PCエンジンHuカードシューティング特集1(1988~1989年)
Pocket

PCエンジンHuカードで、1988~1989年に発売されたシューティングゲームについて紹介しております。

PCエンジン好きの方、PCエンジンの名作シューティングゲームをお探しの方は、是非参考にしてください。

PCエンジン シューティングゲーム特集1

 

R-TYPEⅠ

1988/3/25 ハドソン

言わずと知れたアイレムの大ヒットシューティングのPCエンジン移植作品。

容量の関係上、全ステージの移植はできず、前半の4ステージのみとなっていますが、その分、アーケードと比べても遜色のないグラフィック、操作性で、ファンも度肝を抜かれた作品。

このゲームがやりたいがためにPCエンジンを購入した子も多かったはず。

PCエンジン初期の販売台数に大きく貢献した名作シューティングゲーム。

R-TYPEⅡ

1988/6/3 ハドソン

R-TYPEⅠでは収録できなかった後半ステージが遊べるR-TYPEⅡ。

R-TYPE1のパスワードで装備を持ち越すことが可能です。

アーケードでも特に難所とされるステージ5からスタートなので、序盤からとにかく難しいことが特徴。

並みの人は、1面すらクリアできずに終わります。

プレイヤーの腕が試される高難易度シューティング。

ギャラガ88

1988/7/15 ナムコ

ナムコの大人気固定画面シューティングゲームのPCエンジン版。

今回から、3機合体などのギミックも追加されています。

派手な演出、高グラフィックでファミコンとの違いを見せつけた作品。

ファンタジーゾーン

1988/10/14 NECアベニュー

セガの人気シューティングのPCエンジン移植版。

左右の任意スクロールや、お金を貯めてパワーアップするというのも斬新でした。

ポップで可愛らしいキャラクターや、軽快なBGMで人気を博した名作。

スペースハリアー

1988/12/9 NECアベニュー

セガの大ヒット体感ゲームのPCエンジン移植作品。

様々なハードに移植されている本作ですが、PCエンジン版はマークⅢに次いで早かったことでも有名。

移植度はかなり高く、ファンからの評価も高い作品。

ドラゴンスピリット

1988/12/16 ナムコ

ナムコの人気縦シューティングの移植作品。

空中と地上ショットがあり、往年の名作ゼビウスを彷彿とさせる設定。

本作が家庭用ハードの初移植作品でもあります。

はにい いんざ すかい

1989/3/1 フェイス

自機がハニワというちょっと珍しいシューティングゲーム。

ボタンでショットの方向を変えたり、ショップでパワーアップするのが本作最大の特徴。

操作にはクセがあり、慣れるまではかなり難しい作品。

P47 THE FREEDOM FIGHTER

1989/3/20 エイコム

ジャレコの横シューティングアーケードの移植作品。

メインショットの他に、4種類のサブウエポンがあります。

クセが無く、オーソドックスで分かりやすい横シューティングゲームなので、初めての方でも馴染みやすい作品。

究極タイガー

1989/3/31 タイトー

アーケードで人気だった、タイトーの縦シューティングゲーム移植作品。

数種類のショット、ボムを使用し、ステージを攻略していきます。

当時の家庭用移植作品の中でも最も完成度が高い作品。

ディープブルー・海底神話

1989/3/31 パック・イン・ビデオ

深海を舞台とした横スクロールシューティングゲーム。

ライフ制のシューティングゲームで、目の色が残りライフの目安となります。

自機のショボいショットの割に、敵の攻撃は激しく、難易度はかなり高いです。

ガンヘッド

1989/7/7 ハドソン

第5回ハドソン全国キャラバン公式ソフトとして有名な作品。

メイン、サブ武器がそれぞれ4種類あり、色々変更が可能で飽きずに楽しめます。

ハドソンらしい軽快で爽快なシューティングゲームで、今やっても十分に楽しめる名作。

スターフォースやスターソルジャーなど、ハドソンの爽快シューティングゲームが好きな方は、きっと今作品もハマるはず。

サイドアーム

1989/7/14 NECアベニュー

カプコンのアーケード横シューティングゲームの移植作品。

ボタンによってショットを左右に撃ち分けることが出来るのが最大の特徴。

基本システムは、同社のセクションZを受け継ぐ形となっています。

ロック・オン

1989/8/25 ビッグ・クラブ

PCエンジンオリジナルシューティングゲーム。

サブウエポンとメインウエポンの2種類のショットを使い分けて進みます。

序盤から敵の攻撃も激しく、難易度は高め。

オーダイン

1989/9/8 ナムコ

ナムコの横スクロールシューティングゲームの移植作品。

お金を貯めて買い物でパワーアップするのが本作の特徴。

ショップアイテムの中でも、敵弾を吸収できるストックボンバーがかなり強力で、面攻略には必須とも言えます。

ミスターヘリの大冒険

1989/12/1 アイレム

アーケードの横スクロールシューティングゲームの移植作品。

クリスタルなどのお金を集めて、ショップで買い物をし自機をパワーアップさせていきます。

元はかなり難易度が高いゲームですが、PCエンジン版には、比較的簡単なノーマルモードが追加されています。

バトルエース

1989/12/8 ハドソン

PCエンジンスーパーグラフィックスと同時に発売された疑似3Dシューティングゲーム。

弾数無制限のバルカンと、ロックオンして発射する誘導ミサイルで敵を殲滅していきます。

迫力のある画面や滑らかな動きは、当時の家庭用としてはかなり高度なものでした。

ヘビー・ユニット

1989/12/22 タイトー

アーケードから移植された横スクロールシューティングゲーム。

自機は戦闘機とロボット携帯に変形が可能です。

PCエンジン版の移植度はかなり高い方ですが、遊びやすいように難易度は下げられています。

しかし、元がかなり高難易度のゲームなので、やはり難しかったですね~。

PCエンジンシューティング特集①の動画はこちら

PCエンジンシューティング特集1(1988~1989年)の動画はこちらからどうぞ(YouTubeに飛びます)

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

PCエンジンシューティング特集①