ゲームギア超お宝!プレミアソフト特集10選
Pocket

そういえば、ゲームギアミクロがそろそろ発売されますね~。

私も一応ブルーのみ予約していますが、予約していたことを忘れるくらい、あまり期待していません^^;

しかし、もちろん、ゲームギア自体は好きですよ^^

セガには是非とも、おもちゃのようなアクセサリー感覚のゲームギアミクロではなく、しっかりと遊べるゲームギアミニを作ってもらいたいですね~。

その時は是非、市場価格が高騰しているソフトをいくつか入れてもらいたいです。

ということで、今回はゲームギアで発売されたソフトの中で、

中古価格が超高額な、お宝プレミアソフトの紹介をしていきます。

他のゲーム機同様、やはり後期の作品は、出荷本数も少なく中古市場価格も高額なものが多いですが、

ゲームギアのソフトは割と初期のゲームも、人気作品は中古価格が高騰しています。

ゲームギアのソフト自体、そこまで販売数は多くなかったんでしょうね。

ゲームギアの高額ソフト、プレミアゲームが気になる方は是非、見ていって下さい。

中古市場参考価格は、時期やお店によっても異なると思いますので、あくまで参考程度という点をご了承願います。

 

ゲームギア超お宝プレミアソフト特集10選

 

リスター・ザ・シューティングスター

1995/2/17

セガ

定価 3800円

中古市場参考価格 8~9千円

ソニックチームが開発したアクションゲーム。

伸びる腕を利用して、ジャンプしたり回転したりと様々なアクションが可能。

ソニックにも似た雰囲気もありますが、それとはまた違った面白さがあります。

分かりやすくキャラクターの動きも良く、ゲームギア後期の良アクションゲームと言えるでしょう。

 

GGアレスタII

1993/10/1

コンパイル

定価 3800円

中古市場参考価格 1万円~12000円

GGアレスタの5年後という設定の2作目。

1作目と共にゲームギア屈指の名作シューティングと言われており、そのお値段もお高め。

アレスタシリーズは様々なハードに移植されていますが、どれも高額ですよね~。

それだけ評価が高いと言う事なのでしょう。

 

バトルトード

1994/1/14

セガ

定価 3800円

中古市場参考価格 約14000円

レア社の傑作ベルトアクションゲームの移植。

様々なアクション、リアクション、高速スクロールエアバイクなど、ゲームギア版でもその面白さは十分発揮されています。

日本での知名度はそれほど高くはありませんが、海外での人気は高く、続編やダブルドラゴンとコラボした作品など、色々出ていますね。

ファミコンやメガドライブなど様々なゲーム機に移植されていますが、そのどれもが中古価格は高額。

 

忍者外伝

1991/11/1

セガ

定価 3500円

中古市場参考価格 約2万円

テクモの忍者アクションゲーム、忍者龍剣伝のゲームギア版。

龍剣を狙う敵を倒していく内容で、ステージ間のデモシーンなども本作の大きな特徴。

全4面とステージ数は少なめですが、当時の携帯用としてはよく出来た作品。

 

グリフォン

1991/7/26

日本テレネット

定価 3800円

中古市場参考価格 約25000円

戦車で戦う縦スクロールシューティングゲーム。

8方向に移動でき、それぞれの方向に主砲を撃つことが可能。

常に同じ方向を向いている一般的なシューティングとは違いますので、ある程度の慣れは必要ですが、シューティング好きは楽しめるでしょう。

また、ステージクリアするごとに、主人公の美少女ミントの顔グラフィックが表示されるのも、日本テレネットっぽいですね。

マジカルパズルポピルズ

1991/7/12

テンゲン

定価 4800円

中古市場参考価格 約25000円

ゲームギア初期の頃に発売されたパズルゲーム。

ブロックを破壊して姫の元までたどり着くというシンプルな内容。

手数が少ないほど、より高得点を狙えます。

全100ステージの他、エディットモードも搭載で、かなり楽しめます。

こういうシンプルなゲームは、携帯機との相性も抜群ですよね。

 

フレイ 修行編

1991/12/27

マイクロキャビン

定価 4500円

中古市場参考価格 約2~3万円

マイクロキャビンのRPG「サーク」シリーズの番外編的ゲーム。

魔導士になる事を決意したフレイが、魔法学校で修行するという内容。

ゲームはシンプルなアクションシューティングですが、自キャラは地上を歩いているため、壁などに挟まれると即死します。

ステージを進むごとに使用できる魔法も増え、それなりに楽しめる作品。

バットマン フォーエヴァー

1995/10/27

アクレイムジャパン

定価 4800円

中古市場参考価格 約3万円

人気アメコミヒーロー、バットマンのアクションゲーム。

アクションは豊富で、モータルコンバットのように敵と戦うので、一見面白そうにも見えますが・・・、

問題はその操作性。

キャラは扱いにくく、更に、洋ゲーだけあり難易度も高く国内での評価は微妙。

クソゲー扱いされることもしばしば。

しかし、ゲームギア後期の作品の為、生産数が少なかったのか中古市場価格はかなり高額。

決して、そこまで出すほどの作品ではありませんが、コレクターからの評価は高いようですね。

 

Gソニック

1996/12/13

セガ

定価 4800円

中古市場参考価格 約3万円

8メガの大容量ソフトにして、ゲームギア最後となった作品。

今回は、ソニックとナックルズの二人がカオスエメラルドを探して冒険に出ます。

ナックルズは、滑空、壁のぼりなど、ソニックとは違う特技があるのも面白かったですね。

ゲームギア最後期の作品だけに、そのお値段もかなり高額。

 

GGアレスタ

1991/12/29

コンパイル

定価 4800円

中古市場参考価格 約4~5万円

ゲームギアの中古ソフトで最高値と言えば、恐らく本作でしょう。

わりとゲームギア初期の作品にも関わらず、これだけ中古価格が高騰するのは、やはりゲームの評価が高いからでしょうね。

但し、単純にゲームだけ楽しみたい方は、わざわざ高額な中古ソフトを購入するよりも、2020年の12/24に発売されるアレスタコレクションのほうが遥かにお得。

しかも、アレスタコレクションを購入すると、ゲームギアミクロホワイトが同梱されるので、アレスタファンはそちらの方がオススメです。

アレスタコレクションを見たとき、最初は高いな~と思いましたが、GGアレスタ、GGアレスタ2の中古価格をみると、安く感じますね。

 

こっちもおすすめ記事