セガサターン名作ゲーム特集その6(1997年前期)
Pocket

セガの第五世代ゲーム機、セガサターンの名作ゲーム個人的おすすめソフトについてお伝えしております。

今回は、セガサターン中期の1997年初期に発売されたゲームの紹介です。

今でもファンが多いセガの名機「サターン」。

セガサターンミニもいずれ発売してほしいですね。

 

セガサターン名作ゲーム1997年初期編

 

天外魔境 第四の黙示録

1997/1/14

ハドソン

6800円

ハドソンの人気RPGシリーズ第8弾。

今回はアメリカが舞台となっており、宗教や戦争観などが大きなテーマとなっております。

シリーズの特徴でもあるデモムービーも更に進化し、セガサターンの内蔵時計と連動し、イベントが発生するなど新要素も追加。

これまでのシリーズとは違う面白さが堪能できます。

 

ロックマン8 メタルヒーローズ

1997/1/17

カプコン

5800円

ファミコンから続く、カプコンの人気アクションゲーム、ロックマンシリーズの10周年を記念して作られた作品。

プレステからの移植で、サターン版にはカットマンとウッドマンが新たに追加。

オープニングやゲーム中の見せ場などでもアニメが流れ、ゲームを上手く演出しています。

ネジを集めて、オリジナルロックマンを作ることも可能。

 

イヴ・バーストエラー

1997/1/24

イマジニア

7800円

私立探偵の天城小次郎と、凄腕エージェント法条まりなの2人が主人公のアドベンチャーゲーム。

元はPC用のアダルトゲーム。

セガサターン版はエロ要素は抑えられていますが、それでもパンチらなどのサービスショットなどがあるため、18歳以上推奨ソフトとなっています。

全く関係ないような二つの事件が、謎を解いていくうちに一つの大きな事件になるなど、ストーリーには定評があります。

CD-ROM4枚付属されており、本編はCD-ROM3枚の大ボリューム。

4枚目は収録風景などのメイキング映像が収録。

 

ダイナマイト刑事

1997/1/24

セガ

5800円

サタコレ2800円

アーケードでも人気だった、ダイハードをモチーフとしたようなアクションゲーム。

テロリストに占拠されたビルに侵入し、大統領の娘を救うシリアスな内容ですが、ロケットランチャーや、モップ、時にはコショウなど、様々なアイテムで敵を攻撃していくのが、どこかコミカルで笑えます。

「俺の武器を知ってるかい?」

という当時のCMも面白かったですね。

難易度は高いですが、何度でも遊びたくなる爽快なアクションゲーム。

 

トゥームレイダース

1997/1/24

ビクターソフト

5800円

サタコレ2800円

英国のゲーム会社Core Designが開発した、お宝探し系の3Dアクションゲーム。

強くてセクシーなララ・クラフトが、銃を乱射しながら遺跡の謎を解いていきます。

世界中で高い評価を得て、後に映画化もされた人気シリーズ。

当時は、このグラフィックに、スゲー!リアル!っと驚いたものですが、さすがに今見ると、アレですね^^;

 

蒼弩紅蓮隊

1997/2/7

ヴァージンインタラクティブエンターテイメント

5800円

サタコレ2800円


ロックオンして一斉射撃が出来る、爽快な縦スクロールシューティングゲーム。

通常ショットとロックオン攻撃を状況に合わせて使い分けていきます。

シューティングゲームとしてだけでなく、グラフィックや音楽なども高い評価を得た作品。

 

エレベーターアクション リターンズ

1997/2/14

ビング

5800円

往年の名作エレベーターアクションの久々の続編で、アーケードからの移植作品。

今回は能力の異なる3人の主人公から選択可能です。

赤い扉に入って重要書類を取り、敵を倒しながら脱出するのは同じですが、武器やアイテムなど、色々増えています。

敵の攻撃も多彩になり、さすがにこの時期にもなると、アクション要素も豊富ですね。

 

機動戦士ガンダム外伝Ⅲ裁かれし者

1997/3/7

バンダイ 4800円

サターンで発売された、ガンダム外伝シリーズ最後の作品。

強奪されたブルーディスティニー2号機奪還するために、ユウ・カジマが3号機に乗り戦いを繰り広げます。

バーチャロン用のツインスティックにも対応。

特に宇宙世紀のガンダムシリーズが好きな方は、是非遊んでおきましょう。

 

メタルスラッグ

1997/4/4

SNK

5800円

安価な基盤と言う事で、当時多くのゲームセンターや駄菓子屋などで設置され人気だった作品。

捕虜を救出しながら、敵兵士や大型兵器を破壊していきます。

軽快で分かりやすいアクションゲームで、大人から子供まで多くの方に親しまれた名作。

 

逆鱗弾 タイムトラベルシューティング

1997/4/18

ヴァージンインタラクティブエンターテイメント

5800円

タイトーが95年に発売したアーケードゲームの移植作品。

3種類の自機から選び、タイムトラベルで人類の歴史を変えるという設定。

シンプルな操作性に難易度も抑えられて、遊びやすくなっています。

縦シューティング好きの方は、無難に楽しめる内容。

 

コマンド&コンカー

1997/4/25

セガ 6800円

リアルタイムで戦闘が行われていく、シミュレーションゲームで、元は、アメリカのゲームメーカが開発した作品。

国連軍かゲリラ軍を選び、45種類あるステージを攻略していきます。

戦闘や効果音などもリアルで分かりやすい設定なので、初めてでも遊びやすい作品。

特に海外では人気作品で、様々なプラットフォームでシリーズが発売されています。

ミリタリー系のシミュレーションゲームが好きな方は楽しめるはず。

 

スカイターゲット

1997/4/25

セガ 5800円

自機や敵機がポリゴンで描かれているリアルな3Dシューティングゲーム。

戦闘機で様々なミッションをこなしていきます。

特に、敵の大型兵器との戦闘は迫力がありますね。

アフターバーナーなど、3Dシューティング好きにはオススメの作品。

 

こっちもおすすめ記事