Pocket

あのスマブラでお馴染みの桜井さんもいたゲームメーカー「HAL研究所」。

カービィーやスマブラなどを手掛けたことで有名なメーカーですね。

しかし、ヒットするのはゲームボーイからで、ファミコン時代はあまりヒットには恵まれなかった印象があります。

今回は、そんなHAL研究所のファミコンソフトについて紹介していきます。

HAL研究所好きの方は、是非見ていって下さい。

 

ファミコン HAL研究所ゲーム特集

 

ガルフォース

1986/11/19

2980円

それまで、様々な任天堂ソフトの開発に携わってきたHAL研究所。

その後、自社ブランドとして発売した最初のソフトが、ディスクシステムのガルフォース。

女性たちが活躍する人気アニメを題材とした縦シューティングゲームで、ポロリを期待して購入したムッツリ男子も多かったでしょうが、残念ながらゲーム中は女っ気は全くありません。

また、肝心のゲーム内容も、

背景と敵の弾のグラフィックが似ていて避けにくい

自機がデカくて当たりやすい

などなど、難易度は高め。

仲間を救出し、そのキャラの戦闘機が使用できるという設定は面白いですが、シューティングゲームとしては微妙でしたね。

これで女の子のポロリでもあればね~(´・ω・)

せめてシャワーシーンだけでも入れて欲しかった。。。

 

エッガーランド

1987/1/29

2900円

室内のハートパネルを回収し宝箱を取る、ディスクシステムのパズルアクションゲーム。

エッガー大王にさらわれたララを救うという内容。

難易度は高いですが、シンプルで分かりやすく、今遊んでも十分楽しめます。

 

エアー・フォートレス

1987/8/17

5,300円

1面は横スクロールシューティング、2面はアクションと交互に繰り返されるゲーム。

シューティング面でエネルギーやボムをたくさん集めておくと、次のアクションステージで役に立ちます。

知名度は低いですが、それなりによく出来た良作品。

 

スター・ゲイト

1987/9/24

3,900円

ATARIが開発した横スクロールシューティングゲームの移植作品。

レーダーで敵の位置を把握しながら、住民がさらわれるまえに敵を倒していきます。

当時は画期的な作品だったようですが、さすがにこの時期にもなると古臭さを感じますね。

 

ミリピード 巨大昆虫の逆襲

1987/10/1

3,900円

ATARIが開発したセンチピードの続編的な作品。

迫りくる敵を撃ち落としていく固定画面のシューティングゲームで、前作から敵の種類も増えています。

やはり、こちらも今やると、すぐに飽きますね^^;

 

ジャウスト

1987/10/30

3,900円

ATARIの同名アーケード作品の移植。

バルーンファイトの元になった作品で、倒し方などもほぼ同じ。

バルーンファイト同様、二人プレイが白熱します。

 

殺意の階層 ソフトハウス連続殺人事件

1988/1/7

5,900円

連続殺人事件を捜査していく、謎解きアドベンチャーゲーム。

コマンド選択や移動ごとに時間が経過していくため、コマンド総当たりなども出来ず、アドベンチャーゲームとしての難易度はかなり高め。

ソフト会社で起きた殺人事件と言うのがHAL研究所っぽいですね。

 

ジャンボ尾崎のホールインワンプロフェッショナル

1988/2/1

5,600円

ジャンボ尾崎氏が監修したゴルフゲーム。

イーストコースとウエストコースの2コースあり、全36ホールが収録されています。

また、ストロークプレイでは、ジャンボ尾崎氏のアドバイスを聞くことが可能。

 

ファイヤーバム

1988/2/1

3300円

炎使い一族の少年バムが主人公のアクションロールプレイングゲーム。

敵を倒して炎を取り、アイテムの購入が出来たりなどシステム的には悪くありません。

しかし、ディスクシステムの為、場所移動や扉に入るたびにロードやA面B面の切り替えがあり、今やると色々煩わしいのが難点。

 

エッガーランド 迷宮の復活

1988/8/9

5,600円

人気パズルゲームの続編。

前回までは10×10の画面でしたが、今回は16×8と少し大きくなっています。

全部で128ステージ、難易度も上がり前作よりも更にやり応えは上がっています。

 

ローラーボール

1988/12/20

5,600円

MSXで発売されたピンボールゲームの移植。

プレイフィールドも数画面あり、スクロールも非常に滑か。

二人対戦プレイでスコアを競う事も出来ます。

知名度は低いですが中々の良作品なので、ピンボール好きの方にはオススメ。

 

御存知 弥次喜多珍道中

1989/11/17

6,800円

十返舎一九の滑稽本「東海道中膝栗毛」の珍道中を題材としたアドベンチャーゲーム。

原作同様、旅の途中で様々な珍事件に巻きまれます。

全編にわたってコミカルで面白く、歴史もの好きには楽しめる内容。

 

アドベンチャーズ オブ ロロ

1990/1/6

4,900円

ファミコンやMSXで人気だった、エッガーランドの後継作品。

システムも同じで、画面内のハートマークを取り宝箱を開けて次のステージへと進んで行きます。

魔獣の塔 全50面をクリアし、最愛のララを救うという内容。

なんとなく、ドルアーガの塔をパロディしたような印象がありますね。

 

宇宙警備隊 SDF

1990/9/7

6,900円

オーソドックスな縦スクロールシューティングゲーム。

オプションを取り外して、前後に付けることができます。

武器も3種類、3段階までパワーアップできるなど、無難にまとまったシューティングゲームでした。

 

NEWゴーストバスターズ2

1990/12/26

5,900円

大ヒット映画「ゴーストバスターズ」を題材としたアクションゲーム第二弾。

初代はクソゲーとしても有名な作品でしたが、本作は非常に良くできたアクションゲームです。

タイトルからも

「前作とは違います!」

という必死のアピールが感じられますね。

映画の要素も活かされているので、映画ファンも楽しめるはず。

 

アドベンチャーズ オブ ロロII

1990/12/26

5,900円

人気パズルゲーム、エッガーランドシリーズ第7弾。

今回からフィールドマップが用意され、アドベンチャー要素が追加されています。

また、初めての方の為の練習モード道場も追加。

初心者から熟練者まで楽しめる内容。

 

メタルスレイダーグローリー

1991/8/30

8,900円

漫画家の☆よしみる氏が、ストーリー、キャラクターデザイン、グラフィックを手掛け、4年という歳月をかけて作られたSFアドベンチャーゲーム。

ファミコンとは思えない綺麗なグラフィック、アニメーションでしたが、いかんせん発売時期が遅すぎました。

既にスーファミ時代に突入していますので、この時期この価格のファミコン新作ソフトを購入する人は少なかったことでしょう。

しかし、後に注目されるようになり、出荷本数が少なかったせいか、中古市場価格が高騰したことはよく覚えています。

一時期は、ファミコン中古ソフトで最も高額なゲームでしたが、バーチャルコンソールなどでダウンロードできるようになってからは価格もだいぶ落ち着いてきましたね。

それでも数万円はするので、高い事には違いありませんが。

 

こっちもおすすめ記事

 

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村