SEGAゲームギア名作ゲーム、おすすめソフト特集その3(1993年)
Pocket

セガの携帯用ゲーム機「ゲームギア」で発売された名作ゲーム、おすすめソフトについてお伝えしております。

カラー液晶、TVチューナーを付けるとTVも見れる、などでゲームボーイと差別化を図っていたゲームギア。

デカい、重い、値段が高い、電池の消耗が激しいなど、ゲームボーイと比べてデメリットも多いですが、大人世代や海外では人気でした。

また、日本未発売の海外版マスターシステムの移植ゲームが遊べたのも、SEGAファンにとっては嬉しいところでしたね。

今回は、主に1993年に発売されたゲームギアの名作ソフトについて紹介しております。

あくまで個人的な好みや感想ですが、

ゲームギアが大好きだった!

ゲームギアの名作ゲームを探している!

という方は、是非参考にしてください。

ゲームギア名作ゲーム特集その3(1993年編)

 

レミングス

1993/2/5 セガ

様々なプラットフォームに移植されているアクションパズルゲームで、元はイギリスで発売されたPC用ゲーム。

集団自殺すると誤解されているレミング(ダビネズミ)の生態をモチーフにしています。

次々に現れるレミングたちを上手く誘導し、なるべく損害を少なく出口に運ぶのが目的。

パスワードによるコンテニュー再開もあります。

ウィンブルドン

1993/2/26 セガ

16人の中から選手を選んで対戦するテニスゲーム。

フリーマッチと、4大会で優勝を目指すツアーモードがあります。

テニスゲームとしては、シンプルでオーソドックスなので、誰でもすぐに遊べる内容。

通信ケーブルによる対戦も可能です。

ぷよぷよ

1993/3/19 セガ

人気落ち物パズルゲーム、初代ぷよぷよの移植作品。

対戦前のキャラ同士の漫才トークやボイスなどは省略されていますが、ゲームは従来同様に遊べます。

カラー液晶のゲームギアと、ぷよぷよは相性が抜群でしたね。

全30問のなぞなぞぷよぷよも追加されています。

ミッキーマウスの魔法のクリスタル

1993/3/26 セガ

セガマスターシステムでも発売された、ミッキーマウスのアクションゲーム。

本の中に入ってしまったミッキーが魔法使いに奪われたクリスタルを取り戻すのが今回の目的。

分かりやすいシステムと軽快なアクションで、子供でも遊びやすかった印象があります。

ドラえもん ノラのすけの野望

1993/4/29 セガ

誰もが知っている国民的アニメ、ドラえもんのアクションゲーム。

未来からやってきた犬型ロボット「ノラのすけ」に捕まったのび太君たちを助け、ノラのすけを倒しに向かいます。

お馴染みの便利道具を活用し、壁をよじ登ったり、ぶら下がったりなど軽快なアクションを見せるドラえもん。

アクションも豊富で操作性もよく、とても遊びやすい良作品。

シャイニングフォース外伝Ⅱ 邪心の覚醒

1993/6/25 セガ

シャイニングフォース外伝の続編で、前作から2年後を描いています。

戦闘システムは従来同様で、パノラマ画面のアニメーション演出などは相変わらず好評。

難易度もそれほど高くないのでシミュレーションRPGが苦手な方でも、本作はクリアしやすいででしょう。

しかし、さすがに今やると画面の粗さやグラフィックなどには古臭さも感じます。

グラフィック的には、やはり外伝1と2がセットになった、メガCD版のシャイニングフォースCDがおすすめ。

トムとジェリー

1993/6/25 セガ

猫とネズミの追いかけっこアニメ、トムとジェリーのアクションゲーム。

トムが発見した宝の地図がジェリーに取られたので、それを取り返すという内容。

様々な障害物を避けてジェリーを捕まえるとステージクリアとなります。

トムが単独で主人公を務める珍しい作品。

ベアナックルⅡ

1993/7/23 セガ

メガドライブで大人気だったベアナックルⅡの移植。

復讐により拉致された前作の主人公の一人、アダムの救出に向かいます。

メガドライブ版と比べると、マックスが削除されていますが、新たな敵キャラや曲の追加などがされています。

ジュラシック・パーク

1993/7/30 セガ

大ヒット恐竜映画ジュラシックパークを題材としたアクションゲーム。

プレイヤーは、フェンスを破って脱走した恐竜を捕獲するためのハンターとなります。

シューティングやアクションなど、ステージによって色々なゲームを楽しめるのが本作の特徴。

大ヒット映画に便乗しただけの微妙なゲームかと思いきや、意外と楽しめます。

GGアレスタⅡ

1993/10/1 セガ

人気シューティングゲームのアレスタシリーズ2作目。

前作の5年後という設定で、機械に取り付いた寄生生物が今回の敵。

ショットの種類も多く、滑らかな高速スクロール、巧みなゲームバランスで、ゲームギア屈指の名作と言われている作品。

ソニック&テイルス

1993/11/19 セガ

ゲームギアのソニックシリーズ3作目にして、ゲームギア初のオリジナル作品。

今回からソニックの他にも、相棒のテイルスを使用することが可能。

テイルスはソニックほどのスピードはありませんが、しっぽをプロペラにしたヘリテイルで空を飛ぶことができます。

難易度も下がっており、アクションが苦手な方でも本作は遊びやすいですね。

魔導物語Ⅰ 3つの魔導球

1993/12/3 セガ

MSX版の魔導物語1-2-3を移植したタイトル。

ぷよぷよの主人公でもお馴染みのアルルが、魔導幼稚園の卒業試験に挑む3DダンジョンRPG。

RPGでありがちなステータスの数値化はあえてせず、右上に表示された表情や元気、もうダメなどのセリフで表現しているのが本作の特徴。

なぞぷよ2

1993/12/10 セガ

詰将棋的なぷよぷよの問題を解いていくパズルゲーム。

前作はゲームギア本体と同梱版でしたが、今回から単体でも発売されています。

クエストモードには、ユーザーから投稿された200問が収録されておりますので、ぷよぷよが得意な方でもやり応えがありますよ。

ドナルドダックの4つの秘宝

1993/12/17 セガ

呪いのペンダントで風船のようになってしまったドナルドの伯父スクルージを元に戻すために、ドナルドがペンダントを元の場所に戻しに行くアクションゲーム。

スクルージの日記を元に、ペンダントのあった場所を探していきます。

携帯用で遊ぶにはピッタリの手軽さで難易度も丁度良いです。

ディズニーゲームは、大人から子供まで遊べる作品が多いですよね~。

動画はこちらから