【メガドライブソフト】クソゲーランキングTOP10
Pocket

今回は、以前某雑誌で紹介されていた、メガドライブのクソゲーランキングTOP10についてお伝えしていきます。

どんな名ハードにも必ず存在するクソゲー。

好みや評価には個人差がありますので、これが必ず誰もが認めるクソゲー!というわけではありませんが、少なくとも雑誌のコメント、当時のメガドライバーからの評価はかなり低かったようですね。

メガドライブのクソゲーに興味のある方、クソゲー好きの方は是非見ていって下さい。

 

メガドライブ クソゲーランキングTOP10

 

10位 ビースト・ウォリアーズ

1991/11/29

日本テレネット 8400円

遺伝子操作で生まれたモンスターのトレーナーとなって、強いモンスターを育てていく育成アクションゲーム。

分かりやすく言うと、モンスター同士のプロレス。

ファイトマネーでアイテムを購入し、それで能力を上げ、他のモンスターと合体させていきます。

これだけ聞くとポケモンっぽくて面白そうですが、肝心のモンスターの動きがモッサリしていて技もかかりにくく、見ているだけでイライラしてきます。

これで80年代中頃だったらまだしも、90年代に入ってこの値段でこの出来は、ちょっとないですよね^^;

9位 ダブルドラゴンⅡ

1991/12/20

PALSOFT  8800円

テクノスのベルトアクション、ダブルドラゴンの2作目。

名作として名高いゲームですが、それはあくまでテクノス作品の場合。

このパルソフトのメガドライブ移植版は、スピードは遅い、敵にハメられる、敵を倒すたびに画面が止まるなど、とにかく評判が悪いことで有名。

メガドライブで、しかもこの値段でこれはあり得ないですよね^^;

これをやるくらいならファミコン版の方が数倍マシです。

 

8位 ラスタンサーガⅡ

1990/8/10

タイトー 6800円

前作の好評を受けて作られた2作目。

しかし、この2作目はかなり大雑把な設定で、クソゲーとしても有名な作品。

全く遊べないこともないですが、グラフィックも雑、操作性やゲームバランスも悪いと、良い点を探す方が難しいゲーム。

 

7位 四天明王

1990/8/10

シグマ商事  6200円

こちらも当時からクソゲーとして有名な横アクションゲーム。

4人の戦士を操作し、やられるたびに他の仲間と交代して進みます。

4人やられたらゲームオーバーで、コンテニューもなく、かなり難しいです。

序盤から敵の攻撃が激しいわりに、こっちの攻撃は貧弱。

せめて、敵をサクサク倒せたら爽快感はあるのでしょうが。

6位 ストリートスマート

1991/7/19

トレコ  6800円

ファイトマネーをかけて対戦するSNKの格闘ゲーム。

対戦に勝つことで、お金を手に入れ、ステータスボーナスも獲得できます。

成長要素のあるユニークな設定ですが、肝心の格ゲーが大雑把で面白くありません。

あと、敵のステータスが、明らかに自キャラよりも高すぎます^^;

これでもう少しゲームの操作性などがよければ、評価は変わっていたかもしれませんね。

この頃は、ストⅡブームで各社から様々な格ゲーが発売されましたが、ほとんどが微妙なゲームでした。

 

5位 シャドー・オブ・ザ・ビースト 魔性の掟

1992/3/27

ビクター音楽産業  8800円

怪物に姿を変えられた主人公が元の姿に戻るために奮闘する、横スクロールアクションゲーム。

とにかく単調なゲームで、敵も味方もグロテスクと、見た目もよくありません。

全く楽しめないこともありませんが、しかし、必死で貯めたお小遣いで、当時これを定価で購入してしまった子の事を思うと不憫でなりません。

海外ではそれなりに人気だったようですが、日本で受ける要素は何一つありませんね。

 

4位 ファットマン

1990/10/12

サンリツ電子  7800円

スターウォーズのジャバザハットみたいな敵とその部下たちを倒していく対戦格闘ゲーム。

勝負に勝つと、ファイトマネーを獲得し能力を強化できますが、肝心の格ゲーが微妙な出来。

洋ゲーっぽいグラフィック、微妙な操作性、グロい表現など、個人的には、これをやるくらいならファミコンのイーアルカンフーをやっていた方がマシでした。

ただし、好きな人は相当ハマるようなので、好みがハッキリ分かれるゲームと言えますね。

 

3位 中嶋悟 F-1 HERO MD

1992/5/15

バリエ  7800円

当時のF1ドライバーが多数登場するF1レースゲーム。
もちろん中島悟氏も登場します。

細かいセッティングなども出来、天候の変化によって色々変えることができますが、爽快感も無くレースゲームとしては微妙。

グラフィックの手抜き感、操作性も悪く、中島悟氏に謝れ!と言いたくなるダメっぷり。。。

バリエの中島悟氏のF1ゲームは3作品出ていますが、どれも微妙でしたね。

2位 XDR

1990/8/26

ユニパック 6800円

オーソドックスな横スクロールシューティングゲーム。

シューティングゲームとしてそれなりに遊べますので、今見ると「クソゲーか?」

っと言いたくもなりますが、当時の雑誌やメガドライバーからの評価は酷いものでした。

ファミコン並みのグラフィックや音楽で、BEEP!メガドライブの読者投票ランキングでも、最下位を独走していた、ある意味有名なソフト。

ただし、シューティングゲームとしてはオーソドックスな設定なので、先入観を捨てれば普通に楽しめます。

 

1位 ソード・オブ・ソダン

1991/10/11

セガ  6000円

メガドライブのクソゲーと聞いて、真っ先に本作を思い浮かべる方も多いでしょう。

海外でヒットしたので、元はそれなりに面白いゲームのようですが、このメガドライブ移植版は、かなりひどい有様。

今も昔も変わらず一貫したクソゲー評価で、ファミコンで言うところの「たけしの挑戦状」クラスでしょうか。

ある意味殿堂入りをはたしている作品で、開始数分で電源を切りたくなりますw

見た目通りの操作性の悪さ、高難易度で、ある意味伝説とも言えるゲーム。

せめて、女戦士のポロリでも無ければ割に合いません^^;

人がやっているのを見る分には良いですが、決して自分でやりたいとは思いません。

ある意味、苦行のようなゲームでした。

 

こっちもおすすめ記事