芸能人、有名人が出演しているセガサターンソフト
Pocket

セガサターンの頃になるとグラフィックも格段に上がり、芸能人や著名人が実写映像でそのまま登場するゲームも数多く発売されるようになりました。

実写映像は今見ると粗く感じますが、映画やドラマのような演出に当時は

スゲーΣ(゚ロ゚;)!っと驚いたものです。

今回は、芸能人や著名人、スポーツ選手などが登場する、セガサターンのゲームについてお伝えしていきますので、興味のある方は是非見ていって下さい。

当時人気だった芸能人やテレビ番組、まだまだ若かった著名人などきっと懐かしく感じる方も多いはず。

 

セガサターン芸能人・有名人出演ゲーム特集

 

ワンチャイコネクション

1994/11/22

セガ  7800円

シブがき隊の布川敏和氏や杉本彩氏、原田大二郎氏など、豪華芸能人が多数出演するアドベンチャーゲーム。

まだイギリス領だった香港の都市、ワンチャイを舞台に、事件の捜査を行っていきます。

演出、内容は、まるで刑事ドラマを見ているようで、新しいゲーム時代を感じましたね。

 

RANPO

1995/2/24

セガ  7800円

江戸川乱歩生誕百周年記念に制作された映画「RAMPO」を題材としたアドベンチャーゲーム。

映画と同じく、江戸川乱歩を竹中直人氏、横溝正史を香川照之氏が演じております。

今見ると、豪華なメンバーですよね。

ゲームはマルチエンディングなので、映画とは違った2つのストーリーを楽しむことができます。

当時の容量から、ストーリー的にはそれほど長くはありませんが、今でも十分楽しめる内容。

 

学校の怪談

1995/7/14

セガ  5800円

同名映画をゲーム化した、ホラーアドベンチャーゲーム。

当時の人気俳優、野村宏伸氏も登場します。

学校の七不思議を解いていくなど、小~中学生あたりまではチョット怖いかもしれませんが、さすがに高校生以上になると、あまり怖さは感じませんね。

映画の映像がそのまま使用されており、ファンにとっても嬉しい内容。

当時は各学校に一つくらいは怪談話などがありましたが、今でも学校の七不思議的な話はあるんですかね。

 

アメリカ横断ウルトラクイズ

1995/10/27

ビクターエンタテインメント  5800円

1970年代後半から20年近くに渡って放送された人気クイズ番組のゲーム。

当時日本テレビのアナウンサーだった、ジャストミート福澤朗氏がテレビと同じように、熱くウザく叫びます。

最終的にニューヨークを目指すお決まりの内容。

番組に自分が参加しているようで、面白い内容でした。

 

野茂英雄 ワールドシリーズ ベースボール

1995/11/17

セガ  5800円

日本人のメージャーリーグの礎を築いたといっても過言ではない、野茂選手も登場するメジャーリーグを舞台とした野球ゲーム。

当時のメジャーリーガー、672名が実名で登場します。

ペナントレースからトーナメント、オールスターなどゲームモードも色々楽しめます。

当時のメジャーリーグ好きの方には必見。

松方弘樹のワールドフィッシング

1996/2/2

メディアクエスト  5800円

釣り好きとして有名だった、松方弘樹氏のフィッシングゲーム。

船で沖に出てマグロを釣るマグロ釣りと、湖でバス釣りが可能。

実写映像を踏まえた松方氏の実践的アドバイスを聞くこともできます。

私は釣りはやらないので、松方氏のアドバイスが実際の釣りにどこまで役に立つか分かりませんが、釣り好きの方には良いのかも。

 

七つの秘館

1996/4/5

光栄  7800円

当時はよくテレビにも出演していた人気作家、志茂田景樹氏原作の謎解きアドベンチャーゲーム。

七つの秘館の謎を解き、隠された財宝を見つけるのが本作の目的。

シリアスな内容ですが、歴代当主に、徳光和夫氏や、草野仁氏、周富徳氏などが肖像画として登場するのが笑えます。

洋館の謎解きが面白く、後にサタコレが発売されるなど、当時から人気だった作品。

 

ボディスペシャル264

1996/8/2

やのまん  6800円

当時の人気グラビアアイドル、雛形あきこ氏、松田千奈氏、木内あきら氏などが登場するジグソーパズルゲーム。

動くピースをはめていき、完成するとご褒美映像を堪能できまます。

サターンはプレステと比べて、ちょっとエッチなゲームが遊べたのも男子には嬉しかったですよね( *´艸`)

 

ファンキーファンタジー

1996/12/13

吉本興業  5800円

吉本興業プロデュースのパロディ要素満載のシミュレーションRPG。

ナインティナインなど、吉本の人気タレントが多数登場します。

セガのネタや、お笑いの話、どこかで見たことがある演出など、かなり攻めた異色のゲーム。

シミュレーションRPGとしてはそれなりに楽しめますが、意外と難易度が高く、評価は分かれる作品。

 

1998/1/22

チュンソフト  5800円

様々な悩みを抱えた8人の主人公から選び、シナリオを進めていくサウンドノベル。

ダンカン氏や北陽の伊藤さおり氏などが登場します。

バッドエンドも多いので、何度も繰り返し進めていく必要もあります。

さすが弟切草や、かまいたちの夜を手掛けたチュンソフトの作品だけに、話も抜群に面白いですね。

名作としても有名なソフトで、サウンドノベルが好きな方は是非試してもらいたい作品。

 

こっちもおすすめ記事