【ファミコンソフト】隠れた良作なスポーツゲーム特集
Pocket

今回は、マイナー過ぎてあまり知られていないけど、今やると中々面白い!

ファミコンソフトの隠れた良作スポーツゲームについてお伝えしていきます。

ファミコンには様々な名作スポーツゲームがありますが、世間ではあまり知られていないけど、意外と面白いスポーツゲームがまだまだたくさんあります。

また、当時は微妙な評価でも、先入観無しで今遊ぶと意外とハマる、熱中するというものもありますね。

知名度が低いけど、良作なスポーツゲームをお探しの方は、是非参考にしてください。

 

ファミコンソフト 隠れた良作スポーツゲーム

 

パーフェクトボウリング

1989/7/25

トンキンハウス  5500円

 

地味ながら、かなり忠実にシミュレートされたボウリングゲーム。

利き腕、手の振りの大きさ、リリースのタイミングまで細かく決めることが可能です。

派手さの無いシンプルな見た目で子供受けはしなさそうですが、大人になって改めてやると楽しい作品。

US Championship V’BALL

1989/11/10

テクノスジャパン  5900円

アメリカを舞台としたビーチバレーのゲーム。

キャラの個性などはなく、シンプルにビーチバレーボールで対戦します。

分かりやすい内容で操作性も良く、やれば意外とハマる良作品。

くにおくんのスポーツシリーズなどを多く手掛けているだけあって、このメーカーのスポーツゲームは良作品が多いですね。

I LOVE ソフトボール

1989/12/19

ココナッツジャパン  6500円

女子ソフトボールを題材としたゲーム。

珍しい設定ですが、分かりやすく言うとファミスタのソフトボール版。

女子高生の大会から始まり、最終的にはアメリカのリーグと対戦します。

女の子の格好もどんどん変化していくのも、面白い設定でした。

 

SDバトル大相撲 平成ヒーロー場所

1990/4/20

バンプレスト  6300円

ガンダムやウルトラマン、仮面ライダー、戦隊ヒーローのロボットなどが相撲で対決するゲーム。

各キャラにはそれぞれ固有の必殺技があり、個性があって中々面白いです。

十両から始まり、最終的には横綱を目指します。

個人戦や団体戦などもあり、ツッコミどころ満載ですがこれはこれで楽しい設定ですね。

燃えろ!柔道WARRIORS

1990/6/29

ジャレコ  5600円

ジャレコの燃えろ!スポーツシリーズの柔道版。

世界を飛び回り、新しい技やパラメーターを成長させ、オリンピックで金メダルを目指す内容。

連打でゲージを貯めて技を繰り出すので、ジョイカードなどの連射コントローラーがあればやりやすいですね。

名作とまではいかないまでも、柔道と言う珍しい設定の為、それなりに楽しめます。

 

チャンピオンシップボウリング

1991/2/8

アテナ 4980円

4人のキャラクターの中から選んで対戦するボウリングゲーム。

ストレート、フック、スライスなど、球種も色々あります。

パーフェクトボウリングがリアルなボウリングシミュレートだとすると、本作はボウリングゲームとして楽しい作品。

どっぷりハマるほどではないかもしれませんが、ちょこっと暇つぶしに遊ぶのには最適。

 

ミニパット

1991/2/15

A-WAVE  6700円

パターゴルフがメインのゲームで、最大4人まで一緒にプレイが可能。

トンネルや開閉する扉など、個性豊かなコースがたくさんあります。

難易度も高いですが、その分、少ない回数で入ると気持ちが良いです。

ゴルフというよりは、ビリヤードに近いかもしれませんね。

 

マジックダーツ

1991/4/26

セタ 7700円

最大4人まで一緒に遊べる本格ダーツゲーム。

0点を目指す301や、得点を重ねていくカウントアップなどルールも色々あります。

ダーツ好きの方も、そうでない方でも楽しい一品。

また、宇宙人や忍者、サルなど、選べるプレイヤーも超個性的で面白いです。

子供の頃は微妙でしたが、今やると楽しいですね。

 

テクモスーパーボウル

1991/12/13

テクモ  7980円

当時のNFL全28チームの選手データを再現した、本格アメフトゲーム。

プレシーズン、シーズンゲーム、プロボウルなどが収録されています。

様々な攻撃パターンも用意されており、ファミコンでここまで再現できるのもスゴイですね。

しかし、当時はアメフト自体、国内ではあまり知られていない為、本ソフトもそこまで人気は出ませんでした。

 

いけいけ!熱血ホッケー部

1992/2/7

テクノスジャパン  6200円

ご存知、くにおくんが活躍するスポーツゲームシリーズ。

ドッジボールなどは大ヒットし有名ですが、アイスホッケーが出ていたことを知っている人は、そう多くはいないでしょう。

相変わらず殴る蹴る何でもありのルールですが、あまりやり過ぎるとペナルティになります。

また、衝撃波などの必殺技もあり、特に対戦が熱いですね。

 

CAPOMバルセロナ’92

1992/6/5

カプコン  6500円

1992年のバルセロナオリンピックを題材としたオムニバススポーツゲーム。

陸上や水泳など、18種目が収録されています。

分かりやすく言うと、コナミのハイパーオリンピックが競技数も増えてパワーアップした感じ。

相変わらずタイミングと連射が重要なので、ジョイカードなどの連射コントローラーがあると便利です。

 

Jリーグファイティングサッカー

1993/6/19

IGS  7900円

当時のJリーグ選手が実名で登場するサッカーゲームで、前年に発売されたゲームボーイ用ソフトのファミコン版。

ゲームボーイでは6人でしたが、ファミコン版は11人で対戦が可能。

シンプルなサッカーゲームで、誰でも無難に楽しめる内容。

オリジナルチームの作成も可能で、ファミコンでもかなり頑張っている方。

悪くはありませんが、当時は既にスーファミでも名作と呼ぶにふさわしいサッカーゲームも多数出ていました。

今更この価格でファミコンソフトを購入する子は少なかったでしょうね。

 

熱血!すとりーとバスケット

1993/12/17

テクノスジャパン  6500円

くにおくんの熱血スポーツシリーズで、今回はルール無用の2on2で対戦します。

今回はテレポートやビームなど、相変わらず勝利の為なら何でもあり。

今遊んでも楽しい一品ですが、中古価格が非常に高額なのが残念。。。

 

【こっちもお薦め!】