Pocket

今回は、ファミコンで発売されたデータイーストのゲームについてお伝えしております。

マイナーメーカーですが、意外と名作も多くコアなファンが多いことでも有名なデーターイースト。

当時、データーイーストが好きだった方は、是非見ていって下さい。

 

データイーストゲーム特集その1 ファミコン初期編

 

B-WING

 

1986/6/3

4900円

自機のウィングを付け替えることで様々な攻撃が可能な、縦スクロールシューティング。

アーケードからの移植ですが、アーケード版からは大分アレンジして移植されています。

ファミコン版のみのウィングなどもあり、アーケード版とは一味違う面白さがありますね。

スタート直後、ボタンを間違えていきなりウィングを外してしまうミスは、誰もが一度はやったことがあるはず。

個性的なウィングも多く、当時から人気だった作品。

 

バギー・ポッパー

1986/10/8

4900円

 

アーケードのバーニン’ラバーのファミコン移植作品。

ただ走るだけでなく、川や障害物をジャンプで飛び越えるのが大きな特徴です。

また、ジャンプして敵の車を押しつぶしたり、壁に激突させて倒すと得点が入ります。

かなりアグレッシブなレースゲームでした。

 

探偵 神宮寺三郎  新宿中央公園殺人事件

1987/4/24

3300円

 

ディスクシステムで発売された人気推理アドベンチャーゲーム「探偵 神宮寺三郎」シリーズ第一作目。

新宿中央公園で起きた殺人事件の調査を行う内容。

現場には足跡が無く、どうやって死体をそこまで運んだかがポイントになってきます。

さすがに、そのトリックは無理があるのでは?

っと、今なら思いますが、子供の頃はあまり深く考えず楽しんでいました。

但し、時間制限や大人の事情も色々あるため、子供がやるには難易度は高め。

ディスクということもあり、移動する度にロードやA面、B面の切り替えがあるため、今やると色々シンドイですね。

 

闘人魔境伝  ヘラクレスの栄光

1987/6/12

5300円

ギリシャ神話の英雄ヘラクレスが主人公のRPG。

魔王ハデスを倒し、ヴィーナスを救い出すという内容。

ドラクエ的なオーソドックスなRPGですが、武器や防具の耐久性や属性なども、オリジナルの要素もあります。

敵と話せるというのも、当時は珍しかったですね。

 

ゴルフ倶楽部 バーディーラッシュ

1987/12/9

5500円

 

簡単操作で誰でも気軽に楽しめる、シンプルなゴルフゲーム。

ストローク、トーナメント、マッチと3種類のモードを選ぶことができます。

パワーゲージのみなのでショットが大きくそれることもなく、他社のゴルフゲームと比べると比較的簡単。

初めてでも遊びやすい作品。

 

ドナルドランド

1988/1/29

5500円

 

ドナルドと言ってもダックではなく、マクドナルドのキャラクター。

最近の子は知らないかもしれせんが、当時はマックのCMには必ず登場していた人気キャラクターです。

そのドナルドを主人公にした、シンプルなジャンプアクションゲーム。

ビックマックポリスやハンバーグラーなど、最近見かけなくなったキャラクターも、この頃は、まだまだ健在です。

攻撃方法はリンゴ爆弾ですが、これがとにかく当てにくい^^;

山なりに飛んでいくので、敵に命中させるのも大変です。

もう少し分かりやすい軌道だったら、遊びやすかったですね。

 

探偵 神宮寺三郎  横浜港連続殺人事件

1988/2/26

5500円

 

探偵 神宮寺三郎が活躍する推理アドベンチャーシリーズ2作目。

今回は横浜を舞台に、疾走した婚約者を探す内容です。

今回はディスクではなくROMカセットなのでロードも無く、システム的には遊びやすいですね。

前作のようなバッドエンドは無くなりましたが、相変わらず難易度は高めでした。

 

ビー・バップ・ハイスクール  高校生極楽伝説

1988/3/30

5800円

 

人気ヤンキー漫画、ビーバップハイスクールのアドベンチャーゲーム。

トオルかヒロシのどちらかを選択し、消えた仲間を探しに行くというストーリー。

気力や運勢の概念が重要で、ケンカなど大きな影響を与えます。

個人的にはヤンキー漫画は「ろくでなしブルース」世代なので、ビーバップハイスクールは原作も読んだことが無く、あまり感情移入できませんでした。

しかし、評価はそれなりに高いので、原作ファンは試してみる価値はありそうですね。

 

カラテチャンプ

1988/7/22

3300円

アーケード版「空手道」のファミコン移植作品。

ファミコン版は道場ではなく、崖や荒野などで対戦します。

動きはチョット硬いですが、技はそれなりに豊富。

ファミコンの少ないボタンでもプレイできるようにアレンジされており、地味な外見ですが意外と楽しい作品。

 

サッカーリーグ  ウィナーズカップ

1988/8/12

5800円

 

8か国が参加する国際大会のサッカーゲーム。

Aボタンでボールを蹴り、Bボタン連射で走るなど、操作はとてもシンプルなので、初心者でも分かりやすいです。

フォーメーションの選択や、PK戦は3D画面になるなど演出も凝っており、この時期のサッカーゲームとしては良くできていますね。

 

コブラコマンド

1988/10/21

5800円

 

捕虜を救出し、敵基地や兵器を倒す横シューティングゲーム。

内容や操作性などは、チョップリフターにも少し似ていますね。

知名度は低いですがファンも多く、意外と評価が高い作品。

 

探偵 神宮寺三郎  危険な二人

前編 1988/12/9 3300円

後編 1989/2/10 3300円

 

神宮寺三郎シリーズ第三弾。

今回はディスクシステムで、前編、後編に分かれています。

レースの事故や密輸組織との関係など、複雑に絡んだ謎を解いていく内容。

今回は神宮寺だけでなく、洋子を操作することもあります。

 

神宮寺作品のキャラの関係など、設定を少し掘り下げたゲームでもありました。

 

データイースト特集動画はこちら

 

こっちもおすすめ記事

レトロゲーマー・アジャキングのゲーム三昧ブ...
 
ファミコンソフト ケムコ(コトブキシステム)ゲーム特集
https://retoromania.xn--tckwe/2019/10/14/fckemco/
 今回はご紹介するメーカーは、ファミコンのコトブキシステムです。 コトブキシステムと聞いてもピンとこない方も多いかもしれませんが、ファミコンなどではケムコとして、いくつかソフトを販売していました。 発売ソフト数はそれほどありませんが、...