ローグカンパニー近接武器の使い方と各武器のダメージ
Pocket

ローグカンパニーは銃器だけでなく、バットや刀などの近接武器で攻撃も可能です。

近接なので、当然ある程度敵と接近しなければなりませんが一発のダメージは大きく、たいてい2~3発でダウンさせられます。

以前までは、圧倒的な強さを誇った近接攻撃。

シューターゲームではなく、アクションゲームかっ!

とツッコみたくなるくらい、刀やバットを握りしめて突撃してくる人が多かったですねw

しかし、そんな近接攻撃も、最近は大分抑えられナーフされました。

さすがに今は近接武器で無理やり突撃しても、初心者以外はほぼ返り討ちに合います^^;

また、以前までは、どの近接武器もそこまで大きな違いはありませんでしたが、今は近接武器ごとにダメージも異なります。

ハッキリ言うと、今となっては近接攻撃で戦うメリットはありません。

では、なぜ人は近接武器で無謀な戦いに挑むのか・・・・、

それは単純に、

倒したとき気持ちがいいから٩( ‘ω’ )و 

近づいて近接武器で倒すのは楽しいですよね~^^

死角から斬りつけたり、銃弾をかいくぐり、相手を倒すのは爽快です。

その分、自分がやられると、屈辱だったり、悔しかったり

また、上手いな~っと思ったりすることも多々あります。

なので、今は近接武器で戦うのは、結構ハードルが高い印象があります。

初心者には、ちょっと難易度が高いですね。

そこで今回は初心者にも分かりやすいように、ローグカンパニーの近接武器の活用方法や各武器のダメージについてお伝えしていきます。

近接武器についてもっと知りたい、上手くなりたい方は、是非参考にしてください。

近接攻撃の有効な使用方法

 

トドメの一撃に近接攻撃

初めから近接武器を構えて相手に正面から突撃しても、ほとんどの場合が逆に撃たれて相手の元にたどり着く前に、こちらの方が先にダウンさせられます。

よほど相手の死角や隙を付かなければ、近接攻撃のスイングだけで倒すのは厳しいでしょう。

そこでお薦めしたいのは、銃で2~3発当ててからトドメに近接武器を使用する方法。

ハンドガンで撃ちながら近づき、間合いに入ったら近接武器で攻撃するのが最も実用的です。

ある程度敵に近づいて近接攻撃のボタンを押すと、素早く踏み込んで斬りつけることができます。

この素早い一撃を避けることは難しいので、懐に潜り込めさえすれば相手を先にダウンさせることもできるでしょう。

近距離で打ち合いになると、どうしても銃に固執してしまいがちですが、とっさの近接攻撃はかなり有効です。

敵とバッタリ遭遇した時

裏取りなどをしている時、たまに相手の裏取りとばったり鉢合わせしてしまう事もよくありますよね。

お互い予期せず敵と遭遇した時は、ビックリしてエイムも乱れます。

慌てたときなどは銃を乱射しても、中々当たらないものですよね。

そんな時は、近接攻撃で斬りつけるのも有効ですよ。

起死回生の一発逆転を狙うなら武器の投てき

アーマーも残り僅か、あと数発でダウンさせられる

敵が迫ってきている

というピンチの時は、一か八かで武器を投てきするのもオススメです。

イケイケで相手を追い詰めている時って、けっこう油断しがちなんですよね。

曲がり角などで待ち伏せて、敵が現れたら即座に武器を投げる!

上手く決まれば一発逆転もありますよ。

どうせやられるなら、一か八かのチャンスにかけてみるのもありでしょう。

しかし、武器によっては投てきしても一発でダウンさせられない場合があります。

バットは投げても75ダメージなので、相手のアーマーが満タンの時は一発ではダウンさせられません。

バットはヘッド判定がありますので、バットを投げる際は相手の頭を狙いましょう。

頭に当たると100ダメージ与えることができます。

しかし、それでも屈強持ちや、チャクのレイジ、マックなどは一発ではダウンさせられないので、バットを投げるのはあまり得策ではありませんね。

投てきで一番大きなダメージを与えられるのは、強化した投げオノ。

次に刀、ククリ、クレイモアとなっています。

逆に、相手がこれらの武器を構えている時は、十分注意してください。

近接攻撃の各武器ダメージ

各近接武器について紹介していきます。

胴ダメージは、スイングした時に相手に与えるダメージ。

スイングダメージにはヘッドショット判定はありませんので、与えるダメージはどこでも同じです。

投てきダメージは、武器を投げたときのダメージ

スイングレートは武器を振る速さで、この数値が高いほど攻撃速度が速くなります。

追加効果は、その他の追加効果。

費用は、武器を購入、アップグレードするための費用になります。

費用に関しては、どの武器も全て同じ金額となります。

スイングで撲殺にオススメのバット

バットを購入できるのは、

  • アンビル
  • グリッチ
  • トレンチ
  • フィクサー
  • シーカー

の5人です。

バットはスイングで与えるダメージが大きく、2段階まで強化すると65になります。

これは2番目にスイングの攻撃力が高い近接武器です。(1位はクレイモア)

また、1段階強化で攻撃範囲も上がります。

バットを有効活用するには、やはり2段階強化は必要ですね。

最終段階まで強化すると費用は合計$10000なので、使用しない場合は最初から買わない方が良いでしょう。

以前までは、どんな近接武器を投げてもほぼ一発でダウンさせられました。

しかし、今はバットを投げてもダメージは75なので、一発ではダウンさせられません。

ですが、ヘッドショット判定が新たに追加されたので、バットの投擲も頭にヒットすれば100ダメージを与えることができます。

ヘッドショットなら、一発でダウンさせることは可能。

追い詰められて起死回生にバットを投げる際は、相手の頭を狙って投げましょう。

難しいですが、一発逆転のチャンスもありますよ。

ヘッド判定があるのは、今のところバットだけのようです。

他の武器を頭に当てても、ダメージは同じでした。

ちなみにスイングには、ヘッドショット判定はありません。

安くて万能な刀

刀を購入できるのは、

  • ローニン
  • タロン
  • ダリア
  • チャク
  • ヴィー

の5人。

刀は、個人的に最も有能で万能な近接武器と考えております。

基本でも投てきダメージは100、

一段階強化で投てきダメージ125

2段階強でスイングダメージアップ

と、スイング、投てき、どちらでも力を発揮します。

また、強化せず基本状態でも十分強いのも使いやすいですね。

刀が落ちていたときは使う使わないに限らず、積極的に拾っていきましょう。

但し、チャクのレイジ中は、一発ではダウンさせられないので注意。

投てきに最適な投げオノ

投げオノを購入できるのは、

  • シグリット
  • セイント
  • ダラス
  • ディマ
  • ファントム
  • ランサー

の6人。

投げオノは名前の通り、投てきに適した近接武器です。

スイングダメージはいくら強化しても40ですが、投てきは最大150まで上がります。

投げオノの投擲は、どんなローグでも一発でダウンさせることが可能。

しかし、基本状態では投てきしても、ダメージ75と一発ではダウンさせられません。

その為、投げオノは最終強化($10000)は必須の武器と言えますね。

中途半端に強化するくらいなら、初めから買わない方が無難でしょう。

刀の上位版ククリ

今のところ、ククリを購入できるのはケストレルのみ。

ククリは刀に近い特性がありますが、刀よりはスイングダメージが上です。

投てきダメージも最大125までアップします。

数値だけ見ると、刀よりもダメージは上ですね。

しかし、これはあくまで最終段階まで強化した場合の話

基本状態は刀のダメージが上なので、コスト的には刀の方が優秀ですね。

スイング最強のクレイモア

マック専用の近接武器がクレイモアです。

スイングダメージは、基本でも50、最終強化で70ダメージと、ほぼ2発で相手をダウンさせられます。

スイング攻撃に関しては全武器中、最強の攻撃力を誇ります。

最終段階まで強化するとスイングダメージは70になりますので、屈強を付けたローグも2発でダウンさせられます。

しかし、スイングの一発がとても大きいですが、その分、スイングスピードは最も遅いです。

強力な近接武器に違いはありませんが、過信は禁物。

スコーチの燃える右腕ロージー

ロージーとは、スコーチ姉さんの右腕のこと。

初めから装備しているので、最終強化しても合計$5000で済みます。

しかも、最終強化するとパンチに炎のダメージが追加され、アビリティのオーバーヒートを使用した時と同じダメージを与えることができます。

弾丸節約に殴るのも良いですが、スコーチの場合は元々が近接特化のローグなので、殴るよりもSMGやショットガンの方が早くダウンさせられます。

弾丸節約にはいいかもしれませんが、無理に使う必要はないかもしれませんね。

また、腕なので投てきはできません。

しかし、拾った近接武器を投げることは可能。

それ以外の近接攻撃

それ以外の近接攻撃は

何も近接武器を持っていない状態のパンチは、ダメージ30

ローニンのバリスティックナイフのスイングは、ダメージ45

シグリットのバリスティックシールドでの殴打は、ダメージ40

と、それぞれなっております。

近接攻撃は必ず必要というわけではありませんが、ある程度使えるようになると攻撃の幅も広がりますね。