PCエンジンHuカード名作特集その1(1987年~1989年)

PCエンジン名作ゲーム、個人的おすすめソフトについてお伝えしております。

今回は、PCエンジンの本体が発売された、1987年後半から1989年に発売されたゲームの紹介です。

ファミコンはもう古い!と言わんばかりに登場したPCエンジン。

 

高グラフィックのゲームに憧れましたが、

しかし、我が家では、

「ファミコンがあるでしょ!」

っと言われ、買ってもらえませんでした^^;

 

当時はカード型のオシャレなゲームに憧れましたね~。

 

数あるPCエンジンの名作ゲームの中でも、比較的、今遊んでも十分楽しめる、個人的オススメゲームについて紹介しております。

PCエンジンの名作ゲームをお探しの方は、是非参考にしてください。

 

 

PCエンジンの名作ゲーム特集1

 

ビックリマンワールド

1987/10/30

ハドソン

4500円

PCエンジン本体と同時に発売されたローンチタイトルの一つ。

アーケードでも人気だったワンダーボーイ モンスターランドのキャラを、当時、少年たちの間で爆発的ブームだったビックリマンシールのキャラクターに置き換えた作品。

キャラクターは変更されていますが、操作感覚はアーケードとほぼ同じ。

丁寧な作り込みで、ボスなどにもしっかりと攻略法があり慣れてくるとサクサク進めます。

ビックリマンファンからもアーケードファンからも支持されたゲームで、PCエンジン初期の名作を語るうえでは、決して外せない一品。

 

カトちゃんケンちゃん

1987/11/30

ハドソン

4900円

 

当時テレビで放送していたバラエティ番組、カトちゃんケンちゃんごきげんテレビの探偵コントを題材としたアクションゲーム。

ファミコンなどでもタレントゲームはいくつか出ていましたが、それまでは粗いドット表現だったので全く似ていませんでした。

しかし、PCエンジンは、キャラクターがしっかりとカトチャンとケンちゃんに見えるのに驚きましたね。

軽快なアクションと、テレビでもお馴染みのギャグなどもあり、子供が食い付かないはずはありません。

私の周囲でPCエンジンを持っていた友人は、ほとんどがこのゲームを持っていた印象があります。

全体的に難易度が高く、特に最終面は激ムズでしたね。

本作を持っている子は多かったですが、クリアした子はほとんどいませんでした。

高橋名人の冒険島のような分かりやすいアクションが好きな方にはオススメです。

 

 

妖怪道中記

1988/2/5

ナムコ

4900円

ナムコのPCエンジン初参入作品で、アーケードからの移植。

生前悪い事ばかりしていた、たろすけが天国と地獄のどちらに行くか道中で決まります。

お金を貯めてお買い物したり、博打をしたりなどアクション以外にも楽しい要素が盛りだくさんです。

 

また、乙姫のダンスなど、男子には嬉しい演出も豊富。

こちらも当時から大人気で、持っている人も多かった作品。

 

R-TYPEⅠ

1988/3/25

ハドソン

4900円

アーケードから移植された大ヒット横スクロールシューティングゲーム。

容量の関係上、アーケードの前半4ステージのみしか収録されず、残りの4ステージはRタイプⅡとなりましたが、その分、見た目や操作感覚は、アーケードとほぼ同じ。

この移植度の高い作品には、当時ゲーセンで遊んでいた人も満足したはず。

横スクロールの名作シューティングといえば、

Rタイプ

ダライアス

グラディウス

の印象が強いですね。

 

プロ野球ワールドスタジアム

1988/5/20

ナムコ

4900円

ファミコンでも大ヒットしたナムコの野球ゲーム、ファミリースタジアムのPCエンジン版。

ファミコンのファミリースタジアム86~87の移植になります。

今回からフライの落球や、ゴロをはじくなどのエラーが起こるようになり、リアルさも増しました。

ファミコンと比べるとグラフィックは上がり合成音声も使われ、より試合が盛り上がります。

野球ゲームと言えば、このシリーズは外せませんね。

 

R-TYPEⅡ

1988/6/3

ハドソン

4900円

R-TYPEアーケード版の後半4ステージが収録された作品。

PCエンジン版には、オリジナルボス「ヤジュー」が登場します。

Ⅰのパスワードを入力することで、パワーアップした状態から始めることが可能。

しかし、アーケードの5面から始まるので、1面からいきなり難易度が高いです。

当時は、1面もクリアできずに諦める子が多数いましたね。

子供には難易度が高すぎるシューティングゲームでした。

 

ギャラガ’88

1988/7/15

ナムコ

4900円

アーケード、ファミコンともに大ヒットとなったギャラガの続編。

今回から、3機合体のトリプルファイターが可能です。

また、ステージのバリエーションも増え、従来のギャラガとは一味違う面白さがあります。

もちろん、軽快なBGMのボーナスステージも健在。

シンプルな操作性、適度な難易度で、誰でもすぐに楽しめる良作品。

 

プロテニス ワールドコート

1988/8/11

ナムコ

4900円

ナムコの名作テニスシリーズ、ファミリーテニスのPCエンジン版。

軽快な操作、遠近感のあるコートで、テニスゲームとしてはかなり良くできています。

ナムコのスポーツゲームは名作が多いですよね。

普通のテニスゲームの他にも、RPGのように進めていくクエストモードもあります。

 

魔神英雄伝ワタル

1988/8/30

ハドソン

4900円

当時、男子に大人気だったロボットアニメ「魔神英雄伝ワタル」を題材としたアクションゲーム。

剣で戦うシンプルな操作のジャンプアクションゲームで、ステージごとに主人公のワタルか、その魔神、龍神丸を操作し、ステージを進んで行きます。

アニメのキャラクターが上手く表現されており、それだけでも、当時の男子にとっては大興奮でした。

 

定吉七番 秀吉の黄金

1988/11/18

ハドソン

4900円

007のパロディ的なアドベンチャーゲーム。

元は、諜報部員の安井友和が活躍する小説「定吉七番」をゲーム化した作品。

大阪を舞台に、秀吉の古文書を巡って敵組織と戦っていきます。

最初はギャグありで、ゆる~く進みますが、後半はシリアスな展開に。

昔ながらのコマンド選択式のアドベンチャーゲームで、流石に脚本が抜群に面白いですね。

最後はちょっと迷いやすいですが、そこまで難易度は高くはありません。

 

ドラゴンスピリット

1988/12/16

ナムコ

5500円

ナムコの人気縦スクロールシューティングゲーム。

囚われた姫を、ブルードラゴンのアムルが救出する内容です。

空中と地上ショットがあり、往年の名作ゼビウスを彷彿とさせる設定。

火山、森林、深海など、PCエンジンの高グラフィックを生かしたステージも大きな特徴。

ファミコンの様なパンチらが無いのは残念ですね^^;

 

ソンソンⅡ

 

1989/1/27

NECアベニュー

5400円

ソンソンに2作目で、カプコンのブラックドラゴンをベースとしたPCエンジンオリジナル作品。

アクションシューティングだった前作とは異なり、今回は、ジャンプアクションゲームになっています。

 

通常の如意棒攻撃の他、特殊攻撃やお買い物システムもあります。

シンプル操作で、誰でも楽しめる良アクションゲーム。

 

 

こっちもおすすめ記事