Pocket

 

ゲームボーイの名作ゲーム、おすすめソフト特集その3です。

 

今回は、主に1992年に発売されたゲームボーイのおすすめソフトについて紹介しています。

この年に発売されたゲームボーイソフトは115タイトル。

 

家庭用据え置きゲーム機に16ビット機が移行完了し、ファミコン市場が徐々に衰退し始めたのもこの辺りから。

 

その為、比較的低コストで開発可能なゲームボーイに移行するソフトメーカーも多く、ソフト発売数も若干前年よりも増加しております。

 

 

ゲームボーイ世代の方はもちろん、ゲームボーイの名作ゲーム、おすすめソフトをお探しの方は、是非見ていって下さい。

 

 

 

ゲームボーイ名作特集1992

 

 

メトロイドⅡ RETURN OF SAMUS

 

 

1992/1/21 任天堂

 

ディスクシステムで大人気だった探索アクションの続編。

 

前作同様、今回も広いダンジョンを探索しながらアイテムを揃え、メトロイド駆逐していきます。

 

成長したメトロイドの出現や、突然変わるBGMにビビった子もきっと多かったはず。

 

 

ゲームボーイ版の続編が、スーファミ版のスーパーメトロイドになります。

 

流石にこのシリーズはハズレが少ないですね。

 

 

 

 

タイニー・トゥーン アドベンチャーズ

 

 

1992/2/1 コナミ

 

人気カートゥーンのキャラを使用したアクションゲーム。

 

それぞれ特徴のある仲間と交代しながらステージを攻略していきます。

 

 

マリオ的な分かりやすいジャンプアクションゲームなので、誰でも遊びやすい作品。

 

 

 

 

怒りの要塞2

 

 

1992/2/21 ジャレコ

 

トップビューのアクションシューティングゲーム。

 

男女二人のキャラを使い分けてステージを攻略していきます。

 

 

前作よりもステージは広く複雑化し、仕掛けなども増えて難易度は上がっています。

 

スピードも速く、ジャンプできる女主人公のMIZUKIが圧倒的使いやすかったですね。

 

 

 

 

星のカービィ

 

 

1992/4/27 任天堂

 

今でもシリーズが続く、任天堂の人気キャラカービィのデビュー作。

 

可愛らしい見た目と、敵を吸い込んだり空を飛んだりなどの個性的なアクションで一躍人気キャラとなったカービィ。

 

 

デビュー当時は、まだコピー機能がありませんでした。

 

 

 

X

 

 

1992/5/29 任天堂

 

空も飛べるスーパータンクVIXIVを操作し敵を殲滅していく3Dシューティングゲーム。

 

戦車のようなリアルな操作をゲームボーイで見事に演出しています。

 

 

当時は、このワイヤーフレームだけでもゲームボーイでここまでできるのか!っと驚いたものです。

 

 

 

 

バイオニックコマンドー

 

 

1992/7/24 カプコン

 

ワイヤーアクションが特徴の横スクロールアクションゲーム。

 

ジャンプが無い分、ワイヤーを上手く利用して進んで行きます。

 

 

クセのある操作方法ですが、慣れてくるとその面白さも分かってきます。

 

 

 

 

大工の源さん ゴーストビルディングカンパニー

 

 

1992/7/31 アイレム

 

木槌で敵を倒していく爽快な横スクロールアクションゲーム。

 

今回は、工場やビルに住み着いたおばけを木槌で退治しに行きます。

 

 

源さんのパワフルなアクションを、ゲームボーイでも上手く表現している良作品。

 

 

 

 

カエルの為に鐘は鳴る

 

 

1992/9/14 任天堂

 

トップビューのフィールドと、サイドビューのダンジョンに切り替わるアクション個性的なRPG。

王子がカエルや蛇に変身するところが、他のRPGとは一味違うところ。

 

 

ライバルのリチャード王子とのやり取りも笑えますね。

 

軽妙な会話とストーリーで、多くのファンを生んだ名作。

 

 

 

 

スーパーマリオランド2 6つの金貨

 

 

1992/10/21 任天堂

 

ゲームボーイのマリオシリーズ2作目で、今作で初めてマリオのライバル、ワリオが登場。

 

ワリオに奪われたマリオ城を取り戻すために、各地のボスを倒し金貨を集めていきます。

 

 

ワールドマップを移動してアクションステージに突入する設定は、スーファミ版のマリオワールドに似ていますね。

 

 

 

 

ファンタズム

 

 

1992/11/6 ジャレコ

 

銃で撃たれて死亡した主人公が、幽霊となって敵に乗り移り彼女を助けに行くアクションゲーム。

 

敵によって特徴は色々ありますが、基本的にはジャンプアクションゲーム。

 

 

ちょっと可哀そうな内容ですが、アクションゲームとしてはとても良くできており、次々敵に乗り移っていく設定は非常に面白いです。

 

ゲームボーイのジャレコ作品は、意外と良作が多いですよね。

 

 

 

GB原人

 

 

1992/11/27 ハドソン

 

PCエンジンで人気だったアクションゲーム、PC原人のゲームボーイ版。

 

PC原人とほぼ同じ設定で、ジャンプ、頭突きなどで進んで行きます。

 

 

元が良くできたアクションゲームなので、ゲームボーイ版でも十分楽しめます。

 

 

 

 

トリップワールド

 

 

1992/11/27 サンソフト

 

環境に合わせて色々形態を変化できる不思議な生物ヤコプが主人公のアクションゲーム。

 

陸上や空中、水中など、その場に応じて形態を変化するのが特徴。

 

可愛らしい見た目と個性的なアクションで、知る人ぞ知る名作アクションなのですが、出荷本数が少なかったのか、Amazonなどの中古市場価格はかなり高額です。

 

 

コレクターにとっては痛いところですが、しかし、3DSのダウンロード版なら数百円で遊べますので、ゲームだけ楽しみたい方は、そちらの方がお得です。

 

ファミコン版のギミックやバトルフォーミュラなど、この時期のサンソフトのゲームは完成度がとても高いのですが、お値段も高いのが難点。。。

 

 

 

 

R-TYPEⅡ

 

 

1992/12/11 アイレム

 

アイレムの大人気横シューティングのゲームボーイ版。

 

2段階の溜め撃ちやフォースの脱着など、Rタイプの面白さはゲームボーイ版でも健在。

 

 

ドット絵も、ゲームボーイ版としてはかなり細かく緻密に描かれています。

 

 

 

 

ロックマンワールド3

 

 

1992/12/11 カプコン

 

ゲームボーイ版のロックマンシリーズ3作目。

 

ロックマン4をベースとしており、新要素として溜め撃ちが追加。

 

 

相変わらず高難易度ですが、評価も高かった作品。

 

 

 

ルーニー・テューンズ バックスバニーとゆかいな仲間たち

 

 

1992/12/22 サンソフト

 

ルーニー・テューンズのキャラたちが登場する横スクロールアクションゲーム。

 

バックスバニー、ダフィー、トゥイーティーなど、お馴染みの人気キャラが多数登場。

 

 

ステージごとにキャラクターやアクションの内容も変わるので飽きずに楽しめます。

 

 

 

 

女神転生外伝 ラストバイブル

 

 

1992/12/25 アトラス

 

アトラスの人気RPG、女神転生シリーズの外伝的な作品。

 

現代風のRPGが特徴だった女神転生シリーズですが、本作はファンタジーRPGとなっています。

 

 

女神転生の冠が付いていますが、世界観は本編とはかなり異なる設定。

 

しかし、敵との会話や仲魔、魔獣の合成などは可能。

 

 

 

 

ウィザードリィ外伝Ⅱ 古代皇帝の呪い

 

 

1992/12/26 アスキー

 

前作の好評を受けて制作されたゲームボーイ版ウィザードリィの2作目。

 

バランスが見直され、戦闘での極端な不均衡は緩和されています。

 

 

しかし、終盤の敵は強化され、以降、和製ウィズでは終盤の敵が手ごわいのが当たり前となりました。

 

 

 

ヘラクレスの栄光 動き出した神々

 

 

1992/12/27 データイースト

 

ファミコンとスーファミで発売されたRPGの外伝的な作品。

 

ギリシャ神話をモチーフとしており、神話に出て来る神が多数登場します。

 

 

地上の異変に気付いたゼウスの命により、再び勇者ヘラクレスが地上へ赴きます。

オーソドックスなRPGですが、雑魚敵でも油断できず難易度は高め。

 

 

 

レトロゲームを楽天で探すなら駿河屋がおすすめ!

▼ ▼ ▼ ▼

ネットショップ駿河屋 楽天市場店
 

 

 

ゲームボーイ名作特集3の動画はこちら