騙された!ファミコンのウソ技特集
Pocket

今回は、

騙された!!ファミコンウソ技特集

について有名なものを紹介していきます。

当時は裏技が大ブームで、様々な裏技、バグ技が色々紹介されていました。

写真を撮って、ゲーム雑誌に送った方も多かったでしょう。

まさかその中にウソ技も含まれていたとは・・・・

当時、本気で信じて何時間も挑戦していた人もいましたね~。

嘘テクを雑誌で紹介し、幼気な子供を騙すなんて考えられませんw

今だったら出版社ごと大炎上していますよね^^;

今回はその中でも、特に有名だった、被害が大きかったウソ技について紹介していきます。

ファミコン世代の方、裏技、ウソ技が好きだった方は是非、見ていって下さい。

ちなみに、画像は全て加工画なので、くれぐれも信じないでください(´-ω-人)

ファミコンのウソ技特集

 

全面のパスワードが分かる


フラッピー

1985年6/14

db-SOFT

ファミマガ掲載1986年 1号

ファミマガに掲載された嘘テクの、記念すべき第一号。

まず、51面まで行き、キノコをブルーストーンの周りを3回まわすします。

その後、ブルーストーンに触れると花が出るので、それを取ると全面のパスワードが分かるというウソ技。

当時、ウソ技と言うのが知られていなかったせいか、他の雑誌でも紹介されていたそうです。

しかし、そもそも、このゲームを51面まで進むこと自体難易度がかなり高い為、そこまでの被害は大きく無かったはず。

ちなみにこの頃は、横綱技や大関技などのランクはまだありませんでした。

 

フラワー37個取ると1UP

スーパーマリオ

1985/9/13

任天堂

横綱技

言わずと知れた、任天堂の大ヒット作品でマリオの出世作。

ファイヤーマリオのまま、ずっとやられずにフラワーを36個取り続けると、37個目からはフラワーを取るたびに1UPするというウソ技。

こちらも当時は噂になりましたね~。

試してみようと何度か挑戦しましたが、いつも途中でやられるので確認したことはありませんでしたが、まさかウソ技だったとは・・・・。

スーパーマリオには数々の裏技バグ技なども多かったので、このウソ技も本気で信じた方も多いはず。

 

じゃじゃ丸がクラリスカーに乗る

忍者じゃじゃ丸くん

1985/11/15

ジャレコ

大関技

ステージ1をクリアするまでに、Ⅱコンのマイクで「じゃじゃ丸、じゃじゃ丸」と言い続ける

すると、2面の敵がシティコネクションのお邪魔猫に変わり、クラリスカーが登場するというウソ技。

そして、じゃじゃ丸がクラリスカーに乗り、敵を轢き殺すことが出来るという、もしホントだったら面白そうですよね~^^

当時は、Ⅱコンマイクを使った裏技も多かったので、信じちゃいますよね~^^;

マイクは感度が難しいので、こちらも何度も試した人も多かったのではないでしょうか。

後にウソ技と知って、ファミマガにマジでブちぎれた方もいたはず。

 

空中を歩くことができる


スペランカー

1985/12/7

アイレム

横綱技

最初のタイトル画面で、Ⅱコンの十字キー右上を押しながら、ⅠコンのAボタンを音楽に合わせて押します。

音楽終了後スタートボタンを押すと、スペランカーが空中を自由に歩けるようになり無敵になるというウソ技。

死にやすく、当時から最弱主人公と言われてたキャラだけに、無敵になるという言葉はキラーワードですよね。

この技にも多くの方が騙されたはず。

 

ファミマガのマスコット、ファミコンくんが出現する

エグゼドエグゼス

1985/12/21

徳間書店

横綱技

二人用で、1Pは4500点、2Pは1900点を取ってからゲームオーバーになります。

その後、タイトル画面でセレクトボタンを48回押してからスタート。

100万点を超えると、ファミマガのマスコットキャラが登場するというウソ技。

当時は、開発スタッフが隠しキャラとして登場するなど、身内ネタも多かったですよね。(特にハドソン)

ファミマガも徳間書店ですらか、確かに、ファミコンくんが出ても不思議ではなかったですね。

エグゼドエグゼスというマイナーなタイトルの為、そこまで有名なウソ技ではありませんが、面倒なうえに、微妙に本当っぽい内容が余計に腹が立ちますよ(งꐦ☉д☉)ง

 

逆さになり壁を壊せる

テグザー

1985/12/19

スクウェア

横綱技

ⅡコンのAボタンと、十字キーの下を押しながらリセットし、次にⅠコンの左上とBボタンを押しながら、またリセット。

そして、タイトル画面で、文字が白い時にスタートすると壁が壊せたり、反転して飛行が出来るというウソ技。

当時、こういう隠しコマンドが裏技が多かっただけに騙された方も多かったはず。

テグザーというマイナーなタイトル、微妙なウソ技ですが、これでも横綱技。

基準がイマイチよく分かりませんねw

 

オプションがいくらでも付けられる

グラディウス

1986/4/25

コナミ

横綱技

オプションを2つ付けてやられたら、次のビックバイパーが現れる前にⅠコンで右右左左上右下左と入力し、Ⅱコンのマイクのボリュームを最大にして

オっプション

と叫ぶ。

すると、出現したビックバイパーは、既にオプションが付いた状態で登場します。

そして、前にやられた場所まで行くと、オプションが残っていて新しい自機に装着可能!

これを繰り返せば、オプションをいくらでも付けられるというウソ技。

これも割と有名なウソ技でしたが、こちらは当時から

「嘘くせーっ!」

って意見が多かったですね。

そもそも、ちょっと敵や敵弾が多くなるだけで動きが遅くなる本作で、いくらでもオプションが付けられる!というのは、子供ながらに嘘くさい・・・って思いましたね^^;

最強のドクロウィング

B-ウィング

1986/6/3

データイースト

大関技

9面に入ったらすぐにウィングを外し、その後、敵を避けながらBボタンを連打する。

すると、いきなりドクロマークのウィングが装着されるというウソ技。

ドクロウィングは、画面の敵を一瞬で倒すことができる最強のウィングという話でしたので、これも試したことがある方も多いはず。

最強装備、最強武器など、最強と名前がつく裏技は、そりゃ試したくなりますよね^^;

シンシアと野球拳できる

水晶のドラゴン

1986/12/15

スクウェア

大関技

まずは、パッケージの裏にあるシンシアの画像と同じ場所まで進みます。

そして、シンシアの手を見ると、アイコンがグー、チョキ、パーに変化。

シンシアとジャンケンをし、勝つと服を脱いで行くという、ムッツリ男子にはたまらないウソ技。

恐らく、ファミコンのウソ技の中でも、最も有名な技ではないでしょうか。

よくよく考えたら、子供がやるファミコンゲームで、こんな卑猥な設定を入れるはずはないのですが、多くのムッツリ少年が騙されましたね。

思春期の男子は、エロ要素に抗うことはできません。

しかし、これでも当時は、大関技だったんですね。

ファミマガのスタッフも、まさかここまで反響が大きいとは思わなかったのでしょう。

やはり、エロなどの煩悩の力には、無限の可能性が秘められていますね。

実は今回の企画も、これを紹介したくて始めた企画でしたw

 

ナムコ本社に入る

さんまの名探偵

1987/4/2

ナムコ

大関技

ゲームセンターキャロットにあるギャラクシガニで、5万点以上出してクリアするとナムコ本社へ行く道が開く。

そして、ナムコ本社に行くと、なんとパックマンが遊べる!

というウソ技。

ナムコ本社はマップ上に最初からある為、

「怪しい、実はあそこに行けるのでは(´・ω・)?」

という噂は当初からありました。

その為、このウソ技の情報を知った時は、

「やはり何かあったか╭( ・ㅂ・)و ̑̑ !」

っと、疑いもせずに必死にギャラクシガニに挑戦してましたね~。

これにはホント騙されました!

っていうか、ナムコも行けないなら最初から本社なんか表示させんなよ(# ゚Д゚)!

っと、ナムコに八つ当たりしたものですw

 

こっちもおすすめ記事