マスターシステム日本未発売!海外ゲーム特集2
Pocket

今回は久々に、マスターシステム用ソフトで、日本では未発売の

海外ゲームについて紹介していきます。

海外のマスターシステム用ソフトに興味のある方、

洋ゲーが好きな方は、是非見ていってください。

日本未発売!マスターシステム洋ゲー特集その2

 

Bonanza Bros.

1991年

SEGA

お宝を奪って逃亡する、日本でも人気だったアクションゲーム。

日本ではメガドライブやPCエンジン版の移植が有名ですが、海外でのみマスターシステム版も発売。

1人プレイ専用となっていますが、マスターシステムでも上手く移植されています。

改めて、海外ではマスターシステムが凄い人気だったんだな~って思いますね。

Populous

1991年10月

TecMagik

こちらもスーファミをはじめ、様々なゲーム機に移植されている有名なシミュレーションゲーム。

日本では好みが分かれる作品ですが、海外では根強い人気があるようですね。

神となって人々を導き勢力を広げていく内容で、オリジナルはアタリST版。

動作が重いという難点はありますが、プレイにはそこまで大きな影響はなく、評価もそれなりに高かった作品。

Strider

1991年9月

SEGA

カプコンの人気アクションゲーム、ストライダー飛竜の海外版。

さすがに本家と比べると動きが遅いですが、ハードの性能上、これが精一杯なんでしょうね。

ですが、全5面あり巨大ボスなども登場するなど、マスターシステム版としては頑張っている方。

パッケージだけ見ると、忍者というよりはダイナマイト刑事にしか見えませんw

The Lucky Dime Caper Starring Donald Duck

1991年12月

SEGA

ドナルドダックが主人公の、シンプルなジャンプアクションゲーム。

オーソドックスな内容なので、初めてでも分かりやすいですね。

日本では「ドナルドダックのダッキーダイム」として、ゲームギアに移植されています。

ただし、ゲームギア版とは一部仕様が異なっております。

Asterix

1991年12月

SEGA

ヨーロッパとブラジルで発売された、フランスの人気漫画を題材としたアクションゲーム。

それぞれ特徴の異なる二人の主人公、アステリックスとオベリックスを交互に使用し、魔法の薬の原料となるハーブを探しに行きます。

グラフィックやギミックなども丁寧に作り込まれておりアクションも豊富。

いかにも洋ゲーっぽい見た目のアクションゲームですが、意外と日本人にもなじみやすい作品。

Psychic World

1991年

SEGA

マスターシステムのゲームとしては珍しく、MSXから移植されたアクションゲーム。

元はヘルツが開発した作品。

さらわれた妹を救うために、9種類の超能力を使用して敵を倒していく内容です。

元のタイトルはサイコワールドですが、北米で発売するにあたりタイトルを変更しています。

ゲームギアでも、サイキックワールドとして発売されています。

Mercs

1992年1月

SEGA

戦場の狼Ⅱのマスターシステム版。

本作は一人プレイ専用ですが、マスターシステムにしては良くできています。

本体の性能上、敵をあまり多く出現できないのが残念。

しかし、それでも海外では、それなりに人気があったようですね。

OutRun Europa

1992年2月

U.S.Gold

日本でも人気だった、セガの名作レースゲームのマスターシステム版。

Out Runのタイトルは付いていますが、中身はほぼ別ゲーム。

最初はバイクからスタートし、水上バイク、車とステージによって乗り物が変わります。

様々な乗り物に乗れるので、これはこれで面白いゲーム。

レースゲームと言うよりは、タイトーのS.C.Iに似た内容ですね。

Marble Madness

1992年6月

Virgin Games

ボールを上手く操りゴールまで運ぶ作品で、アタリのアーケードゲームの移植。

ボールには慣性があるため、操作はかなり難しいです。

好みが分かれる作品ですが、海外では人気の作品。

Sagaia

1992年6月

Taito

ダライアスⅡの海外版。

名前が違うだけではなく、中身も異なっています。

アーケード基盤よりも劣るマスターシステムでも、見事に再現していますね。

但し、ハードの性能を限界まで使用しているせいか、処理落ちやチラつきが多いのが難点。

また、海外版という事もあり、難易度もかなり高いです。

 

こっちもオススメ記事です