当時人気だった!ゲームギア名作ゲーム特集5(1994中期~後期)
Pocket

今回は、1994年中期から後期に発売された、ゲームギアの名作ゲームについてお伝えしていきます。

今の携帯ゲームと比べると流石にアレですが、当時は携帯機でカラーゲームが遊べるというだけで凄かったんですよね!

ゲームギア中期に発売された、当時の名作ソフト、懐かしのゲームをお探しの方は、是非参考にしてください。

【動画で観たい方はこちら】

 

ゲームギア名作特集その5(1994中期~後期)

 

ロボコップ3

1994/6/24

アクレイムジャパン 4500円

ロボコップ3を題材としたアクションゲームで、前年に欧州で発売されたマスターシステム用ソフトの移植。

上下左右に銃を撃ち分けることができますが序盤から敵の攻撃も激しく、更に弾薬にも限りがあり、かなり難易度は高め。

しかし、当時としてはグラフィックも良く、携帯用としては評価は高かった作品。

ズールのゆめぼうけん

1994/7/29

インフォコム 3800円

GENESISやマスターシステム用としてアメリカで発売された

ZOOL Ninja of the “Nth”Dimension

の移植作品

マリオ的なジャンプアクションゲームで、メダルを集めてステージのどこかに表れるゴールに向かうとクリア。

序盤は簡単ですが、後半は時間制限も厳しく難易度も高め。

なぞぷよ アルルーのルー

1994/7/29

セガ 3800円

ぷよぷよのルールで出題される問題を解いていくパズルゲーム。

ストーリーモードでは、カレーの材料をそろえるためにアルルが、なぞぷよを解いていきます。

スーファミなどでも出ているので、今となってはあえてゲームギアでやる必要もありませんが、

ぷよぷよに自信がある方は、試してみてはいかがでしょうか。

ダイナマイトヘッディー

1994/8/5

セガ 3800円

メガドライブでも好評だった、トレジャーが開発した横スクロールアクションゲーム。

おもちゃのヘッディーが、頭を色々変えながらステージを攻略していきます。

メガドライブ版とは一味違うステージ構成も、ゲームギア版の特徴。

個性豊かなキャラクター、謎解き要素も有るステージなど、こちらも当時から人気だった作品。

コカ・コーラ キッド

1994/8/5

セガ 3800円

コカ・コーラとコラボして作られた、ゲームギアオリジナルアクションゲーム。

さらわれた美人先生を救うために、敵のアジトに乗り込むという設定。

宙返りやスケボー、壁よじ登り、溜めタックルなど、アクションも多彩です。

マリオとソニックと鷹一偉人の冒険島を合わせたような内容で知名度はあまり高くないかもしれませんが、普通に面白い作品。

セガと言えばペプシのイメージがありますが、コカ・コーラともタイアップしてたんですね。

剣勇伝説Y∀IBA

1994/9/9

セガ 3800円

青山 剛昌氏がコナン連載の前にサンデーで描いていた漫画「ヤイバ」を題材としたアクションゲーム。

32カラー対応の鮮やかなドットやイベントCGなど、当時の携帯用としては、かなりグラフィックが綺麗です。

ステージは4面と少ないですが、ゲームボーイとの違いを見せつけた作品でした。

T2 ジャッジメント・デイ

1994/9/30

アクレイム 4500円

大ヒット映画、ターミネーター2を題材としたアクションゲーム。

主人公は、アーノルド・シュワルツェネッガー氏が演じるT-800 モデル101型となりステージを攻略。

ストーリーは映画を踏襲する内容となっており、サラ・コナーを救い、最終的にT-1000を倒します。

こちらも、当時は綺麗なグラフィックが話題でした。

クラッシュ・ダミー

1994/9/30

アクレイムジャパン 4500円

バカンスに出るためにアルバイトをして費用を稼ぐ作品で、要は洋ゲーのミニゲーム集。

収録されているミニゲームは全部で5つ。

全て80年代にあったアーケードゲームをリファインしたもの。

どれもシンプルな作品ですが、ついついのめり込んでやってしまいます。

ミニゲームは、携帯ゲーム機との相性も良かったですね。

プロ野球GGリーグ94

1994/9/30

セガ 3800円

ゲームギアでは4作目となる、オーソドックスな野球ゲーム。

当時のセ・パ両リーグの選手が実名で登場し、野球好きにはたまりませんね。

通信ケーブルを使用することで、2人対戦も可能。

携帯用とは言え、この時期の野球ゲームとしてはかなり完成度の高い作品でした。

幽遊白書2 激闘!七強の闘い

1994/9/30

セガ 3800円

当時の大人気アニメ、幽遊白書のビジュアルバトルゲーム2作目。

アニメの進行に合わせて、今回は、戸愚呂や仙水なども登場します。

キャラクターも綺麗に描かれており、当時のゲームとしてはグラフィックも綺麗ですが、さすがに今やると単調で飽きやすいですね。

モルドリアン

1994/10/30

セガ 4800円

ドラクエタイプのオーソドックスな、テキストタイプRPG。

いじめられっ子の主人公が、徐々に強くなっていくという王道ストーリーです。

ゲーム的にはいたってシンプルですが、ゲームギアにはRPGが少なかったため、当時は重宝されました。

ソニック&テイルス2

1994/11/11

セガ 3800円

セガの人気作品、ソニック&テイルスの2作目。

今回は、エッグマンだけでなく、ナックルズ、ファング、メタルソニックなどソニックのライバルたちが登場します。

様々なアクションが楽しめ、さすがのこのシリーズは面白いですね。

 

【こっちもお薦め!】