Pocket

今回は、

「このゲーム、スーファミに移植されていたの?」

というような、意外と知られていなスーファミ移植ゲームについてお伝えしていきます。

アーケードや、他のゲーム機で人気があった有名作品が、実はスーファミにも移植されていたとは!

と知らなかった方もきっと多いはず。

但し、全てが名移植とは言えず、中にはお世辞にも良移植とは言い難いものもありますので、予めご了承ください。

 

意外と知られていないスーファミ移植ゲーム

 

スーパーバレーⅡ

1992/12/25

ビデオシステム  8900円

アーケードで地味に人気があった、横視点のリアルなバレーボールゲーム。

クイック、フェイントなど、実際のバレーボールの試合のように様々な攻撃ができ、更に必殺技もあります。

また、スーファミ版には、近未来設定のようなオリジナルのハイパーモードもあり、アニメのようなスーパーショットを打つことも可能。

バレー好きもそうでない方も楽しめる、地味に良作品。

 

リブルラブル

1994/9/22

ナムコ  6300円

ナムコが最も輝いていた、80年代初期のアーケードゲームのスーファミ移植作品。

パックマンの開発者である岩谷徹氏が原案を、数々のナムコ作品に携わってきた佐藤誠氏が発展させたもの。

人気作品にも関わらず家庭用ゲーム機には中々移植されず、90年代中期になって、ようやくスーファミに移植。

ゲーム内容もそうですが、音楽の評価も高かった名作。

こちらも、スーファミに移植されていたことを知っている人は、そう多くはいないでしょう。

もう少し早く移植されていたら、もっと注目されていたでしょうね。

 

龍虎の拳2

1994/12/21

ザウルス 10900円

当時、餓狼伝説と二分するくらい人気だった、SNK産格闘ゲームの移植。

SNK格ゲーのスーファミ移植作品は、ろくなもんがありませんが、このザウルスの移植はどれも良作品。

移植度も高く、アーケードと同じように楽しむことができます。

TAKARAの餓狼伝説やサムライスピリッツとは比べ物になりません。

しかし、残念ながら知名度は、そこまで高くありませんでしたね。

 

アンダーカバーコップス

1995/3/3

バリエ  9800円

アーケードでもそれなりに人気のあったベルトアクションゲーム。

90年代初期は、ファイナルファイトブームで様々なベルトアクションが世に登場していましたが、本作もその頃に登場した作品。

移植度も高く、2人同時プレイはできませんが、それ以外はアーケード版と同じように楽しめます。

スーファミ後期の作品だけに知名度はかなり低いです。

出荷本数も少なく、中古市場価格は今でもかなり高額。

 

Mr.Do!

1995/6/23

イマジニア  5980円

穴を掘って画面上のチェリーを取る、ディグダグに似た作品。

元は82年に稼働開始した、ユニバーサル開発、タイトー販売のゲーム。

本作を開発した上田和敏氏は、スターフォースやソロモンの鍵などを開発したことでも有名。

当時はかなり人気があり、駄菓子屋さんでよく遊んだ!という方も多いはず。

80年代初期のゲームが、スーファミ後期になってから移植されていたとは、さすがに誰も知りませんよね^^;

当時は面白かったですが、さすがにこの頃にもなると古臭さは否めません。

出来ればもっと早く移植してほしかった。。。

 

キャラバン シューティングコレクション

1995/7/7

ハドソン  6800円

ファミコンで人気だった、ハドソンのキャラバン認定ソフト

  • スターフォース
  • スターソルジャー
  • ヘクター87

の3本が一つにまとまったお得な作品。

アレンジなどはせず、ほぼそのままファミコン版を移植しております。

中古価格も非常に安いので、ハドソンシューティングが好きな方にはおススメです。

 

ラプラスの魔

1995/7/14

ビック東海  9900円

PCから、MSX、PCエンジンCD-ROM2などにも移植されたRPG。

1992年のアメリカを舞台に、幽霊屋敷の調査を行う、ちょっとホラーな内容です。

スーファミ版は、残念ながらキャラ作成はできません。

また、他作品は3D視点でしたがスーファミ版は2D視点となり、遊びやすくアレンジされています。

好みは分かれるとこですが、3DダンジョンRPGが苦手な方は、こちらの方がやりやすいでしょう。

 

DOOM

1996/3/1

イマジニア  12800円

言わずと知れた、米国のid Softwareが開発したFPSの代表作。

スーパー32Xやプレステなどにも移植された名作FPSですが、さすがにスーファミ版への移植は無理がありましたね。

画像が粗く、遠くにいると敵か障害物かの区別がつきません。

名作ですが、スーファミ版はあまりお薦めはできませんね。

 

空想科学世界ガリバーボーイ

1996/6/28

バンダイ 7800円

95年1月から12月まで放送していたアニメのアクションRPG。

ゲームは、

PCエンジン SUPER CD-ROM2

セガサターンと発売され、ようやくスーファミにも移植。

ガリバー、エジソン、ミスティを使い分けるアクションRPGで悪くはありませんが、スーファミ後期と言う事もあり、あまり注目されませんでしたね。

 

ドラゴンナイト4

1996/12/27

バンプレスト  7980円

アダルトPCゲームの雄、エルフソフトの人気シリーズ、ドラゴンナイト4のスーファミ移植。

さすがにアダルト要素はなく、CGなども一部は変更。

エロ要素は減りましたが、ゲーム自体は難易度は下がりクリアしやすい仕様になっています。

エロが無ければやる意味ないじゃん!

と思う方がいるかもしれませんが、このシリーズはストーリーも面白いのが特徴ですよね。

 

こっちもおすすめ記事