ゲームギア名作おすすめゲーム特集2(1992年)
Pocket

セガの携帯ゲーム機「ゲームギア」で1992年に発売された個人的名作ゲーム、おすすめゲームについてお伝えしております。

名作とはいかないまでも、それなりに楽しめる佳作作品、知名度は低いが良くできているゲームなども激甘評価で紹介していますので、ゲームギアの名作ゲーム、おすすめソフトをお探しの方は、是非参考にしてください。

ゲームギア名作おすすめゲーム2(1992)

 

ポケット雀荘

1992/2/7 ナムコ

ゲームボーイ初期に発売された、ナムコのオーソドックスな二人打ち麻雀ゲーム。

さすがに麻雀ゲームはモノクロのゲームボーイよりカラー液晶のゲームギアの方が見やすくて遊びやすいですね。

フリー対戦だけでなく、ストーリーモードもあるので、携帯用の麻雀ゲームとしては完成度が高かったです。

エイリアンシンドローム

1992/3/19 シムス

様々なゲーム機に移植されているトップビューのガンアクションゲーム。

数種類の武器を使い分けてエイリアンを倒し、仲間を救出していきます。

シンプルな設定で、誰でもすぐに遊べる良アクションゲーム。

ゲームギア版は全4ステージあり、設定上はアーケード版の続編になります。

モンスターワールドⅡ ドラゴンの罠

1992/3/27 セガ

海外でのみ発売されたマスターシステム版スーパーワンダーボーイモンスターワールドの続編の移植作品。

ドラゴンを倒したことで受けた呪いを解くために、新たな冒険に出るという内容。

モンスターの能力を生かした、これまでと違うアクションが特徴。

パスワードによるコンテニューもあり、システム面もパワーアップしています。

エアリアルアサルト

1992/6/5 セガ

マスターシステム用として海外で発売されいた横シューティングの移植作品。

タイトルは同じでも移植元のマスターシステム版とは内容がかなり異なりますが、携帯用シューティングとしては当時としては上々の出来。

初期装備はかなり貧弱ですが、パワーアップアイテムを取ることでショットも誘導弾など変化していきます。

ぎゅわんぶらあ自己中心派

1992/6/12 セガ

片山まさゆき氏の麻雀漫画、ぎゃんぶらあ自己中心派の4人打ち麻雀ゲーム。

フリー対戦の他にも、CPUをパートナーにしたチーム対戦もできます。

通信ケーブルを使う事で対戦も可能でしたが、ゲームギアを持っている子が少ないうえに本作を持っている人はもっと少なく、残念ながら対戦したことはありませんでした><;

アイルトン・セナ スーパーモナコGPⅡ

1992/8/28 セガ

メガドライブで発売されたスーパーモナコGPの続編。

当時の人気F1ドライバー、アイルトン・セナ氏が監修したことでも話題のF1ゲーム。

車をセッティングして、全16戦で年間チャンピオンを目指します。

今では想像もつきませんが、当時はF1が大ブームで、あの週刊少年ジャンプでもF1の特集が組まれるほどでした。

F1が深夜に放送された時は夜遅くまでテレビを見ており、翌日はみんな寝不足気味で学校に行っていましたね~。

セナ氏の悲報を聞いたときはショックすぎて、しばらくは信じられませんでした。。。

シャダム・クルセイダー 遥かなる王国

1992/9/18 セガ

中東を舞台としたゲームギアのオリジナルテキストタイプRPG。

王国の王子とシンドバット、ランプの魔人と帝国に立ち向かいます。

魔人が喋ったり、オートセーブ機能が付いていたりと、携帯用といって侮れません。

イン ザ ウェイク オブ バンパイア

1992/10/23 シムス

ロンドンで起きた連続殺人事件解決に挑むアクションゲーム。

武器を色々変えたり、サブウエポンもあり、コナミの名作悪魔城ドラキュラを彷彿とさせる良アクションゲームです。

ステージを進むごとに事件の真相が明らかになっていきますが、英語表記しかないのが残念。

バットマンリターンズ

1992/10/23 セガ

マスターシステムの海外版で発売されていたバットマンのアクションゲーム。

マスターシステム版をそのまま移植しているのではなく、ゲームギア版はライフ性になり、オープニングムービーが追加されており、色々遊びやすく改善されています。

ワイヤーを利用したアクションやルート分岐など、ゲームギアのアクションゲームの中でも人気だった作品。

チャックロック

1992/10/30 セガ

洋ゲー的なセガの横スクロールアクションゲーム。

岩を拾って攻撃したり足場にして先に進んだりと、岩を使ったアクションが重要となります。

また、パズル要素的な場面も多く難易度は高め。

独特のアクション、BGMの無い世界など、評価が割れるかもしれませんがかなり個性的なアクションゲームであることは間違いないでしょう。

ソニックザヘッジホッグ2

1992/11/21 セガ

ゲームギア版のソニックシリーズ2作目で、今回はドクターエッグマンにさらわれた相棒テイルスの救出に向かいます。

本作はトロッコや乗り物アクションなどが特徴で、メガドライブ版とはまた違った面白さがあります。

メガドライブ版の2とは内容が異なりますが、ソニック好きの方にはおすすめ。

ベアナックル 怒りの鉄拳

1992/11/27 セガ

メガドライブで大人気だったベルトアクション、ベアナックルの移植作品。

通信ケーブルを使用することで、二人同時プレイも可能です。

しかし、グラフィックの劣化、プレイヤーキャラクターからアダムが削除、一部ステージが変更など、本家メガドライブ版と比べるとイマイチ感は否めません。

今ワザワザやる必要はないかもしれませんが、それでも当時の携帯用としては、かなり頑張っていた方でしたね。

The GG 忍2

1992/12/11 セガ

ジョームサシが活躍する忍者アクションゲーム2作目。

仲間を救出し彼らの助けを借りながら、宝玉を探していきます。

流石にこのシリーズは安定した面白さがありますね。

マップも広くなり、パスワードコンテニューの再開もできるので前作よりも遊びやすくなっています。

クニちゃんのゲーム天国パート2

1992/12/18 セガ

当時の人気タレント、山田邦子氏を主役にしたミニゲーム集第二弾。

今回は、カート、アクション、ボウリング、ジグソーパズルが収録されています。

また、弱小のテレビ局を大きくするストーリーモードもあります。

シャイニングフォース外伝 遠征・邪心の国へ

1992/12/25 セガ

メガドライブで大人気だったシミュレーションRPG、シャイニングフォースの続編。

ストーリー的には、シャイニングフォース1の20年後を描いており、1で活躍した光の戦士たちのその後を見ることができます。

基本的なシステムはほとんど同じなので、シリーズをやっている方はすぐに慣れるでしょう。

相変わらずこのシリーズにはハズレがありませんね。

携帯用の為か、ストーリー的にはそれほど長くはなく、この後発売される外伝Ⅱと合わせて1つのゲームといった印象。

ゲームギア名作ゲーム特集2 動画はこちら