超有名ゲームからマイナー作品まで!ゲームボーイ名作特集その4(1993年)
Pocket

今遊んでも面白い、ゲームボーイの名作ゲーム、おすすめソフトについてお伝えしております。

今回はゲームボーイのまだまだ全盛期、1993年に発売された名作ゲーム個人的おすすめソフトの紹介です。

この年は、あのファミコンでも人気だった有名作品のリメイクや続編や、誰もが知っているあの名作、意外と知られていないマイナーだけど良作品など幅広く登場しています。

ゲームボーイの名作ゲーム、おすすめソフトをお探しの方は、是非参考にしてください。

 

ゲームボーイ名作ソフト特集1993年

 

悪魔城すぺしゃる ぼくドラキュラくん

1993/1/3

コナミ 3800円

ホラーで硬派な悪魔城ドラキュラから一変して、可愛くてコミカルになったアクションゲーム。

一応、主人公はドラキュラシリーズのラスボス、ドラキュラ伯爵の息子という設定。

ファミコン版も発売されていますが、ゲームボーイ版はその続編となります。

炸裂弾やホーミング弾、コウモリに変身したりと必殺技も豊富。

ファミコン版は可愛い見た目のわりに難易度が高すぎるとされていましたが、ゲームボーイ版は難易度も抑えられて、クリアしやすくなっています。

 

高橋名人の冒険島Ⅲ

1993/2/26

ハドソン 3800円

ファミコンでも大ヒットした、高橋名人の冒険島シリーズのゲームボーイ版3作目。

今回の名人は、宇宙人にさらわれた恋人を救うために大暴れします。

前作とあまり大きな変化はありませんが、伏せ攻撃やフルーツでの1UPなど、マイナーチェンジが施されています。

難易度は高いですが、誰でも無難に楽しめるアクションゲームでした。

モンスターメーカー2 ウルの秘剣

1993/3/19

ソフエル 4980円

キャラクターやダンジョンなども、全てカード風に描かれていることが印象的だった、人気RPG第二弾。

前作と違い、今回はMPで魔法が自由に使えるようになりました。

ダンジョンなども、カードをめくりながら進んで行くのは、他の作品には無い緊張感がありますね。

ミロンの迷宮組曲

1993/3/26

ハドソン 3800円

ファミコンでも大ヒットしたハドソンの名作アクションゲーム。

内容は、ファミコン版のアレンジ移植となっております。

面白いですが、相変わらず難易度の高い作品でした。

 

妖精物語 ロッドランド

1993/5/21

ジャレコ 3900円

アーケードから移植された、シンプルなアクションゲーム。

可愛い見た目と違い、敵を拘束して地面に叩きつけて倒すという、中々激しいアクションです。

アーケード版は固定画面でしたが、ゲームボーイ版はスクロール型に変更されています。

 

バブルボブル ジュニア

1993/5/28

タイトー 3600円

タイトーの人気固定画面アクションゲームで、ファミコンからのアレンジ移植作品。

溜め撃ちや、泡に入って空中移動が出来たりなどアクションも増加。

また、10面ごとにボスが登場し、単調だった同シリーズから色々進化しています。

 

ゼルダの伝説 夢を見る島

1993/6/6

任天堂 3900円

任天堂の人気シリーズ、ゼルダの伝説の初ゲームボーイ作品。

今回は、ハイラルに向かう途中、嵐に巻き込まれて流れついた島での冒険のお話です。

ゲームボーイ屈指の名作とも言われている作品で、当時ハマった方も多かったことでしょう。

今でも十分楽しめる名作ですが、ニンテンドーswitchでもリメイク作品が出ているので、今からやるなら、そちらの方が遊びやすくてオススメです。

 

ゴッドメディスン ファンタジー世界の誕生

1993/7/20

コナミ 4500円

知る人ぞ知る、コナミの良作RPG。

現実世界の少年と少女がゲーム世界に行き、その地の勇者の力を借りて魔王討伐に向かうという内容。

ストーリーも面白く、当時の少年たちは一度はゲーム世界に行ってみたい!と思ったはず。

そんな想いを見事に実現させた作品でした。

 

桃太郎電劇

1993/8/8

ハドソン 4500円

桃太郎シリーズのキャラたちが登場する、横スクロールアクションゲーム。

分かりやすく言うと、PCエンジン版の桃太郎活劇のゲームボーイ版と言った印象。

今回の桃太郎は、剣ではなく桃を投げて敵を倒します。

桃を使ったアクションや、サルやキジなどに変身できるのも本作の大きな特徴。

ウィザードリィ外伝Ⅲ 闇の聖典

1993/9/25

アスキー 5150円

ファンからの評価も高いことで有名な、ゲームボーイ版和製ウィザードリィ3作目。

今回からアルケミスト、ヴァルキリーなどの職業や、フェアリー、ドラゴンなどの種族が追加されています。

前作よりも難易度は上がっていますが、ウィズファンにはやり込み要素の高い作品。

しかし、3DダンジョンRPGが苦手な人には、より近づきにくくなっていますね。

好きな人と嫌いな人がはっきり分かれるのも、このシリーズの特徴。

 

ロックマンワールド4

1993/10/29

カプコン 3900円

ファミコン版のロックマン4~5を、ゲームボーイ版に再構築して発売したタイトル。

システムなども本作で確立し、後のシリーズの基本となっています。

グラフィックや効果音などは、前作のロックマンワールド3を継承。

ロックマン好きの方にはオススメの一品。

 

カービィのピンボール

1993/11/27

任天堂  2900円

任天堂の人気キャラ、カービィーのピンボールゲーム。

開発元のHAL研究所が、66匹のワニ行進のプログラムを継承して作った作品。

ステージは3階層となっており、最上階にはボスも登場します。

シリーズでもお馴染みのキャラクターも多数登場し、ギミックも豊富。

ピンボール好きも、カービィ好きの方も楽しめる内容。

 

こっちもおすすめ記事