアー

 

 

1996/7/19 セガ

 

アーケードで大ヒットしたスペースハリアーの完全移植作品。

 

 

グラフィック、音楽も一緒なので、当時ゲーセンで遊んでいた人で、ようやく家庭用に完全移植された!と感動した人も多かったことでしょう。

 

ミッションスティックを使えば、よりアーケードに近い操作が可能です。

 

 

 

 

ファイティングバイパーズ

 

 

1996/8/30 セガ

 

バーチャファイターとは一味違う、セガの3D対戦格闘ゲーム。

 

金網や壁などに覆われているステージで戦い、壁際の戦闘がかなり熱くなります。

 

特に相手を壁ごと吹っ飛ばすのは爽快。

 

 

また、体力の他にもアーマーの耐久力もあり、これが0になるとアーマーが破壊され、防御力も低下します。

 

この壁際の戦闘、アーマーの有無などでバーチャファイターと差別化していますね。

 

セガサターン移植版には、ペプシマンなどの隠しキャラも多数登場。

 

 

 

 

天地を喰らうⅡ

 

 

1996/9/6 カプコン

 

当時アーケードで大ヒットしたカプコンのベルトスクロールアクションゲームの移植。

 

二人同時プレイも可能なので、ほぼアーケードと同じように楽しむことができます。

 

パンチ、投げ、必殺技、馬上からの攻撃など、何回やっても飽きずに楽しめる名作です。

 

カプコンベルトアクションコレクションにも収録されており、オンラインでの協力プレイも可能なので、任天堂スイッチやPS4、XBOXをお持ちの方は、今からやるならそちらの方が遊びやすくてお薦めです。

 

 

 

 

ポリスノーツ

 

 

1996/9/13 コナミ

 

スナッチャーやメタルギアなどの名作を手掛けた小島秀夫監督のSFアドベンチャーゲーム。

 

とにかくストーリーが抜群に面白く、どんどん話に惹き込まれて行きます。

 

 

また、ただのアドベンチャーゲームではなく、シューティングモードによる戦闘シーンは、バーチャガンにも対応しています。

 

小島監督作品が好きな方は、是非一度はプレイしてみてください。

 

 

 

 

ストリートファイターZERO2

 

 

1996/9/14 カプコン

 

カプコンの人気対戦格闘ゲーム「ストⅡ」の新シリーズZEROの2作目。

 

前作の13キャラクターから更に、ベガ、豪鬼、ダン、ダルシム、サクラ、ザンギエフ、ゲン、ロレントなどが追加。

 

 

前作のシステムに加え、オリジナルコンボなども加わっています。

 

セガサターン版には、殺意の波動に目覚めたリュウや、新豪鬼なども使用可能。

 

当時は、チラッと見えるサクラの赤いブルマに興奮しましたね~( *´艸`)

 

 

Sega Ages アウトラン

 

 

1996/9/20 セガ

 

セガの超傑作ドライブゲーム、アウトランの完全移植作品。

 

圧倒的なスピード感や軽快な音楽など、アーケードそのまま楽しむことができます。

 

 

アーケード版完全移植に加え、作曲者自らのアレンジバージョンも収録。

 

海外バージョンもプレイ可能です。

Sega Agesシリーズは値段が安いのも嬉しいですよね。

 

 

 

 

機動戦士ガンダム外伝1 戦慄のブルー

 

 

1996/9/20 バンダイ

 

セガサターンオリジナルストーリーのガンダム外伝シリーズで、全部で3部構成。

 

ジム部隊のパイロットが主人公で、ゲームシステムとしては3Dシューティングゲーム。

 

まるでOVAを見ているような展開には、多くのガンダムファンが熱中しました。

 

その人気の高さから、他のガンダムゲームにも登場します。

 

ユウ・カジマやブルーディスティニー、イフリートなどは、ガンダムシリーズではもはや常連ですね。

 

プレステユーザーにも自慢でき、大いに勝ち誇ることができた作品。

 

 

 

 

SEGA AGES アフターバーナーII

 

 

1996/9/27 セガ

 

アウトランと並んで、セガの体感ゲーム最高傑作と言われているアーケード版アフターバーナーⅡの移植作品。

 

ミッションスティックで遊ぶと、更にゲーセンの感動が蘇ります。

 

 

80年代に登場したゲームですが、今遊んでも全く色褪せない名作です。

 

 

 

三国志Ⅴ

 

 

1996/9/27 光栄

 

光栄の人気シミュレーション、三国志シリーズの5作目で、三国志シリーズ最高傑作とも言われている作品。

 

新たに陣形の概念が加わり、より戦闘や行軍に頭を使います。

 

あまり能力が高くない武将でも、良い陣形や自分好みのスキルを覚えていると、率先して戦に連れていっていました。

 

 

 

また、武将が新たに陣形やスキルを覚えたりするのも、育て甲斐があり面白かったです。

 

これまで全く日の目を見なかった無名の雑魚武将でも、状況によっては活躍したり、武功を上げることができるようになったのも、このⅤからでしょう。

 

前作Ⅳの評判が悪かっただけに、Ⅴの出来の良さが余計に引き立ちましたね。

 

 

 

 

サクラ大戦

 

 

1996/9/27 セガ

 

セガサターンの名作ゲームを語るうえで決して外すことができないドラマチックアドベンチャー&シミュレーションゲーム。

 

 

キャラクターの原案に、逮捕しちゃうぞ、ああ女神様などでお馴染みの人気漫画家、藤島康介氏。

原作、総合プロデューサーには、天外魔境などでお馴染みの広井王子氏。

 

アニメーションの作画監督には、ふしぎの海のナディアやエヴァンゲリオンなどのアニメーター、松原秀典氏と、

まさに、ゲーム、漫画、アニメのトップクリエイターが集結した、売れるべくして売れた名作。

 

 

他のゲーム機に移植されていないので、これをやりたいがためにセガサターンを買った人も多かったはず。

 

後に、アニメや小説、漫画、舞台、など様々なメディアとミックスしております。

 

セガサターンユーザーがプレステユーザーに大いに自慢できたソフトと言えば、バーチャファイター2、パンツァードラグーン、戦慄のブルーとサクラ大戦でしたね。

 

 

セガサターン名作ゲーム動画④はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ブログ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

 

-セガ
-

Copyright© レトロゲーム愛好家が選ぶ!神ゲー、クソゲー、美少女ゲームキャラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.