名作からクソゲーまでSG-1000ゲームカタログ④(1985年)
Pocket

名作からクソゲーまで、セガの家庭用ゲーム機SG-1000で発売されたゲームソフトについて、カタログのようにお伝えしております。

今回はSG-1000の寿命も終わりかけている、1985年に発売されたゲームの紹介です。

ファミコンでもお馴染みの人気ゲームがSG-1000にも移植されていますが、見た目の違いは一目瞭然ですね。

当時のゲームとしては決して悪くは無いのですが、ファミコンと比べると、やはり一昔前のゲームと言う印象は否めません。

SG-1000にとって最も不運な事は、同世代にファミコンと言う怪物が存在したことでしょうね。

 

セガ SG-1000 ゲームカタログその4

 

チョップリフター

1985年

4300円

元は、ブローダーバンド社がAppleⅡ用に発売した横スクロールシューティングゲーム。

ヘリを操作し、囚われた仲間を救い基地まで運ぶ内容。

この翌年にファミコンでも発売されましたが、ファミコン版をやるとSG-1000版はかなり古臭く見えますね。

 

ピットフォールⅡ

1985年

4300円

米国アクティビジョン社が開発したアクションゲーム。

2作目はアーケード版として発売された後、SG-1000やMSXに移植されています。

ロープで渡ったり、トロッコに乗ったりと、スペランカーのような内容。

当時としては演出もアクションも豊富で、評価も高かった作品。

 

ドキドキペンギンランド

1985年

4800円

恋人の元に卵を転がして届けるアクションパズルゲーム。

床を掘ったり、足場を作って卵を割らないように運んでいきます。

SG-1000のソフトの中でも特に評価が高く、この後もマークⅢ、メガドライブ、セガサターンと発売され続けていくロングランタイトル。

 

ドロール

1985年

4300円

ブローダーバンド社のAppleⅡ用アクションゲームの移植。

ロボットのドロールを操作し、さらわれた家族とペットを救出する内容。

ジャンプとショットを駆使して敵を倒していく分かりやすい内容と、多彩なキャラ、BGMなどが人気でした。

ただし、可愛い見た目と違い、元が洋ゲーだけに難易度は高め。

 

チャックンポップ

1985年

4300円

アーケードで人気だった、タイトーの固定画面アクションゲームの移植。

ハートの牢を壊してステージから脱出する内容。

簡単そうに見えて、これが意外と難しいんですよね。

なぜか、異色の際にタイトル名がカタカタに変更されています。

 

バンクパニック

1985年

4300円

悪者から銀行を守るシューティングゲームで、アーケードからの移植。

お金を預けに来る人、奪いに来る人を素早く見分けて対応します。

ドアは12個あるので、意外と大変です。

こちらも、当時から人気だった作品。

 

ロックンボルト

1985年

4300円

画面下のパネルを見ながら、その通りに動く床をボルトで固定していくアクションパズル。

ビル建設の為に、ボルトを締めながら上に進んで行くという設定。

固定する順番も重要で、更に時間制限もあるので素早く判断しなければなりません。

簡単そうに見えて、意外と頭を使います。

 

倉庫番

1985年

4300円

パソコンで大ヒットし、後に様々なゲームに移植されている人気パズルゲーム。

指定された場所に箱を移動させる内容で、シンプルですが頭を使います。

デモ画面で、セガのロゴを使ったチュートリアルもセガらしいですね。

 

エレベーターアクション

1985年

4300円

タイトーがリリースしたアクションゲームで、アーケードからの移植。

赤いドアに入って機密書類を入手し、最下層から脱出するという流れ。

SG-1000のアクションゲームとしては、それなりに遊べる方ですが、

しかし、同時期に出たファミコン版と比べるとグラフィックなどの違いが明らか。

値段もそれほど違わないのに、SG-1000とファミコンでここまで違うと、そりゃファミコンには勝てませんよね。。。

 

チャンピオンシップロードランナー

1985年

4300円

こちらも、ファミコンをはじめ様々なプラットフォームに移植されているアクションパズルゲーム。

元々は、ブローダーバンド社がパソコン用に開発した作品。

敵から逃げながら金塊を全て取るとクリアですがチャンピオンシップという名の通り、1面から普通に難しいです。

これを全てクリアできる人は、自慢しても良いと思いますよ。

SG-1000版にもファミコン同様エディットモードが搭載されています。

 

ヒーロー

1985年

4300円

アメリカの大手ゲーム会社アクティビジョン社がリリースした同名作品の移植。

地中深くで動けなくなっている仲間の元までたどり着く内容。

爆弾などを利用し、下へと進んで行きます。

ゲーム的にはいたってシンプルな作品。

 

チャンピオンアイスホッケー

1985年

4300円

アイスホッケーを題材としたスポーツゲーム。

氷上で動いているような慣性がついており動きがリアルですが、その分、操作は難しいです。

ゴール隅を狙うと、意外とあっさり点が入ります。

 

こっちもおすすめ記事

 

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村

レトロゲーマーアジャキングのゲーム三昧ブログ - にほんブログ村