Pocket

 

 

 

今回は、ソニーの家庭用ゲーム機「プライステーション」の初期に発売された名作ゲーム、個人的おすすめソフトについて紹介していきます。

 

プレイステーションとは、1994年12月3日に発売された、ソニーの家庭用ゲーム機第一弾。

 

今でこそ、ソニーのゲームと言っても違和感はありませんでしたが、当時はソニーにゲーム機のイメージは無く、同時期に発売されたセガサターンの方が人気は高かった思い出があります。

 

 

しかし、徐々にシェアを拡大していき、そして、あのスクウェアの名作FF7の発売がプレステに決まった時点で、世はセガサターンから一気にプレステに傾いていきましたね。

 

発売当初プレステは苦戦していましたが、しかし、知名度は低くても初期のころから名作は色々出ていました。

 

ここでは、プレステ発売の1994年末から1995年中頃までに発売されたプレステの名作ゲーム、個人的おすすめソフトについて紹介しております。

 

プレステ好きの方、プレステ初期の名作ゲームをお探しの方は、是非参考にしてください。

 

 

 

 

 

プレステ名作ゲーム特集①

 

 

 

リッジレーサー

 

1994/12/3 ナムコ

 

プレステ本体と同時に発売されたローンチタイトルのレースゲームで、アーケードからの移植作品。

 

当時最先端の3D・CGで描かれた作品で、多くのレーシングゲームファンを熱くさせました。

 

特に、ドリフトが熱く、リアタイヤがスキール音を鳴らして、車体を傾けてコーナーを曲がっていくのは気持ちよかったです。

 

ゲームの起動時にギャラクシアンが遊べるのも、ファンを喜ばせました。

 

セガサターンにはデイトナUSAがあるが、プレステにはリッジレーサーがある!

 

と、当時のサターンユーザーと競っていた方も多かったことでしょう。

 

プレステの販売台数に大きく貢献した、初期の名作ゲームと言えますね。

 

 

 

 

クライムクラッカーズ

 

 

1994/12/3 SCE

 

個性的でアニメテイストなキャラ達が活躍する3Dダンジョン風アクションRPG。

 

シューティング要素が強く、ダンジョンのような建物の中の探索と、ガードを使ったシステムが大きな特徴。

 

 

RPGを謳っていますが、どちらかというとFPSに近い内容ですね。

 

今やると色々やりにくい箇所もありますが、FPS好きの方は試してみる価値はあります。

 

 

 

極上パロディウスだ!DELUXE PACK

 

 

1994/12/3 コナミ

 

パロディウスだ!極上パロディウスの2作品が収録されたお得なゲーム。

 

全編に溢れるパロディ要素や、クラシックをアレンジしたBGMが人気で、多くのシューティングファンを虜にした名作。

 

 

それまではアーケードゲームの移植と言っても、キャラやステージが省略されたりなど、アーケードファンにとっては不満の残る移植も多かったですが、この辺りからほぼアーケードそのまま楽しめるようになってきました。

 

 

 

 

熱血親子

 

 

1994/12/3 テクノソフト

 

3人の主人公から選べるベルトスクロールアクションゲーム。

 

かなりファイナルファイトを意識したようなキャラ設定ですが、中々面白いです。

 

 

動きは若干もっさりしたとこもありますが、必殺技など技も豊富でベルトアクション好きは十分楽しめるでしょう。

 

 

 

 

KING’S FIELD

 

 

1994/12/16 フロム・ソフトウェア

 

薄暗い洞窟中で敵と戦う、緊張感のある3DダンジョンのアクションRPG。

 

全体的に溢れるダークな世界観、序盤はアッサリ敵にやられる軟弱な主人公などで終始緊張感があり、へたなホラーゲームよりも怖かった思い出があります。

 

まさに、自分がその場にいるかのようにビクビクしながら進んでいました。

 

 

特にモンスターとの戦闘が難しく、主観視点で武器を振って敵を倒しますが、慣れるまでは敵が中々倒せずアッサリやられることも多数。

 

 

慣れる前に止めてしまう人も多かったですが、慣れるとその面白さも分かってきます。

 

この独創的なゲーム性に多くのプレイヤーが魅了され、この後も続編が続く人気シリーズ。

 

後に、安価なBest版も発売されています。

 

 

 

 

モータートゥーン・グランプリ

 

 

1994/12/16 SCE

 

アニメチックなキャラたちが熱いレースを繰り広げるPS初期のレースゲーム。

 

壁を走ったり、敵と接触すると中々離れなかったりなど、まるでカートゥーンアニメのようです。

 

 

また、車が変身して爆走するのも、他にはない面白い設定でしたね。

 

グランツーリスモを生み出した、山内一典氏が初めて手掛けたPSタイトルでもあります。

 

 

 

 

闘神伝

 

 

1995/1/1 タカラ

 

プレステ初期を代表する3D対戦格闘ゲーム。

 

バーチャファイターなどと違い、武器を持って戦うところが本作の特徴。

 

今見ると、カクカクしてかなり粗いポリゴンですが、当時はこれでもスゲー!っと驚いたものです。

 

ボタン一つで飛び技なども出せるので、格ゲーが苦手な人にも遊びやすかったですね。

 

 

スーファミ版餓狼伝説のクソ移植っぷりから、タカラのゲームにはあまり良い印象はありませんでしたが、本作は中々の良作品。

 

プレステクラシックにも収録されていますが、さすがに今やると古臭さを感じますね。

 

 

 

雷電プロジェクト

 

 

1995/1/27 セイブ開発

 

アーケードで長く愛され続けた縦シューティングゲーム、雷電雷電Ⅱが収録されたカップリング移植作品。

 

雷電は名作だけに、これまで様々なゲーム機に移植されてきましたが、どれもアーケード版とは程遠い出来で、ガッカリした方も多かったはず。

 

 

しかし、さすがにプレステ時代になると移植度も高く、ゲーセンとほぼ同じように遊ぶことができます。

 

 

フリーコンテニューや難易度設定もありますので、本作ならシューティングが苦手な方でも、きっとクリアできるはず。

 

 

 

 

MYST

 

 

1995/1/27 ソフトバンク

 

パソコンで好評だった米国産アドベンチャーゲームの移植作品。

 

まるで自分がその世界にいるかのような美しいグラフィックに次世代機の凄さを実感した方も多かったことでしょう。

 

物などをクリックして謎や仕掛けを解いていきますが、ヒントが少なく難易度はかなり高め。

 

クリアまでの道のりは険しいですが、その分、奥深いゲーム性を味わうことができます。

 

94年11月に、まずはセガサターンに移植され、その後プレステ、そして、スマホ用、ニンテンドーDSなど、その人気の高さから様々なプラットフォームに移植されています。

 

 

 

 

鉄拳

 

 

1995/3/31 ナムコ

 

今でもシリーズが続いている、ナムコの人気3D対戦格闘ゲームの元祖。

 

同時期に人気だった、セガのバーチャファイターと色々比べられがちですが、

ガードしやすい、リングアウトが無い、技が出しやすいなどの理由で、バーチャファイターよりもわりと遊びやすかった思い出があります。

 

 

今でこそバーチャファイターと並ぶ人気3D格ゲーですが、私の記憶が正しければ、人気に火が付いたのは2からだったはず。

 

 

 

 

Jumping Flash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻

 

 

1995/4/28 SCE

 

PSのポリゴン機能を活かした3Dアクションゲーム。

 

大きくジャンプすることができ、建物の上などにあるアイテムを集めていきます。

 

ここが一般的なFPSと少し違うところ。

独特の浮遊感、ギャグ満載のムービーも面白かったですね。

 

 

本作に登場するムームー星人は、一時期プレステ広告の顔も務めていました。

 

ちなみに、ムームー星人は、当時人気だった子供向け番組「ウゴウゴルーガ」のキャラを制作したウルトラが生み出したキャラでもあります。

 

本作品は、プレステクラシックにも収録されています。

 

 

 

機動戦士ガンダム

 

 

1995/6/23 バンダイ

 

プレステのガンダムゲーム第一弾で、実際にモビルスーツを操縦している様な画面で戦います。

 

1stガンダムのストーリーを追いながら、様々なミッションをクリアして行きますが、慣れるまでは中々の高難易度。

 

 

この作品で、赤い彗星の早さにビビった人も多かったでしょう。

 

ガンダム好きの多くが、この作品を楽しんでいましたね。

このゲームをやると、改めてアムロの凄さが分かります。

 

 

 

エースコンバット

 

 

1995/6/30 ナムコ

 

リアルな3Dシューティングゲームとして、大人気だった作品。

 

フライトシミュレーションとゲーム的な要素が絶妙なバランスで融合し、素晴らしいゲームに仕上がっています。

 

 

難易度や操作方法も変更できるので、初心者から上級者まで楽しめる3Dシューティング。

 

この後もシリーズがどんどん続くのも納得。

 

 

 

 

アークザラッド

 

 

1995/6/30 SCE

 

PS初期を代表する名作RPG。戦闘はシミュレーションRPGのように戦います。

 

喋るキャラクター、壮大な音楽、世界観など、既に完成されていました。

 

 

難易度はそれほど高くは無く、ストーリーも長くはないので、本編だけなら10時間もかからずクリアできるでしょう。

こちらもプレステクラシックに収録されています。

 

 

 

プレステ初期名作ゲーム紹介動画はこちら