【ファミコンソフト】マイナーメーカー特集トーワチキ編
Pocket

ファミコンには、名作からクソゲーまで様々な作品がありますよね。

名作、良作もあれば、たまにクソゲーも出してしまう・・・というメーカーは多いですが、中にはクソゲー率が高いメーカーも存在ます。

その中でも、ファミコンのクソゲーメーカーといえば

バップ

トーワチキ

この2社は外せませんよね。

まさに、ファミコンクソゲーメーカーの双璧ともいえる存在。

今回は、そのうちの一つ

トーワチキのファミコンソフトについて紹介していきます。

トーワチキ・・・。

変な名前ですよねw

名前からして、クソゲー臭が漂います。

ファミコン後期の作品はそれなりに遊べますが、ファミコン初期に発売された作品は酷かった・・・。

まぁ、ディするのはそのくらいにして、

トーワチキ好きの方(いないと思いますが)

ファミコン世代の方

クソゲー好きの方は、是非見ていって下さい(‘ω’)ノ

 

ファミコンソフト トーワチキ特集

 

シャーロックホームズ 伯爵令嬢誘拐事件

1986/12/11 5000円

クソゲー度 ★★★★★

たけしの挑戦状やミシシッピー殺人事件などは、わりとメジャーなクソゲーですが、本作はマイナーなクソゲーの代表格と言っても過言ではありません。

シャーロックホームズが伯爵令嬢を救うために、女、子供かまわず市民をボコボコにするという、推理よりも倫理が問われる作品。

そうとう苦情があったのか、苦し紛れに「市民全員がホームズの敵!」

というサブタイトル的なものも付けてました。

市民全員から恨まれるとは、ホームズはいったい何しでかしたんでしょう。。。

もちろん、アクションゲームとしてもかなりクセが強く、クソゲーと言われる所以もよく分かります。

パッケージからは、知性溢れるゲームの印象を受けますが騙されてはいけません。

当時、このゲームを新品で購入した子が不憫でなりませんね( ノД`)シクシク…

 

エルナークの財宝

1987/8/10

5300円

クソゲー度 ★★★★★

一時期、テレビゲーム史上最も難しいゲームと言われていた迷作アクションRPG。

こちらもクソゲーランキングでは、定番の作品ですよね。

見た目はゼルダ風で面白そうにも見えますが、基本ノーヒントで進むので難易度は非常に高く

クリアした!という話を聞いたことがありません。

一説によると、発売されてから13年間にわたって完全クリアしたプレイヤーが現れなかったとか。

その後、プログラムの解析をする強者が現れ、ようやくクリアされたそうです。

 

ガーフィールドの1週間

1989/4/7

5500円

クソゲー度 ★★★★☆

アメリカの新聞で連載していた人気漫画、ガーフィールドが主人公のアクションゲーム。

シンプルな横アクションですが、攻撃しているかどうかも分かりにくく、表示も英語なので遊びにくいですね。

そして、最も大きな欠点は、ダメージを受けた後の無敵時間が少なく、体力がたくさんあっても連続ダメージでアッサリやられるということ。。。

そこまでクソゲーというほどではありませんが、かといって今からわざわざ買って遊ぶゲームでもありません。

いずれにせよ中途半端なゲームで、クソゲーにステータスを全振りしている伯爵令嬢やエルナークのほうが、まだ潔いです。

名探偵ホームズ 霧のロンドン殺人事件

1988/5/13

5800円

クソゲー度 ★★☆☆☆

ホームズシリーズの2作目で、前作で相当叩かれたのせいか今回はアクション要素が無くなり、シンプルな推理アドベンチャーゲームになっています。

雰囲気やBGMもそれっぽく、ようやくホームズらしくなっていますね。

推理アドベンチャーとしては、ごく普通にそれなりに無難に遊べます。

普通の推理アドベンチャーゲームが好きな方は、普通に楽しめますよ。

 

名探偵ホームズ Mからの挑戦状

1989/5/1

6000円

クソゲー度 ★★☆☆☆

トーワチキのホームズシリーズ最終作品。

今回は楽団で起きた事件をホームズが解決する内容。

全5章あり、各章の事件をクリアすると次の章に行けます。

今回は、3Dダンジョンやミニゲームなどもあり。

難易度も下がり、サクサク進めますが、3時間ほどでクリア出来てしまう薄い内容。

薄味の推理アドベンチャーが好きな方は、試してみてもいいかも。

アイドル八犬伝

1989/9/14

6000円

クソゲー度 ★☆☆☆☆

一部ではファンもいる(らしい)、トーワチキ後期のアドベンチャーゲーム。

国民的アイドルになるのが目的で、全5章構成、7人の仲間を集めてアイドルを目指す内容です。

ありがトーワチキなど、寒い駄洒落、ギャグなど満載のおバカゲームとしても一部では有名。

難易度はそれほど高くはなく、ストーリーもサクサク進みます。

 

ドラゴンファイター

1990/8/10

5700円

クソゲー度 ★☆☆☆☆

横スクロールのアクションとシューティングゲームが一緒になったような作品。

ファイター時は、地上で剣で戦いドラゴン時は、空中で戦う設定。

中々面白い設定で、トーワチキにしてはまぁまぁの出来。

こういう作品をもっと早く出していれば、クソゲーメーカーと言われることも無かったかもしれませんね。

 

こっちもおすすめ記事