Pocket

ここでは主に、80年代後から90年代にかけて個人的にハマったお薦めアクションゲームについて紹介していきます。

当時、ゲーセンによく通っていた方、アーケードゲームが大好きだった方は是非見ていってください。

 

アーケードお薦めアクションゲーム動画はこちらからどうぞ

(YouTubeに飛びます)

 

80年代後半~90年代に個人的によく遊んだゲーム

 

88年 スプラッターハウス

 

スプラッターハウス1

 

ジェイソンマスクを被った主人公が、捕らわれた恋人を助けに行く、ナムコの名アクションゲーム「スプラッターハウス」

 

この当時ゲームセンターに通っていた方は、きっと一度くらいは遊んだことがあるのではないでしょうか。

 

ホラー感と見た目のグロテスクさで、当初は毛嫌いしていましたが、やってみるとこれがかなり面白く、今やっても十分楽しめます。

スプラッターハウス2

最初は難易度が高く感じるかもしれませんが、しっかり攻略法があり、やっていくうちにドンドン進めるようになり、腕が上がっていくのが自分でもよく分かります。

 

恋人を助けに行くとは、ずいぶん優しいジェイソンだな~っと、当時は思っていましたが、主人公はジェイソンとは全く関係ない、ただのムキムキ兄ちゃんなんですよね^^;

89年 ワルキューレの伝説

 

ワルキューレの伝説1

こちらも当時は大人気だったナムコの名作「ワルキューレの伝説」。

いつもタイトルが、ワルキューレの冒険か伝説かで迷いますが、冒険はファミコン版のほう。

 

ワルキューレの伝説は、お金を貯めて武器を買って新しい魔法を覚えてと、どちらかというとアクションRPGに近い内容です。

当時は、ゲーセンに行くたびに遊んでいました。

ワルキューレの伝説2

当時、私の通っていたゲームセンターでも長期間置いていたゲームだったので、個人的にはかなり長い期間遊んでいました。

 

しかし、いつも2面中盤辺りでゲームオーバーになっていたので、腕はちっとも上達しませんでしたね~><;

 

魔法は、分身、ハリケーンなどありましたが、個人的には巨大化の魔法が気持ちよくてボス戦などではよく使用していました^^

90年 マジックソード

 

マジックソード1

カプコンの名作横アクションゲーム。

剣でモンスターと戦うだけならよくあるアクションゲームですが、今作は、個性豊かな仲間がプレイヤーを大いに助けてくれます。

 

この仲間の選択がマジックソードの醍醐味とも言えますね。

アマゾネスのボウガン、シーフの爆弾、忍者の手裏剣など、それぞれ攻撃方法にも特徴がありますので、誰を連れていくかは好みが分かれるところ。

 

特に後半登場する、リザードマン、ナイトは主人公よりも強いのでは?

と思えるくらい高スペックなので、是非とも仲間にしたいですね。

というか、あと2人くらい仲間連れていければいいのに!

 

マジックソード2

相変わらずカプコンらしい高難易度ですが、当時は飽きずによく遊んでいました。

後にマジックソードはスーファミにも移植されており、画質は劣化していますが、中々良移植でしたね。

91年 ワンダースリー

 

ワンダースリー

一つの筐体で、アクション、シューティング、パズルの3つのゲームが選べるカプコンのワンダースリー。

シューティングとアクションはほとんどやりませんでしたが、アクションの

ルースターズ ~チャリオットを探して~

 

は、当時はかなりやり込みました。

 

軽快なアクション、個性豊かな仲間のオプションなどが楽しく、面白くて何度も遊んでいるうちに腕も上がり、ワンコインでもかなり長い時間遊べましたね。

 

ルースターズ ~チャリオットを探して~

このルースターズは、当時ワンコインでクリアする人もよく見かけたのでカプコンにしては、難易度はそれほど高くはない方でしょう。

 

私の記憶が確かなら、このゲームは家庭用には移植されていないはずなので、できればアケアカなどでダウンロード配信してもらいたいですね~。

92年 ウルトラマン倶楽部

 

ウルトラマン倶楽部1

バンプレストの固定画面アクションゲーム。

 

そこまでがっつりハマったというほどではありませんが、難易度が低くワンコインでもかなり長く遊べたので、やりたいゲームが中々空かない時などに暇つぶしによくやっていました。

 

ウルトラマン倶楽部2

画面上の敵をすべて倒すという分かりやすい設定、可愛らしいキャラクターで、今でも子供なら喜んで遊べそうなゲームですね。

二人で遊ぶと面もサクサク進めますよ。

ガンフォース

 

ガンフォース1

アイレムのガンアクションゲーム「ガンフォース」。

 

魂斗羅とよく似た雰囲気ですが、ガンフォースは様々な重火器に加え、ステー上に配置されている色々な砲台、乗り物などに乗れます。

 

ガンフォース2

ヘリに乗って上から銃を乱射したり、車で敵をなぎ倒していくのは気持ちいいですね~。

 

しかし、魂斗羅同様、一発でアウトの即死ゲームなので1面から既に難しいです。

難易度はかなり高かった覚えがあります。

 

トップハンター

 

トップハンター1

SNKの良アクションゲーム「トップハンター」。

腕が伸びて色々物を引っ張ったり投げたりのアクションの他にも、餓狼伝説2のように、手前と奥側に移動できるというのも、他にはない珍しいアクションでした。

 

トップハンター2

銃を撃ったり、ロボットに乗ったりなど、アイテムが豊富だったのも楽しかったですね。

軽快な操作、分かりやすい設定などで、初めての方でもすんなり遊べるゲームでしょう。

 

エレベーターアクション リターンズ

 

エレベーターアクションリターンズ1

タイトーの往年の名作、エレベーターアクションの続編「エレベーターアクション リターンズ」

 

さすがに初代から10年以上も経ってからの新作だけに、武器やアクション、ステージなども変化に富んで楽しめます。

エレベーターアクションリターンズ2

赤い扉に入るという事は前作の流れを踏襲しておりますが、それ以外は、共通点はありませんので、エレベーターアクションとはついているものの、ほぼ別ゲームと言っても良いでしょう。

 

この頃になると、女性キャラは皆可愛いですよね~^^

あのお胸の谷間がなんとも言えません( *´艸`)

 

メタルスラッグ

 

メタルスラッグ1

ゲームセンターCXの「たまげー」でもお馴染みの良ガンアクションゲーム。

 

当時は、ゲーセン以外にも、カラオケボックス、ボーリング場などでも置いていたので、暇つぶしによくやっていました。

メタルスラッグ2

しかし、一発即死なので難易度は高く、しかも、たまにしかやらないせいか全く上達せず、いつも1~2面でゲームオーバーになっていた苦い思い出しかありません。

 


 

以上、

当時、個人的によく遊んだアーケードアクションゲームの紹介でした。

できれば、アケアカなどでダウンロード配信してもらいたいですね~。

 

特に、ワルキューレの伝説とワンダースリー。

カプコン様、バンダイナムコ様

よろしくお願い致しますm(__)m

 

関連記事はこちら