SEGA AGESで復刻してほしいセガレトロアーケードゲーム

 

最近は、懐かしいゲームなども、どんどんリメイクや復刻されていますよね。

 

レトロゲームを愛するものとしては、過去にハマったゲームが今の技術で安価で遊びやすくリメイクされるのは、非常にありがたいです^^

セガ作品もSEGA AGESとして、ニンテンドーswitchなどで色々懐かしいゲームが復刻していますが、まだまだ復活してほしいゲームも沢山ありますよね。

そこで、今回は個人的に復刻してほしい、セガのレトロアーケードゲームについてお伝えしていきます。

セガのレトロゲームが好きな方は、是非見ていって下さい。

 

声が大きくなると、もしかしたら本当にリメイクされるかもしれませんね(*^-^*)

 

 

パワードリフト

1988年8月

(個人的に思う)
復刻しそうな可能性度 ★★★☆☆

 

アスレチックのようなスリリングなコースを走るセガのレースゲーム。

起伏があって迫力のあるコースが魅力で、当時よくゲーセンで遊んでいました。

3DSのSEGA AGESで復刻はされておりますが、個人的には携帯機のようなちっこい画面でチマチマ遊ぶのではなく、テレビの大画面でプレイしたいです。

なので、是非ニンテンドーswitchでも復刻してもらいたいですね。

3DSで出ているので、switchでも販売される可能性は十分あるかと。

 

ファンタシースターⅡ還らざる時の終わりに

1989年3月21日

ネイが可愛い度 ★★★★★

 

メガドライブで発売された、ファンタシースターシリーズ2作目。

特に主人公の妹的存在、ネイの人気が高かったですね。

現在でも、PSO2などオンラインとなって続いている人気シリーズです。

マークⅢ版ファンタシースターⅠのSEGA AGES版が非常にプレイしやすかったので、是非ともⅡも同じように遊びやすくリメイクしてもらいたいです。

 

エイリアンストーム

1990年5月

ホットドックにエイリアンの肉を使ってそうだ度 ★★★☆☆

 

ホットドックの店主が、町に現れたエイリアンを倒していくベルトスクロールアクションゲーム。

ゴーストバスターズのエイリアン版といった印象。

店内の3Dシューティング

高速スクロールシューティング

など、ベルトアクション以外にも、色々面白い設定があります。

普段はホットドッグを売っている店員が、エイリアンが登場するとエイリアンバスターになるというのも面白い設定ですね。

 

マイケルジャクソンズ ムーンウォーカー

1990年8月

移植は無理そうだ度 ★★★★★

 

ゲーム好きだったマイコー自身が、ゲームの監修を務めたアクションゲーム。

元はアーケードゲームで、メガドライブにも移植されていますが、残念ながらメガドライブ版はアーケードとはほぼ別ゲームとなっています。

アーケードの完全版を、できればコンシューマー機には移植してもらいたいです・・・・が、

その実現は極めて難しそうです^^;

有名人や芸能人が登場するゲームのリメイクは、版権の関係上、我々が思っている以上にかなり難しいのでしょうね。

 

レールチェイス

1991年9月

「ヘイヘイヘ~イ」って真似したくなる度 ★★★★★

 

振動する椅子に座って銃を撃ちまくる、ガンシューティングゲーム。

インディージョーンズのような話で、お宝を取り追手から逃げ切る内容。

ハイスピードで走るトロッコに乗りながら、前後左右から迫る敵を倒していきます。

椅子は振動し、画面にも迫力があるので臨場感がかなりありますが、難易度は高め。

家庭用には移植されていませんが、出来ることなら家で思う存分遊んでみたいですね。

 

コットン

1991年4月

コットンよりも妖精が可愛い度 ★★★★☆

 

魔法使いの可愛い女の子、ナタ・デ・コットンが活躍する横スクロールシューティングゲーム。

可愛らしい見た目と違い難易度はかなり高く、いつも2面でゲームオーバーになっていました。

これまでも色々なハードで移植されていますが、アーケード完全版を是非ともリメイクしてもらいたいです。

コットンよりも、妖精の方がエロくて可愛かったですね。

 

ゴールデンアックス デスアダーの復讐

1992年9月

とにかく移植してもらいたい度 ★★★★★

 

ゴールデンアックスの続編で、Ⅰのボスだったデスアダーが復活し、再度討伐に向かうという設定。

個性的な仲間や様々なモンスターの乗り物、合体技などもあり、かなり楽しい内容です。

個人的には、ゴールデンアックスシリーズでは最も好きな作品ですが、残念ながら未だ家庭用には移植されていません。

なぜ、アーケードであんなに人気だったのに、未だに移植されていないのか疑問。

 

実は、今回はこのゲームを何とか移植してもらいたいがために始めた企画。

是非ともSEGA AGESで復刻して、オンラインで多人数プレイ可能にしてもらいたいですね。

 

アウトランナーズ

1993年5月

前作のターボアウトランは微妙だった度 ★★★☆☆

 

セガの人気ドライブゲーム第三弾。

今作は、スタート時に様々な特性を持つ車の選択が可能です。

最高速度、加速、ハンドリングなど、好みに合った車を選べるのが楽しかったですね。

最大8人まで同時対戦が可能で、大勢で遊ぶと盛り上がるゲームでした。

こちらもアーケード完全版の移植はされてはいないので是非、移植してもらいたいです。

 

バーチャファイター2

1994年11月

ジャイアントスイングしたい度 ★★★★★

 

セガの人気ポリゴン格闘ゲーム第二弾。

ゲーセンで最も遊んだ作品で、個人的にも思い入れが強い作品。

これ以降はキャラも技もどんどん増えてきたので、私的には格ゲーはこれくらいが丁度良いです。

セガサターンなどでもよく遊びましたが、現在の技術でオンライン対戦とかできると、より楽しめそうですね。

当時リアルタイムで遊んでいた、世の小金持ちのオッサンどもが喰いつくこと間違いなし。

 

バーチャコップ2

1995年9月

殉職しやすい度 ★★★★☆

 

アーケードでも人気だったガンシューティングゲームの2作目。

90年代にゲーセンに行っていた方は、一度くらいはプレイしたことがあるのではないでしょうか。

ブラウン管の頃は、この手のガンシューティングゲームはよくありましたが、液晶テレビではセンサーが反応せず最近は見かけなくなりましたね。

switchラボでバズーカなどもありますので、switchのジョイコンの機能を使えば、ガンシューティングゲームも出来そうな気がします。

何とかリメイクしてもらいたいです。

 

電脳戦機バーチャロン

 

1996年1月

ジョイコンでツインスティックの代わりができそうだ度 ★★★☆☆

 

ツインスティックで操作するのが話題だった、ロボット3D対戦ゲーム。

当時は大人気で、後にセガサターンにも移植され、続編がドリームキャストでも発売されています。

当時のアーケード版でオンライン対戦とかできると面白そうですよね。

こちらもswitchのジョイコンをツインスティックのようにして操作出来たら楽しいそうですよね^^

 

ダイナマイト刑事

1996年7月

この刑事が一番危険だ度 ★★★★★

 

銃や肉弾戦を駆使してテロリストと対戦するアクションゲーム。

その場にある様々なものを使って、敵をなぎ倒していくのが爽快です。

セガサターンなどでも移植されていますが、こちらもオンラインで協力プレイなどが出来たら楽しそうですよね。

 

 

こっちもおすすめ記事です

 

動画はこちら