ファミコン裏技特集(隠しコマンド編)

ファミコンの懐かしい裏技についてお伝えしております。

 

今回は、隠しコマンドのご紹介です。

 

元々隠しコマンドとして密かに入れられたものから、テストプレイやデバックの為の開発者用コードなどなど、

 

定番のものから意外と知られていないものも紹介しておりますのでファミコン世代の方は、是非試してみてください。

 

ちなみに、ニンテンドーswitchオンラインで提供されているファミコンソフトでも裏技の使用は可能でしたので、興味のある方は、是非そちらでも試してみてください。

 

 

 

隠しコマンドでソルバルウが無敵に!(ゼビウス)

 

 

ファミコン世代は一度は遊んだことがあるであろう、ナムコの名作縦シューティングゲーム「ゼビウス」。

 

難易度も高く、巨大ボスの激しい攻撃になすすべもなくやられた方も多かったことでしょう。

 

そんなゼビウスですが、タイトル画面であるコマンドを入力することで、自機のソルバルウが無敵になる裏技があります。

 

タイトル画面で

 

ⅡコンのAボタンを押しながら

Ⅱコンの十字キーの右を9回、上を2回、左を2回、下を9回

 

を押し、成功すると右上に8桁の0が表示されます。

 

この数字はⅡコンの左右で移動させることができ、赤い数字はⅡコンのAボタンで変更できます。

 

そして、左端の数字を1にした状態でリセットをし、そのままゲームを始めると、ソルバルウが無敵になります。

 

ゼビウス 無敵

 

 

これならどんなにヘタッピな方でも、延々と遊ぶことができます。

 

また、無敵以外にも、

右端と右から二番目の数字を変えると、ソルバルウのストックが変わり、

3番目と4番目は難易度

5~7番目の数字は、1機増える時の点数を変えることができます。

 

恐らく、制作者が動作確認などをするための開発者用デバックコードだったんでしょうね。

 

最初は「スゲー!」っと驚いて遊びますが、散々やり尽くすと途端にゲーム自体にも冷めてきますので、やりすぎにはご注意。

 

 

 

 

コナミの定番、コナミコマンド

 

コナミコマンド

 

上上下下左右左右BA

 

でお馴染みのコナミコマンド。

 

ファミコン世代は誰もが知っている隠しコマンドですよね。

 

ファミコンのグラディウスで初登場しましたが、その他にも、様々なゲームの裏技として存在します。

 

グラディスⅠでは、ポーズ中に入力することでミサイル、オプション2つ、バリアが装備されることは有名。

 

 

グラディウスⅡでは、タイトル画面中に入力することで自機が30機に増えます。

 

 

 

クライシスフォースも同様に、タイトル画面で入力することで、自機が16機になります。(表示上は9機となっていますが、実際には16機に増えています)

 

 

 

ファミコンの魂斗羅は、タイトル画面で

上上下下左右左右BABA

と、BAを2回入力すると、自機が30機になります。

 

 

 

 

しかし、

 

コナミコマンドはあまりに有名になりすぎたせいか、スーファミ版のグラディウスⅢは初代同様ポーズ中にコマンドを入力すると、ポーズ中はフル装備になりますが、ポーズを解除すると自爆するというトラップになっています。

 

 

 

 

 

ジル君が無敵になる(ハイドライドスペシャル)

 

 

主人公が貧弱で死にやすく難易度が高いことでも有名な、ファミコン初期のアクションRPG「ハイドライドスペシャル」。

 

PCユーザーからは名作として語り継がれていますが、ファミコンから始めた小学生にとっては分かりづらく死にやすく、クソゲーと記憶している方も多いでしょう。

 

ですが、ジル君が無敵になる裏技を使えば、簡単にクリアすることができます。

 

 

ちょっと面倒ですが、やり方自体は簡単なので、

 

当時クリアできなかった

エンディングを見たい!

という方は、是非試してみてください。

 

 

まず、普通にゲームを始め、マルチウィンドウ画面を出し、「GAME」に合わせてAボタンを押します。

これを4回繰り返し、その後、ワザとやられてゲームオーバーになります。

 

 

次に、デモ2回続けて見てからパスワード入力画面に行きます。

 

 

 

そして、パスワード入力を3回ミスし、4回目で、

3DGOLFSUPERVER

と入力すると、ジル君が無敵になります。

 

 

 

ちょっと面倒ではありますが、これでもう虚弱な主人公とは言われないでしょう。

 

 

 

 

裏ドルアーガ(ドルアーガの塔)

 

 

 

ドルアーガの塔には通常のステージの他にも、宝箱の出し方やマップが異なる上級者向けのアナザードルアーガと呼ばれるステージがあります。

これがいわゆる裏ドルアーガと呼ばれています。

 

 

裏ドルアーガの始め方は、タイトル画面で

十字キーの上を6回

左を4回

右を3回

を順番に押すだけなので、比較的簡単です。

 

 

タイトルの文字が緑色に変わると成功。

 

 

このままゲームを始めると、裏ドルアーガの塔へ突入します。

 

これは表ステージをクリアすると、エンディング画面で表示される技ですが、当時はドルアーガの塔をクリアすること自体難しかったので、裏ドルアーガの出し方を知っている人はそれほど多くはいなかったはず。

 

 

ちなみに、1面のカッパーマトックの出し方は、

表はグリーンスライムを3匹倒すですが、裏面は止まった状態でグリーンスライムを倒すと、1面から難易度が高いです。

 

 

 

 

ラウンドセレクト(魔界村)

 

 

タイトル画面で、

十字キーの右を押しながらBボタンを3回

上1回、B3回、左1回、B3回、下1回、B3回

 

を押してからゲームを始めると、開始時にステージを選ぶことができます。

 

 

 

エンディングを見ることは不可能と言われた高難易度の魔界村でしたが、この裏技を使うと簡単にエンディングを見ることができます。

 

 

なんせ、ラスボスは弱っちいので。

 

ちなみに、ニンテンドーswitchオンラインのファミコンで配信されている魔界村でも使用可能なので、エンディングを見たことない方、まだクリアしたことが無い方は、是非試してみてください。

 

 

 

最初からフルパワーアップ&レーザー装備(スターソルジャー)

 

 

 

今でも根強い人気を誇るハドソンの名作縦シューティングゲーム「スターソルジャー」。

 

 

レーザーの裏技は、当時の子供なら知っている人も多かったのですが、今は知らない人も多いようなので、改めて紹介しておきます。

 

 

まず、タイトル画面で

セレクトボタンを10回押す

1コンのA、Bボタン、左上、Ⅱコンの右下を同時に押しながらスタート。

 

成功すると最初からフルパワーアップ状態で始まります。

 

 

 

セレクトボタンで、レーザーと通常ショットの切り替えができるので、とても便利です。

 

雑魚敵は多方向にショットが飛ぶ通常弾の方が便利ですが、ボスにはレーザーが有効です。

 

特に、ラザロは合体前にアッサリ倒せるので気持ちが良いですよ。

 

 

 

 

すぐエンディングが見れる隠しパスワード(月風魔伝)

 

 

こちらは隠しコマンドというよりは、隠しパスワードになります。

 

 

タイトル画面で「つづける」を選び、パスワードの入力画面で

 

おわりをみたいなおわりをみたいな

 

と入力し、セレクトボタンを押すと、エンディング画面を見ることができます。

 

 

 

どうしても、クリアできない!エンディングを見たい!

という方にはお薦めです。

 

ただし、これでエンディングを見ても、有難味も感動もありませんのでご注意。

 

 

 

 

ラウンドセレクト(ディグダグⅡ)

 

 

タイトル画面で、

 

ⅠコンのセレクトボタンとAボタン、スタートボタン

を同時に押すと、好きなステージから始められるラウンドセレクトができます。

 

 

コマンドが簡単なので、誰でもすぐにできるはず。

 

これを使えば、最終面の72面をクリアしてエンディングをすぐに見ることができますよ。

 

 

 

 

選手が全員女の子に(激闘スタジアム)

 

 

 

ゲームをスタートしたら、

 

Ⅰコンの左下、Ⅱコンの左上を押しながら、一度ゲームをリセット

します。

 

 

タイトル画面の選択カーソルが、野球のボールからハートマークに変わっていれば成功です。

 

 

この状態でゲームをスタートすると、選手の名前やグラフィックなどが全て女性に変更されます。

 

 

 

 

 

 

サウンドセレクト(忍者龍剣伝)

 

 

電源を入れてすぐに、コントローラーの

左下、A、B、セレクト、スタートボタン

を同時に押します。

 

 

成功すると、タイトル画面に「SOUND00」と表示され、十字キーで数字を選び、Aボタンを押すと、BGMやSEを聴くことができます。

 

 

 

ファミコン裏技関連書籍はこちら

▼ ▼ ▼ ▼

 

 

 

 

動画はこちら

 

 

 

 

その他 ファミコン関連記事