【ファミコンソフト】カルチャーブレーン特集
Pocket

今回は、ファミコンで発売された

カルチャーブレーン

のソフトについてお伝えしていきます。

数は少ないですが、どれも良作品でハズレの少ないメーカーでもあります。

大手メーカーもどんどん倒産、合併している中、現在もカルチャーブレーンエクセルとして残っているのもスゴイですよね。

 

カルチャーブレーンは、スーパーチャイニーズや飛竜の拳でお馴染みのソフトメーカーですが、

実は、それ以外にも隠れた名作があります。

カルチャーブレーン好きの方、ファミコン好きの方は、是非見ていって下さい。

 

スーパーチャイニーズ

1986/6/20

3900円

 

日本ゲーム(後のカルチャーブレーン)が開発したアーケードゲーム「チャイニーズヒーロー」の
ファミコン移植版。

シンプルな固定画面のアクションゲームで、敵をすべて倒すと次のステージに向かいます。

2人同時プレイも可能で、友達と遊ぶと盛り上がりましたね。

また、ボーナスステージも熱かったです。

ファミコン版は、ナムコから発売されています。

 

飛龍の拳 奥義の書

1987/2/14

5500円

 

後にカルチャーブレーンを代表するアクションゲームとなる、シリーズ第1作目。

タイトーから発売されたアーケードゲーム「北派少林 飛竜の拳」をアレンジ移植した作品。

アクションゲームと対戦ゲームがを合わせた内容で、未だファンも多いです。

この頃は、まだ日本ゲームとして発売されていました。

最近は、バーチャルコンソールなどでも配信されています。

 

アラビアンドリーム シェラザード

1987/9/3

5500円

アラブ風の世界が舞台のアクションRPG。

伝説の魔法使いの生まれ変わりである主人公が、悪の魔法使いを倒すという内容。

アクションだけでなくRPG風に対戦する魔法合戦もあり、一般的なアクションRPGとはちょっと違います。

但し、難易度はかなり高め。

知名度はあまり高くはありませんが、意外と評価は良い作品。

 

飛龍の拳II ドラゴンの翼

1988/7/29

5500円

飛竜の拳の続編で、今回から経験値やレベルの概念が加わり、アクションRPGっぽくなっています。

二人対戦などもあり、初代とは一味違います。

また、ストーリーも強化され、ファンの間でも非常に評価の高い作品。

 

スーパーチャイニーズ2 ドラゴンキッド

1989/5/26

5900円

アクションRPGとなって帰ってきた、スーパーチャイニーズの続編。

妖魔軍団に捕まった王様を救いに、ジャックとリュウが冒険に出ます。

また、RPGだけでなく、おもしろ運動会というミニゲームで2人対戦も可能。

RPGとスーパーチャイニーズのアクションを上手く取り入れた作品でした。

 

超人ウルトラベースボール

1989/10/27

6500円

アニメのような魔球や必殺技が使用できる、個性的な野球ゲーム。

基本はファミスタスタイルのオーソドックスな野球ゲームですが、必殺技を使用することで、あり得ない魔球や打球を放つことが可能。

野球に興味のない方、野球ゲームがあまり好きでない方でも本作なら楽しめるはず。

二人対戦は、今でも楽しいですね。

 

飛龍の拳III 5人の龍戦士

1990/7/6

6300円

人気シリーズの第三弾で、今回もアクションステージと対戦ステージがあります。

基本システムは前作を踏襲していますが、今作は難易度がかなり上昇。

その為、Ⅲから始めた人にとっては、かなり難しく感じるはず。

しかし、アクション、謎解き、1対1のボス戦などバランスは良く、飛竜の拳好きの方はやっておいて損はないでしょう。

 

スーパーチャイニーズ3

1991/3/1

6300円

スーパーチャイニーズのアクションRPG第二弾で、システムは前作同様。

今回はカンフーというよりは、様々な忍術を駆使して戦っていく内容。

RPGにしては珍しく、戦闘のみ二人同時プレイも可能で、RPGとしては無難にまとまった佳作。

ボクちん殿下が、どうしてもおぼっちゃまくんに見えてしまいますね。

 

飛龍の拳スペシャル ファイティングウォーズ

1991/6/21

6300円

飛竜の拳の心眼システムを取り入れた、異種格闘技対戦ゲーム。

従来シリーズのようなアクションステージは無く、本作は対戦のみとなっております。

8種類の格闘家から選び、VSやタッグマッチ、イリミネーションで対戦できます。

シリーズファンにとっては好みは分かれるところですが、対戦格闘ゲームとしてはそれなりに評価の高い作品。

 

【こっちもお薦め!】