【ファミコンソフト】プロレスゲームおすすめランキング
Pocket

今回は、ファミコンで発売されたプロレスゲームの個人的おすすめランキングについて紹介していきます。

まぁ、知っている人にとっては、1位はどうせあのゲームでしょ?

っとすぐに思う方も多いかと思いますが・・・^^;

 

ランキングはあくまで個人的な意見や感想なので、人によっては好みが分かれるでしょうが、

良プロレスゲームをお探しの方、プロレス好きの方もそうでない方も、興味のある方は、是非見ていって下さい。

 

ファミコン プロレスゲームランキング

 

第7位 WWFレッスルマニアチャレンジ

1992/3/27

ホット・ビィ 5300円

まず第7位は、当時のアメリカのプロレス団体、WWFの人気レスラーが登場するプロレスゲーム

「WWFレッスルマニアチャレンジ」。

 

7位と聞くと、TOP10以内だし面白いの?

と誤解されるかもしれませんが、そもそもファミコンで発売されたプロレスゲームは7本しかありません。

要するに、

ダントツ最下位のプロレスゲーム

つまり、まったく面白くありませんw

見た目通り、かなり微妙な内容で、開始数分で飽きる事間違いなし。

限りなくクソゲーといっても過言ではありません。

唯一良い点と言えば、当時のWWFスーパースターが実名で登場しているところでしょうか。

しかし、日本ではWWFの選手の知名度は低く、実名で登場してもそれほどありがたみはありませんでしたね。

ファミコンのプロレスゲームとしては、ダントツ最下位の作品。

 

第6位 タッグチームプロレスリング

1986/4/2

ナムコ 4900円

アーケードで人気だった、データイーストのビッグプロレスをアレンジ移植した作品。

アーケード版は好評でしたが、本作はすこぶる評判が悪かったことはよく覚えています。

実は、私も当時このゲームを発売間もないころに新品で購入しましたが、数回遊んだだけですぐに遊ばなくなりました。

自分で購入したファミコンソフトで、これは買って失敗した・・・

と子供の頃に後悔したのが、

ハイドライドスペシャルと、このタッグチームプロレス。

技は中々決まらず

レスラーも選べず

敵が赤くなるとこっちは何もできない

面を進んでも色が変わるだけ

など、延々と同じことを繰り返すだけなので、すぐに飽きます。

ナムコ産のスポーツゲームは名作が多いですが、これだけはクソゲーと言われても仕方がありませんね。

 

第5位 キン肉マン マッスルタッグマッチ

1985/11/8

バンダイ 4900円

当時大人気だったジャンプアニメ、キン肉マンの対戦ゲーム。

第5位という個人的評価ですが、当時のゲームとしては選べるキャラも多く、中々遊べる内容。

今見ると微妙にも見えますが、当時はよく遊んでいました。

アニメの人気も売れた要因であることは間違いありませんが、ゲーム自体も友達同士で遊ぶと盛り上がります。

ブロッケンJrの毒ガス攻撃が強すぎて、使用禁止だったという方もきっと多かったはず。

プロレスゲームか?

と言われると微妙な気もしますが、一応プロレス技も色々あるので入れておきました。

 

第4位 スーパースタープロレスリング

1989/12/9

ポニーキャニオン 5900円

第4位は、かなりマイナーなポニーキャニオンのプロレスゲーム。

ポニーキャニオンのゲームと聞くと、微妙な気もしますが、本作を開発したのは、クレイジークライマーなどでお馴染みの日本物産。

なので、名作とまではいかないまでも、それなりに楽しめます。

この時期にしてはグラフィックはショボく、微妙そうにも見えますが

オリジナルな要素もあり、しっかりプロレスしています。

技も選べ、それぞれ特徴のある必殺技もあり、シングルマッチ、タッグマッチ、場外乱闘と悪くはありません。

プロレスゲームとしては、佳作といった印象。

 

第3位 闘魂倶楽部

1992/7/24

ジャレコ 6300円

第3位は、ファミコン後期に発売された、ジャレコのデフォルメ型プロレスゲーム。

デフォルメされてはいますが、実在のレスラーに似せて描かれており、必殺技もあります。

また、一般的なプロレスゲームと違い、試合に勝ってパラメーターをアップさせていくのも大きな特徴。

本作は、友達とワイワイ遊ぶ対戦用というよりは、どちらかと言えば一人じっくりプレイするタイプ。

なので、好き嫌いは分かれそうですね。

レスラーの位置によって画面が回転したりなど面白い設定もあります。

他とは違う、ちょっと変わった成長要素のあるプロレスゲーム。

 

第2位 激闘プロレス!! 闘魂伝説

1989/9/1

テクモ 5800円

第2位は、テクモの「激闘プロレス!!闘魂伝説」。

十字キーとボタンの組み合わせで様々な技を出せる、プロレスゲームとしてはオーソドックスな設定。

ですが、オーソドックスだからこそクセが無く、誰でも無難に楽しみやすいですね。

相手の体力が少なくなると出せる、大画面の必殺技のシーンも迫力あります。

演出はとても面白く、プロレスゲームとしては中々の良作品。

同社のキャプテン翼のように、アナウンサーが実況解説してくれるところが、いかにもテクモらしいですね。

 

第1位 プロレス

1986/10/21

任天堂 2500円

第1位は、ディスクシステムで発売されたプロレスゲーム。

恐らくこれには誰も異論はないでしょう。

ファミコンのプロレスと言えば、真っ先に本作を思い浮かべる人も多く

ハッキリ言ってやる前から結果が分かっている・・・・

と、ツッコみたくなる方もいたはず^^;

個性的なレスラー、それぞれの必殺技、技も多く、トップロープからの攻撃や、場外へのプランチャーまであります。

92年になっても、結局プロレスゲームで本作に勝るものは発売されておらず

この86年で既にファミコンのプロレスゲームとしては完成されていましたね。

本作の開発スタッフが、後に至高のプロレスゲーム「ファイプロ」を作ることになるので

面白いのもよく分かります。

ファミコンのプロレスゲームの中では、ダントツ一番と言っても間違いはないでしょう。

 

こっちもおすすめ記事

レトロゲーマー・アジャキングの名作ゲーム、...
【ファミコンソフト】あまり知られていない隠れた名作ゲーム特集
https://retoromania.xn--tckwe/2020/05/26/fckakuremei/
今回は、ファミコンソフトの意外と知られていない隠れた名作ゲーム、おすすめソフトについてお伝えしております。今遊んでも十分楽しめる作品なので、ファミコンの隠れた名作ゲーム、おすすめソフトをお探しの方、興味のある方は、是非見ていって下さい。 【フ...
レトロゲーマー・アジャキングの名作ゲーム、...
 
ディスクシステム名作ゲーム特集その3(1987後期~1991年)
https://retoromania.xn--tckwe/2019/12/13/fcdi3/
 ディスクシステム名作ゲーム特集その3です。 今回は、ディスク中期から晩年までに発売された個人的おすすめゲーム、名作ソフトについて紹介しております。 いよいよディスクにも終わりの兆しが見えてきたこの頃。 ディスクが長続きしなかった理...