セガマークⅢ ゲームカタログ①
Pocket

セガマークⅢ初期の1985~1986年中期に発売されたゲームについて紹介しております。

セガマークⅢの名作ゲーム、おすすめゲーム、ゲームカタログを確認したい方は、是非参考にしてください。

セガマークⅢゲームカタログ1

 

テディボーイブルース

1985/10/20  セガ

当時のアイドル歌手、石野陽子氏とタイアップしたことで話題だった同名アーケードゲームの移植作品。

ゲームタイトルは石野陽子氏のデビュー曲であり、BGMにも使用されています。

肝心のゲーム内容は音楽とはあまり関係のないアクションゲームですが、軽快な操作で十分楽しめます。

縦横無尽に動き回る敵には慣れるまで苦労しますが、面数も多いのでやり応えもあり。

ハングオン

1985/10/20 セガ

大型筐体のバイクゲームとして、当時アーケードで人気だったバイクゲームの移植。

ラスタースクロールを利用した疑似3D画面で、アーケードと同じようなスピード感を味わうことができます。

BGMはカットされていますが、3速ギアが追加となっています。

同時発売された別売りのバイクハンドルを使用することで、更に雰囲気を出すことが可能。

グレートサッカー

1985/10/27 セガ

上下に攻防を繰り広げる俯瞰視点のサッカーゲームで、後に続く、マーク3のグレートスポーツゲームシリーズの第一弾。

ドリブル、パス、シュートとシンプルな操作ですが、その分、誰でも馴染みやすく、すぐに始められます。

この時期のサッカーゲームとしては、良くできています。

不思議のお城ピットポット

1985/12/14 セガ

ピットポット城に囚われた姫を救い出すアクションゲーム。

アレックスキッドの兄のイグルが本作の主人公。

マップの地形がヒントになっていることもあり、パズル要素も少なからずあります。

マークⅢ初期ゲームの中でも評判が良く、多くのユーザーが持っていた作品。

グレートベースボール

1985/12/15 セガ

チャンピオンベースボールからグラフィック、サウンドが更に進化した野球ゲーム。

観客などの歓声も加わり、BGMも賑やかになっています。

ファミコンのベースボールにも似ていますが、本作にはホームランコンテストというミニゲームがあり、これが当時は人気が高かったです。

サテライト7

1985/12/20 セガ

マークⅢ初の本格縦シューティングゲーム。

当時流行りだった、空中と地上の2種類のショットがあり、2人同時プレイも可能です。

見やすい画面、スムーズな画面スクロールは、SG1000からのユーザーを大いに喜ばせました。

F-16 ファイティングファルコン

1985/12/22 セガ

戦闘機F-16に搭乗し、敵機と空中戦を行う疑似3Dシューティングゲーム。

表示がドットによるワイヤーフレームのみなので、さすがに今やると古臭さは否めませんが、当時はこれでもスゲー!と驚いたもんです。

BGMはありませんが、その分、警告音などがリアルで緊張感があります。

MSX向けに作られたフライトシミュレーターが基になっており、マークⅢへの移植には、あの中裕司氏が携わっています。

アストロフラッシュ

1985/12/22 セガ

宇宙が舞台の横スクロールシューティングゲーム。

初めは戦闘機タイプですが、パワーアップアイテムを取ることでロボット形態に変形します。

ルーレットによるパワーアップというのも大きな特徴。

グレートテニス

1985/12/22 セガ

グレートスポーツゲームシリーズのテニス版。

見た目も操作感もファミコンのテニスととてもよく似ています。

テニスゲームとしては十分楽しめますが、二人対戦できないのが残念。

青春スキャンダル

1986/1/31 セガ

さらわれた恋人を救うためにモヒカン集団と戦う横アクションゲーム。

夕暮れの砂浜でボスとタイマンするなど、昭和の青春ドラマのような設定です。

ザコ戦では一撃死ですが、ボス戦のみライフ制になります。

軽快な操作のアクションゲームですが、難易度は高い。

コミカルマシンガンジョー

1986/4/21 セガ

マシンガンジョーがエルドバ一味と戦うガンシューティングゲーム。

コミカルで可愛らしいキャラクターですが、敵の攻撃は激しく難易度はかなり高いです。

敵の弾速が早すぎるのも、このゲームの難易度を引き上げています。

ゴーストハウス

1986/4/21 セガ

迷路のように広い洋館で、モンスターたちと戦うアクションゲーム。

主人公の少年は、伏せてトラップを回避した入り、パンチやナイフで攻撃したりと、アクションも中々豊富です。

コウモリ、ゴースト、ミイラ男、ボスのドラキュラなど、敵の種類も多彩。

ファンタジーゾーン

1986/6/15 セガ

ゲームセンターで大ヒットした人気シューティングゲームの移植。

左右任意スクロールやショップでお買い物など、これまでのシューティングゲームにはない斬新な設定で多くのファンを生んだ作品。

アーケード版の忠実な再現とは言えませんが、ファンタジーゾーンの面白さは十分に味わえます。

多くのユーザーが手にした名作。

北斗の拳

1986/7/20 セガ

当時、子供から大人まで大人気だった北斗の拳の横アクションゲーム。

雑魚敵と戦いながら、途中現れる中ボスを倒しつつ、ステージの最後にボスを倒すという王道設定。

ケンシロウや敵キャラの動きも原作に近く、ファンにとっても嬉しい内容。

ファミコンやスーファミの北斗の拳ゲームは評価が悪いですが、セガ版の北斗の拳は当時から評価が高かったです。

極悪同盟ダンプ松本

1986/7/20 セガ

クラッシュギャルズ人気で、当時大ブームだった女子プロレス。

そのヒール軍団、ダンプ松本の極悪同盟が活躍するプロレスゲーム。

パンチやキックをして、ダウンさせて技をかけたり、ロープに飛ばして大技を狙っていきます。

内容には賛否ありますが、キャラの特性は良く表現されています。

その個性的な風貌で、当時は多くのテレビやCMなどで引っ張りダコだったダンプ松本氏。

後にも先にも、ヒールでここまで人気、知名度が高かったプロレスラーはダンプ松本氏以外いませんよね。

アクションファイター

1986/8/17 セガ

バイク、車、飛行機と3種類の形態に変形するシューティングゲーム。

序盤のバイク、車は高速スクロールで、レースとシューティングが一緒になったような設定ですが、後半の飛行機形態は空中の地上の2種類のショットを使い分ける王道シューティングになります。

爽快感もあり、他には無い珍しい設定なので、今やっても十分楽しめます。

セガマークⅢ ゲームカタログ①動画

セガマークⅢ ゲームカタログ①動画はこちらからどうぞ(YouTubeに飛びます)

▼ ▼ ▼ ▼

セガマークⅢ ゲームカタログ①