【メガドライブソフト】タイトーゲーム特集
Pocket

タイトーのレトロアーケードゲームが40タイトル収録された

EGRET II mini

の発表がありましたね~。

まだ全部の収録ソフトが紹介されていないですが、第一弾のソフト発表は中々好評のようです。

発売はまだまだ相当先ですが、私も早速パドルコントローラー付きの限定版を予約しました。

今後何が収録されるか

これを入れてほしい!

などなど

イーグレット2ミニの話題もあってか、今レトロゲーム界隈ではタイトーゲームの話で盛り上がっております。

タイトーゲームは各ゲーム機にも色々移植されており、ファミコンはもちろん、メガドライブでも発売されています。

数はそれほど多くはありませんが、アーケード移植作品もけっこう多いですね。

そこで、今回はメガドライブで発売されたタイトーゲームについて紹介していきます。

タイトー好きの方、興味のある方は、是非見ていってください。

(メガCD、メガLDのゲームは省いています)

メガドライブで発売されたタイトーゲーム

 

ニュージーランドストーリー

1990/3/3

6800円

ニュージーランドの国鳥キウイが、仲間を救出するために戦うアクションゲーム。

様々な武器、乗り物、分かりやすいシステムなどで、初めてでもすぐに楽しめる良作品。

しかし、見た目に反して難易度がかなり高いことでも有名で、クリアには相当根気が必要ですね。

本作のアーケード版がEGRET II mini(イーグレット2 ミニ)にも収録されます。

ファイナルブロー

1990/3/23

6800円

ヘビー級ボクサーのチャンピオンを目指すボクシングゲーム。

左右の移動しか出来ませんが、大きく描かれ躍動するキャラクターは迫力がありますね。

元々はアーケードゲームですが、メガドライブ版も移植度は高く、アーケードと同じように楽しめます。

特に乱打戦は迫力がありますね。

ラスタンサーガⅡ

1990/8/10

6800円

人気だったアクションゲーム「ラスタンサーガ」の2作目。

Ⅱと付いていますが、時系列的にはⅠの前日譚となる話。

ガードができるなど色々追加されてはいますが、すこぶる評価が悪かったことでも有名。

操作性も悪く、動きも硬い、

同じようなステージばかりで、ちょっと単調ですよね。

評価がかなり悪かったせいか、ラスタンサーガのシリーズも本作で終了となっています。

スペースインベーダー90

1990/9/7

5900円

社会現象になるほど大ヒットした、固定画面シューティングゲームのリメイク作。

内容もかなりアレンジされており、自機がパワーアップしたり敵の動きも変則的になっています。

どちらかというと、ギャラクシアンやギャラガに近い印象がありますね。

レインボーアイランドエキストラ

1990/10/5

6800円

虹を使って敵を倒したり、上に乗ったりなど個性的なアクションが特徴だった人気ゲームのマイナーチェンジ作品。

レインボーアイランドのステージを一部変更し、難易度も上がっています。

メガドライブ移植版はアーケード版と比べて出せる虹の数は減っていますが、それ以外はアーケードと同じように楽しめます。

本作のアーケード版も、EGRET II miniの収録が発表されていますね。

ダライアスⅡ

1990/12/20

8900円

タイトーの人気シューティングシリーズダライアスの2作目。

メガドライブ移植版は、アーケード版の横長画面に可能な限り近づけた縦横比となっています。

グラフィックとサウンドは多少劣化はしていますが、当時の家庭用としては、アーケード版を上手く再現していますね。

良移植作品なので、アーケードファンにもオススメです。

ヴォルフィード

1991/1/25

4900円

自機で線を引いて囲んで陣地を広げていく陣取りゲーム。

タイトー往年のアーケードゲーム「QIX」の派生作品。

グラフィックも向上し、アイテムなどもあるので遊びやすくなっています。

個人的にこの手のゲームは、下絵にエロ画像などのご褒美グラフィックがないと、イマイチ燃えませんねw

やはりこれ系のゲームでは、ギャルズパニックが最高峰( *´艸`)

ファイアームスタング

1991/5/31

6800円

アーケードゲーム「USAAFムスタング」のメガドライブ移植作品。

米国の戦闘機ムスタングで、日独と戦っていく内容。

連射機能も最初からついているので、遊びやすくて助かります。

子供の頃は気になりませんでしたが、大人になると第二次世界大戦ゲームは、国産ゲームでも日本は敵役なのが残念ですね。

セイントソード

1991/6/28

6800円

セイントソードを駆使し、敵と戦っていく横スクロールのアクションゲーム。

星矢にもどことなく似ていますが、全くの別人。

アイテムを取ることで、3形態に変身することが可能。

アクションは悪くはないですが、マップが複雑で迷いやすいのが難点。

もう少し分かりやすかったら、評価は上がっていたかもしれませんね。

サンダーフォックス

1991/7/26

8500円

アーケードから移植されたアクションゲーム。

上下段に移動しながら進み、敵の武器を奪って攻撃なども可能。

システム的には、ナムコのローリングサンダーやセガのシノビによく似ていますね。

残念ながらメガドライブ版は、空中戦ステージなどはカットされています。

マスターオブウエポン

1991/9/27

6800円

自己思考型のコンピューターと戦うという設定の、縦スクロールのシューティングゲーム。

対地、対空2種類のショットを使い分けて進んでいきます。

重く暗いストーリーですが、シューティングゲームとしてはそれなりに評価は高かったようです。

ルナーク

1991/11/15

6800円

アーケードから移植されたベルトアクションゲーム。

動物を守るために、密売業者を皆殺しにしていきます。

爆弾で吹き飛ばしたり、列車に轢かれて肉片が飛び散ったりなど残虐な表現で話題でした。

メガドライブ版は一部のステージがカットされていますが、それ以外はアーケード版と同じように楽しめます。

武器も豊富で、難易度は高いですが楽しい良作品。

スーパーH.Q.

1992/10/23

6800円

アーケードゲーム「チェイスH.Q」のメガドライブ版。

制限時間内にゴールする一般的なレースゲームと違い、本シリーズは、犯人の車に体当たりして捕まえるのが大きな特徴。

3つのタイプから車を選ぶことができ、美人オぺレーターのナンシーも登場します。

普通は他車は避けて走行するのを、映画さながら逆に体当たりして止めるという設定は面白いですよね。