ファミコンやメガドライブ、スーファミなどで、個人的に思い入れの強いレトロゲームやゲーム美少女キャラの紹介をしております。(たまに最近のゲームについても紹介しています。)ゲーム好きの方は是非見ていってくださいね。

レトロゲーマー・アジャキングのゲーム三昧ブログ

セガ

セガ ジェネシスミニ収録ソフト紹介その3

更新日:

 

セガGENESISミニ収録ソフト紹介その3です。

ジェネシスミニの収録ゲームが気になる方、購入を迷っている方は、是非参考にして下さい。

 

 

Street Fighter II' Special Champion Edition

 

 

北米リリース 1993/9/27

国内リリース 1993/9/28

欧州リリース 1993/9/29

カプコン

 

(メガドライブミニにも収録)

 

日本でも大ヒットしたストリートファイターⅡのジェネシス移植版。

 

国内版のダッシュプラスと同様、ジェネシス版も2つのモードを選択可能です。

 

 

キャラ名が

ベガが、ミスターバイソン、

バルログが、ベガ

バイソンが、バルログ

など、一部名前は変更されていますが、それ以外はほぼ国産と同じ。

 

但し、ジェネシスミニ付属のゲームパッドは3ボタンで、6パッドは別売りで4000円くらいするのが痛いところです。

 

 

 

Phantasy Star: The end of the millennium

 

 

国内リリース 1993/12/17

北米リリース 1995/2

欧州リリース 1995/12

セガ

 

(メガドライブミニにも収録)

 

ファンタシースターのシリーズ4作目にしてアルゴル太陽系シリーズの最終章。

邦題は、ファンタシースター 千年紀の終わりに

 

 

海外版も基本的にはストーリーは同じですが、キャラクターの名前などは一部変更されています。

 

こちらも日本のみならず、海外でも好評だった名作RPG。

 

海外のゲーム雑誌や批評家からも、史上最高のRPGと呼ばれたほど。

 

 

 

 

SHINOBI III Return of the Ninja Master

 

 

国内リリース 1993/7/23

欧州リリース 1993/7/24

北米リリース 1993/8/22

SEGA

 

(メガドライブミニにも収録)

 

1989年に発売されたザ・スーパー忍の続編で、邦題は、ザ・スーパー忍II

 

外人が思い描くような忍者を上手く演出しており、豊富なアクションなどで海外で評価が高いのも納得。

 

 

海外のゲーム雑誌でも、ジェネシス名作ゲームのトップ10に入っている人気の高い作品。

 

他機種にも移植やリメイクされている欧米でも人気シリーズの一つ。

 

 

 

SONIC THE HEDGEHOG SPINBALL

 

 

欧州リリース 1993/11/15

北米リリース 1993/11/23

国内リリース 1993/12/10

SEGA

 

(ジェネシスミニのみ収録)

 

ソニックを題材としたピンボールゲームで、ソニック自身がピンボールの球となり、エッグマンの要塞を攻略していきます。

 

ボーナスステージやソニックらしい演出もあり、一般的なピンボールゲームよりも個性的で楽しいです。

 

 

アメリカで放送されたソニックのアニメ、SatAMのキャラクターと設定を組み合わせたゲームで、国内向けというよりは海外に向けて開発された感が強い作品。

 

 

 

 

Eternal Champions

 

 

北米リリース 1993/12/11

欧州リリース 1994/1/16

国内リリース 1994/2/18

SEGA

 

ジェネシスミニのみ収録

 

SEGAが家庭用として開発した2D対戦格闘ゲーム。

 

設定はモータルコンバットなどに近く、フィニッシュムーブはかなり残虐で、とても子供には見せられない演出。

18禁にしてもいいくらいグロいです。

 

 

国内では微妙な評価でしたが、海外では人気があったようですね。

 

なぜ、海外は残虐な表現が好きなんでしょうか。。。

 

 

 

Monster World IV

 

 

国内リリース 1994/4/1

SEGA

(メガドライブミニにも収録)

 

人気のモンスターワールドシリーズ4作目で、今回の主人公は可愛い女の子。

 

ペペログゥという不思議な生き物を使ったアクションが今回の大きな特徴。

 

 

アクションも抜群で謎解き要素も面白いのですが、残念ながら当時は日本でしかリリースされませんでした。

 

 

 

 

EARTH WORM JIM

 

 

北米リリース 1994年8月2日

Playmates Interactive

 

(ジェネシスミニのみ収録)

 

サイバースーツを着たミミズのジムが主人公のアクションゲーム。

 

個性的なアクションが特徴で、まるでカートゥーンアニメのように激しく動き回ります。

 

そのグラフィックの美しさは、ジェネシスの中でもトップクラスの評価を受けており数々の賞を受賞した世界的に人気タイトルです。

 

 

しかし、残念ながら国内では販売されておらず、発売されたのは、北米、欧州、豪州、ブラジルなどのみ。

 

できれば日本でも販売してもらいたかったですね。。。

 

 

 

Dynamite Headdy

 

 

北米リリース 1994/8/4

国内リリース 1994/8/5

欧州リリース 1994

 

(メガドライブミニにも収録)

 

頭を入れ替えて様々な攻撃を繰り出す玩具のヘッディが主人公のアクションゲーム。

 

 

こちらも日本での知名度はイマイチですが、海外での人気は高くファンも多いです。

 

辛口の海外のゲーム雑誌の評価も高く、トレジャーゲームの最高作品の一つとも呼ばれています。

 

 

 

 

Contra Hard Corps

 

 

北米リリース 1994/9/14

国内リリース 1994/9/15

欧州リリース 1994/10/14

 

Konami

 

(メガドライブミニにも収録)

 

 

コナミの人気アクションシューティングで、邦題は、魂斗羅・ザ・ハードコア

 

 

タイトルは若干違いますが、中身は国内版とほぼ同じ。

 

キャラクターや武器、ステージ構成なども大幅にパワーアップし、海外でも人気だった作品。

 

 

 

 

Mega Man: The Wily Wars

 

 

国内リリース 1994/10/21

北米リリース 1994/12/31

欧州リリース 1995/4/3

豪州リリース 1995/4

 

カプコン

(メガドライブミニにも収録)

 

カプコンの人気アクション、ロックマン1~3のリメイクが収録された作品。

 

邦題は、ロックマンメガワールド。

 

タイトルは若干違いますが、中身は国内版と同じです。

 

 

国内だけでなく、海外でも人気のロックマン。

 

但し、英語圏ではロックマンという名前では微妙だったため、メガマンという名に変更されています。

 

確かに、ロックマンを直訳すると岩男ですから、カッコよくはありませんよね^^;

 

 

 

 

Beyond Oasis

 

 

国内リリース 1994/12/12

欧州リリース 1995/3/15

北米リリース 1995/3

 

(メガドライブミニにも収録)

 

アクションゲームのように軽快な操作が楽しめるアクションRPG。

 

日本タイトルは、ストーリーオブトア

 

ゼルダの伝説のような、軽快なアクション、難解なダンジョンの謎解きなどは海外でも人気で、各ゲーム雑誌でも「非常に良い」と評価された名作。

 

 

ハードコア向けRPGではないので誰でも楽しみやすく、非常にスタイリッシュと称された作品です。

 

どことなくアラジンにも似た雰囲気ですし、アクションもディズニーっぽいので、海外でも受けるのは分かりますね。

 

 

 

LIGHT CRUSADER

 

 

国内リリース 1995/5/26

欧州リリース 1995/7/12

北米リリース 1995

 

セガ

(ジェネシスミニのみ収録)

 

いかにも洋ゲーっぽい雰囲気が漂う、トレジャーのアクションRPG。

 

 

洋ゲーっぽいですが、難易度はそこまで高くは無く遊びやすくなっています。

 

但し、当然ですが英語表記しかなく、謎解き要素もありますので英語が分からないと厳しいです。

 

 

 

VECTORMAN

 

 

北米リリース 1995/10/24

欧州リリース 1995/11/30

 

SEGA

(ジェネシスミニのみ収録)

 

日本未発売の横スクロールアクションゲームで、イメージ的にはロックマンに近い作品。

 

とても高いグラフィックと、アニメーション、隠し要素なども豊富、また、主人公オーボットの様々な変身能力などで、ゲーム雑誌GameProで1995年のベスト・ジェネシスゲーム賞を受賞しています。

 

 

海外では人気の作品で、この後、2も制作されますが、いずれも日本でも販売されませんでした。

 

但し、ベクターマン1.2は、PS2やPSPのセガジェネシスコレクションに収録されています。

 

こちらも日本未発売ですが、PSPなどはリージョンコードが無い為、北米版のソフトも国内版で遊ぶこと可能。

 

 

 

Virtua Figher2

 

 

欧州リリース 1996

北米リリース 1997/1

SEGA

(ジェネシスミニのみ収録)

 

3D対戦格闘ゲームとして大ヒットしたバーチャファイター2を、2D格ゲーでジェネシスに移植した作品。

 

ポリゴン版を知っている人にとっては、微妙な印象を受けるかもしれませんが、操作感覚は本家に近いです。

 

3Dポリゴンで大ヒットした作品を、16ビットで移植するのは大変だった事でしょう。

 

ジェネシスユーザーにも、人気のバーチャファイターをなんとか遊ばせてあげたいという開発者の熱い気持ちが伝わってきますね。

 

 

しかし、残念ながら、リオンと酔拳のお爺ちゃんはカットされています。

 

バーチャファイター1はスーパー32Xで移植されており、2も32Xで発売されていたらもう少し本家に近い内容で移植できたでしょうが、32Xのシェアはかなり低く商業的にも大失敗でしたので、ジェネシス版での発売となったのでしょうね。

 

 

 

Darius

 

 

タイトー

 

3画面の横長だったアーケード版を1画面にした初移植作品。

 

国内外問わず人気で、海外ではSAGAIAとしても知られています。

 

 

海外でも、ダライアスⅡは移植されていますが、3画面アーケードのⅠは移植されていませんでした。

 

メガドライブミニと同様、ジェネシスミニでも今回新たに作り直されたアーケード版ダライアスが移植されております。

 

 

 

Tetris

 

 

SEGA

 

こちらも今回初移植となる、幻のアーケード版テトリス。

 

一時期は移植不可と諦めていた作品だけに、今回の移植には海外でも驚いた方が多かったようですね。

 

本来であればゲームボーイのテトリスの前に、こちらが大ブームになるはずでしたが、大人の事情でそれは叶いませんでした。

 

本作が先にメガドライブに移植されていれば、セガの歴史も変わっていたかもしれませんね

 

 

関連記事はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ブログ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

 

-セガ
-

Copyright© レトロゲーマー・アジャキングのゲーム三昧ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.