ディアブロⅱ人気の理由とは「ディアブロって何がそんなに面白いの?」
Pocket

ディアブロ II リザレクテッド

が発表されてから、今またディアブロⅡの話題で盛り上がっていますね~。

当時は、オンラインゲームと言うのはほとんどプレイしたことがなかった為、面白すぎてドはまりしました。

特に友人と遊ぶパーティプレイが楽しくて、人数が多くなると回線落ちしやすかったですが、何度も入りなおしてプレイしていましたw

あれからもう20年以上も経つんですね~( ´ー`)(遠い目)

しかし、ディアブロシリーズをやったことがない人にとっては、

何がそんなに面白いの?

どうしてそんなに人気があるの(。´・ω・)?

っと疑問の方も多いはずです。

そこで、今回はディアブロⅡをやったことがない人に向けて、ディアブロⅡの魅力について熱くウザく語っていきます。

ディアブロⅡに興味のある方、ディアブロ2リザレクテッドを買おうかどうか迷っている方は、是非見ていってください。

ディアブロⅡの魅力とは

 

絶望的なストーリー

国産のRPGは、どちらかというとライトな世界観のものが多く、可愛らしいキャラクター、ノンビリとした世界観など、子供でも楽しめそうなゲームがほとんどですよね。

ドラクエなどの魔王を倒すゲームでも、そこまで殺伐とした印象はありませんし、グロくて残酷な演出もありません。

日本で好まれるゲームと言うのは、そういうものなのでしょう。

しかし、海外のゲームは、国産ゲームと比べると真逆と言ってもいいくらい違います。

暗くて絶望的なストーリー、グロイ演出などなど、国産ゲームではありえない設定が多々あります。

格ゲーで例えると、ストⅡとモータルコンバットの違いと言えば、分かりやすいかもしれませんね。

ディアブロのストーリーは、圧倒的な力を持つ天使と悪魔の戦いに人間が巻き込まれる話です。

激弱な人間達は悪魔たちにボロ雑巾のように倒されていき、死んだ後の魂も解放されないなど、とにかく重たいストーリーが満載です。

ディアブロⅡのお話を簡単にまとめると、

人間界に現れた悪魔3兄弟のメフィスト、ディアブロ、バールを、大天使ティラエルの力を借りながらプレイヤーが各地を救済していき、討伐するという内容です。

通常版のディアブロⅡは、ステージ4(ディアブロシリーズではACT4と呼びます)のボス、ディアブロを倒してクリア。

その後、2001年に発売された拡張パック「Lord of Destruction」では新たにACT5が追加され、ラスボスのバールが登場します。

このバールを倒して、ディアブロⅡのストーリーは終了となり、続編の3へと続いていきます。

ちなみに、当時ディアブロⅡの日本語版を手掛けたのは、モンハンやバイオハザードでもお馴染みの、あのカプコン。

国産にはないダークな世界観

ディアブロシリーズの世界観は、とにかく暗いです。

町が悪魔によって壊滅させられ、そこに住む住人が皆ひどい殺され方をしたりなど、とにかく話も演出も重たい設定。

終末的な雰囲気で、人々も絶望を抱いて生活しているような印象。

ディアブロと比べれば、北斗の拳の世界でも数倍マシです。

そこら中に死体が転がり、モンスターもグロテスク。

拷問部屋、汚物部屋などもリアルですし、残虐な演出も多々あります。

初めて行くダンジョンなどは、ちょっと恐怖感もありますね。

グロさ、恐怖、好奇心、爽快感、これがディアブロの醍醐味とも言えます。

日本では好き嫌いが分かれそうですが、国産にはないダークな大人のRPGを求めている方は、きっと満足できるはず。

国内だったら、R指定になってもおかしくありませんね。

大量発生する敵をなぎ倒していく爽快感

ディアブロシリーズは、Hack and Slash(ハックアンドスラッシュ)というジャンルで、日本ではあまり聞きなれないジャンルですよね。

これは、大量に沸く敵キャラを、ひたすら倒して進んでいく戦闘メインのアクションRPGです。

大量に襲ってくる敵をスキルなどを使ってバシバシ倒していく、かなり爽快なゲーム。

当時は、こういうオンラインゲームが主流でしたね。

いかに効率よく敵を倒していくか、レアドロップをどうやって狙うかなど、装備品やスキルによって変わります。

自分好みの育て方をしていたので、同じキャラでも人それぞれ個性が出て面白かったですね~。

画面いっぱいに沸く敵キャラをガンガン倒していくのは、国産のアクションRPGでは味わえない爽快感です。

パーティプレイ

ディアブロⅡは、何と言ってもオンラインが最高に楽しかったです。

パラディンのオーラやバーバリアンの雄たけびなどは、チームへの恩恵も大きいので助かりますし、

味方前衛が必死に戦っている後ろで、王のごとく高みの見物をしているのも楽しいですw

仲間と協力して強大な敵に立ち向かうというのは、今も昔も鉄板ネタですよね。

当時は回線が今ほど良くはなく、人数が多くなったり、エフェクトの大きなスキルを使用すると仲間が回線落ちしたりと、制限が大きかったですが、さすがに今の時代はそんな心配もないでしょう。

当時は出来なかった、全員で高グラフィックの強力な魔法を使用するのも、ディアブロ II リザレクテッドならきっと可能でしょうね。

クリア後も楽しめるやり込み要素

基本的に、RPGというのはボスを倒したら終了ですよね。

しかし、ディアブロⅡは、1周目はNormalといって、最も難易度が低い設定です。

適当にスキルを振ってどんなに間違った育て方をしても、ハッキリ言って誰でもクリアできます。

そして、1周目のACT5のバールを倒すと、同じキャラのレベルを引き継いでACT1から再度始まります。

これが2周目のNightmareという中級モード。

やることは同じですが、敵の強さがアップしノーマルよりも優れた装備品やアイテムがドロップします。

Nightmareも、よほど中途半端な育て方をしていなければ、まぁ初見でもクリアできるでしょう。

そして、ナイトメアのACT5をクリアすると、3周目にいよいよ最難関のHELLがスタートします。

このHELLが鬼畜の難易度として有名で、むしろHELLが本番と言ってもいいです。

最初から無駄なく計画的にスキルを振ってしっかり育てていかなければ、攻略はかなり難しいです。

中途半端な育て方をしていると、まずこのHELLはクリアできません。

恐らく初見でのクリアは無理でしょう。

同じキャラを2~3人作って試行錯誤し、やっとクリアできるレベル。

しかも、パッチが上がるたびにドンドン難しくなっていき、最終的にはよほどの熟練者でしかクリアできないような高難易度となりました^^;

スキルの再振りなどもできませんので、当時はキャラの育て方ミスった~( ノД`)シクシク…

っと思ったら、また最初からやり直していたもんですw

(後に、ACT1のアカラというNPCキャラに頼むと、回数限定でスキルの再振りができるようになりました)

このHELLをクリアするために試行錯誤して、スキルを組み立てレア装備を狙ったものです。

また、一度HELLをクリアしても、もっと強く効率よく進めるために、さらなる高みを目指してレアアイテムを探索してましたね~。

ディアブロ II リザレクテッドは、70%はオリジナルの要素を踏襲するそうなので、HELLの難しさも恐らく引き継ぐでしょう。

当時からやっていた世代にとっては、このHELLが楽しみです。

むしろ、私はこのHELLがやりたいがために、ディアブロ II リザレクテッドを購入するといっても過言ではありませんね。

ディアブロ II リザレクテッドは初めての人にもオススメ?

当時ディアブロⅡにハマった人には、新しいリメイク版のディアブロ II リザレクテッドは、もちろんオススメですが、

では、全くやったことがない人は?

と聞かれると、正直なところ微妙としか言えませんね。

今風に遊びやすく改良しグラフィックも向上しているので、個人的にはリザレクテッドも薦めていきたいです。

しかし、とはいえ、やはり20年以上前の作品。

今となっては他にも色々面白いゲームが出ているので、万人受けするかどうかと聞かれると、正直微妙ですね。

実際に、ディアブロ II リザレクテッドは、日本ではあまり売れないと言われています。

YouTubeやTwitterなどの各情報サイトも国内の反応はイマイチですし、盛り上がっているのは当時遊んでいた我々一部の人間だけ。

ハックアンドスラッシュが大好き!という人にはいいかもしれませんが、

全くやったことがない人、洋ゲーがあまり好きではない方には、

正直に言うと、あまりお薦めできないのが個人的な感想です。