【メガドライブソフト】おすすめ洋ゲー特集
Pocket

今回は、海外でのみ発売されたメガドライブソフトや、北米版メガドライブ「GENESIS」のソフトの中で、

国内のゲーム機にも移植してほしい!

という、おすすめソフトについて紹介していきます。

 

海外ソフトなので知名度は低く難易度が高めですが、一度じっくりやってみたいですね。

英語が分からなくても、十分楽しめますよ。

洋ゲー好きの方は、是非見ていって下さい。

 

メガドライブ・ジェネシス、おすすめ洋ゲー特集

 

Captain America and The AVENGERS

1992年12月

Data East

キャプテンアメリカやアイアンマンなど、マーヴルの人気ヒーローたちが登場するベルトアクションゲーム。

今でこそ超有名なヒーローたちですが、当時はバットマンやスーパーマンと比べると、知名度は低く、あまり知っている人はいませんでしたね。

そのせいか、国内ではアーケード版のみでコンシューマ版は販売されていません。

ベルトアクションゲームとして普通に面白いので、アーケードで遊んでいた方は、家でじっくり遊んでみたい!という方も多いはず。

 

Paperboy2

1993年2月

Tengen

 

海外では根強い人気を誇る、割とメジャーな新聞配達ゲーム。

今回はペーパーボーイだけでなく、ガールも登場し、難易度も上がっています。

初代はファミコンなどにも移植されていますが、2は残念ながら移植されませんでした。

Mega Turrican

1994年3月

Data East

魂斗羅的な、とても分かりやすいガンアクションゲーム。

武器の種類も色々あり、またワイヤーのようなアクションなども面白い設定です。

テンポの良い展開、派手な爆発シーンなど演出もよく、海外でも人気だった作品。

グラフィックも音楽も良く、国内もで販売されても良さそうなものですが、残念ながら北米と欧州でしか販売されませんでした。

確かに、日本には似たような設定のゲームが他にも色々あるので、差別化するのは、ちょっと難しかったかもしれませんね。

 

Rolling Thunder3

1993年5月19日

Namco Hometek

 

ナムコの人気アクションゲームの3作目。

初代はファミコンで、2はメガドライブ初期に発売されていますが、3は北米のみで販売。

従来のシリーズは単調なアクションになりやすかったですが、今回はバイクやジェットスキーなど多彩なステージが追加され飽きにくくなっています。

あと、音楽が渋くて超カッコいい!

Haunting starring Polterguy

1993年10月

Fling Edge

幽霊の主人公が様々なポルターガイスト現象を起こし、家族をビビらせるアクションゲーム。

事故死して幽霊になってしまった主人公が、事故の原因を作った会社の男と、その家族に復讐するという内容。

こういう発想は、日本人にはないですよね~^^;

日本ではちょっと考えられない設定ですが、その分、珍しくて興味深いです。

 

Zombies Ate My Neighbors

1993年11月

Konami

ゾンビを撃退しながら住民を助けていくアクションゲーム。

タイトルは「ゾンビが私の隣人を見つけた」という意味。

ゾンビは聖水入りの水鉄砲でサクサク倒せますが、目的はあくまでも住民の救助。

2人協力プレイも可能で、アクションゲームとしても普通に楽しい作品。

ほんとアメリカ人ってゾンビが好きですよね^^;

 

RockN’Roll Racing

1994年7月

Interplay Entertainment

 

ラジコンのような操作で、ミニ四駆のようなコースを走るレースゲーム。

レースに勝って賞金を稼ぎ、マシンを強化していく内容。

分かりやすく言うと、PCエンジンのモトローダーがオフロードになった感じ。

他のマシンを破壊することも可能で、海外らしいアグレッシブな走りが魅力。

Kawasaki Superbike Challenge

1994年12月

Time Warner Interactive

ライダー視点の珍しいバイクレースゲーム。

F1と同じエンジンを使用しているという、架空のバイクレースを勝ち抜きます。

背景にはポリゴンも使用され、スピード感もしっかり味わえます。

また、操作性も良く、バイク好きの方にはおススメの一品。

 

Pittfall

1994年12月

Activision

アクティビジョンの名作冒険アクションゲーム「ピットフォール」の続編。

初代ピットフォールの主人公、ハリーの息子が今回の主役。

様々な罠やギミックもあり、かなり楽しめる名作。

さすがにこの時期になると、グラフィックもアクション性もかなり進化していますね。

海外では人気の作品ですが、こちらも残念ながら国内は未発売でした。

Vectorman

1995/10/24

Sega

ロボットが主人公の人気アクションゲーム。

生き物のように滑らかに動くロボットが特徴で、様々な形態に変身可能です。

ロックマン的なシンプルな操作性と綺麗なグラフィックで、後に2も発売されるなど海外では人気の作品。

こちらは、ジェネシスミニに収録されています。