【ディアブロⅡ】弓アマゾン最強説
Pocket

今回はディアブロ2のキャラの中でも個人的に特に強かったキャラ、弓アマゾンについてお伝えしていきます。

私の作ったキャラの中でも、特に弓アマゾンは最強クラスで強く、HELLでも比較的楽にクリアすることが出来た記憶があります。

希少なユニーク装備品ドロップに恵まれたという事もありますが、他のキャラでは苦戦するボスも、アマゾンでは安全に倒せました。

当時から弓アマゾン最強という説はありましたから、やはりキャラ的に強かったことは確かでしょう。

私が遊んでいた20年前くらいの話なので、ディアブロ II リザレクテッドにどこまで通用するかは分かりませんが、

ディアブロ II リザレクテッドは

オリジナル要素が70%

新要素が30%

という事なので、従来のディアブロ2の知識も十分役に立つはず。

アマゾンを育てようという方は、是非参考にしてみて下さい。

ディアブロⅡのアマゾンとは

ディアブロⅡのアマゾンは、槍と弓が得意な女戦士です。

弓とジャベリンのライトニングフューリーを使用する「ハイブリット」という育て方も一時期流行りましたが、スキルポイントには限りがある為、

基本的には、近距離タイプの槍か、遠距離タイプの弓・ボウガンのどちらからに分かれます。

序盤は槍やジャベリンでも問題ありませんが、HELLまで攻略するとなると、弓アマゾン一択でしょう。

その為、序盤のスキルポイントも、槍やジャベリンには振らず、

パッシブと魔術のスキル

弓とボウガンのスキル

にスキルポイントを振るようにしましょう。

また、余ったら無理に振らず、取っておくのもありです。

もし、リザレクテッドでスキルポイントの再振りが何度でもできるようであれば、色々試してみるのも良いでしょうが。

槍アマゾンがなぜキツイかというと、両手持ちの槍装備では盾を装備できないため、敵の攻撃もブロックできずモロに喰らいます。

アマゾンは元々打たれ弱いので、盾が無いとかなり厳しいです。

HELLに行くと、高性能な盾を装備したパラディンですら厳しいのに、それすら無いアマゾンは更にキツいです。

槍アマゾンではHELL ACT1の雑魚敵すら厳しく、チャンピオン系の敵が出たらまともに太刀打ちできません。

しかし、遠距離アマゾンなら、敵の攻撃を喰らうことなく安全に倒せるので、かなり楽になります。

HELLまで攻略したいなら、弓やボウガンの遠距離タイプがおすすめです。

アマゾンのメインスキル

当時、私がメインで使用していたアマゾンのスキルについて紹介していきます。

 

ガイデッド・アロー

矢が敵を追いかけていく誘導矢。

画面の見えない奥側、通路を曲がった先なども、敵を追いかけて攻撃するので、一方的、かつ安全に倒すことが出来ます。

ボス戦なども、画面に登場する前に倒すことも可能。

敵もきっと、誰から攻撃されているのか分からないでしょう。

しかも、貫通属性がある武器や貫通効果が発動すると、敵を貫通してまた戻ってきて再度ダメージを与えるという凄いスキル。

定期的に矢やボルトを補充しなければなりませんが、それでもこのスキルはかなり強力。

当時は左クリックの基本攻撃にこのガイデッドアローを入れて、遠距離の安全な位置から敵を一方的に攻撃していました。

Shiftキーを押しながらクリックすると、その場に留まりながら攻撃する為、誤って敵に突撃する心配もありません。

弓アマゾンは、この「SHift+クリック」で攻撃というのが基本ですね。(ソーサレスも同様)

但し、序盤はマナが枯渇しやすいため、早めにマナ吸収付の装備が欲しいところ。

マルチプルショット

扇状に一度に複数の矢を放つ、対象が複数の時に活躍するスキル。

スキルレベルが上がると、放つ矢の数がどんどん増えていきます。

敵が大勢いるときなどは、これで殲滅していくのが気持ちいいです。

但し、レベルを上げ過ぎるとマナの消費が激しくなるので注意。

スキルレベル10くらい振って、あとはスキルブーストで稼ぐのが良いでしょう。

単体は、ガイデッド・アロー

複数の敵には、マルチプルショット

この二つでだけでも、十分やっていけます。

ライトニング・フューリー

敵に命中すると、多方向にライトニングボルトを発射するジャベリンのスキル。

槍アマゾンではメインともいえるスキル。

敵の数が多ければ多いほど四方に稲妻が広がるので、大勢敵が沸く場所などは爽快です。

NormalやNightmareまでは無理に振る必要はありませんが、

HELLに行くと、「○○無効」という敵がたくさん出ます。

炎無効や毒無効などなど。

その中でも、物理攻撃キャラにとって天敵なのが「物理攻撃無効」の敵キャラ。

魔法効果がない攻撃は、全く倒すことができません。

そこで活躍するのが、雷属性のライトニング・フューリー。

また、隠しステージのモーモー牧場など、敵が異常に沸く場所でこのスキルを使用すると、かなり気持ちが良いです。

但し、

強力なユニークジャベリンが無いなら、無理に上げる必要もありません。

強力なジャベリンを拾った場合などはウエポンスワッピングで、そのジャベリンを装備し、敵が大量に発生した時だけ持ち替えて、ライトニングフューリーで戦うのも良いでしょう。

パッシブと魔術のスキル

パッシブと魔術のスキルでは、

ドッジやアポイドなどの回避系のスキルに数ポイント、囮となるデコイに数ポイント

そして、最も多くのポイントを割きたいのが

ワルキューレ。

味方として前線で戦ってくれるワルキューレに多めに振っておくと、戦闘がかなり楽になります。

遠距離アマゾンは防御が低いので、敵に囲まれると意外とアッサリやられます。

そんな時に重宝するのが、囮となるデコイやワルキューレ。

デコイは、その名の通り自キャラの分身を出し敵をひきつけるスキル。

囮を攻撃している最中、自分は一方的に敵を攻撃することができます。

但し、チャンピオン系やボスなどは、一瞬で溶けるので過信は禁物。

ワルキューレは、自動で戦ってくれる戦士を召喚する魔法。

こちらはデコイと違ってタフなので、より良い囮になります。

弓アマゾンの基本戦闘スタイルは、

ワルキューレを前衛として戦わせ、自分は後方の安全な位置からガイデッド・アローで攻撃。

敵が大勢現れたらマルチプルショットで殲滅。

ボス戦は、遠く離れた画面外からチクチクと攻撃。

当時の私は、こんな戦い方でHELLを攻略しました。

弓アマゾンの良い点

弓アマゾンの良い点は、何と言っても

安全に敵を全滅できることでしょう。

敵が登場する前の画面外から一方的に攻撃できるため、敵からしてみると卑怯な攻撃方法ですよねw

振るスキルも決まっているので、迷う必要もありません。

また、ワルキューレという強力な壁役の囮がいることも助かります。

育て方は簡単なうえ十分強いので、誰でも扱いやすい強キャラと言えます。

弓アマゾンの悪い点

弓アマゾンの最大の欠点が、

戦闘パターンがいつも同じで飽きやすい

という点でしょうか。

ガイデットアローをメインで攻撃して、複数の敵にはマルチプルショット

あとは常時ワルキューレを出しておく。

ハッキリ言って、この3つのスキルがあれば十分です。

ソーサレスやネクロマンサーのように、敵に合わせてスキルを変える必要もありませんし

パラディンのように、状況に応じてオーラを変える必要もないです。

やることはいつも同じで非常にシンプルですが、その分、飽きやすいキャラとも言えますね。

アマゾンを育てようと思っている方は、是非、参考にしてください。